ベルギーでの生活や、周辺国への旅行を写真を中心に紹介


by BelgianWaffle

ギネスなバー

日本人にとってベルギーとはチョコレートとワッフルの国。



でもベルギー人にとっては

ビールとフリッツ(フライドポテト)の国なんだそうだ。
(チョコは?って聞くと、ああそういえばそうだねって)


彼らのビールに対する情熱はすごく、飲み会なんかでビールの話を始めると止まらなくなる。


そんな彼らのお勧めのバーに行ってきました。

DSCF5878
その名はDelirium Cafe。


Delirium Tremensとう名前のビールについているピンクのゾウさんが看板になってます。


ここのすごさはその品揃え。


なんと2500種類ものビールがあって



ギネスに認定されている。
DSCF5881
ビールのギネスもあるだろうけど、ギネスブックのほうのギネスなバーなわけです。


でも実際には常に2500種類もあるわけではなく、最低2004種類は保証しますとメニューに書かれている。
DSCF5882


そのメニューを見るだけでも楽しい。
DSCF5879
この厚み・・・

このメニューブック。店内には数冊しかないらしく、見ていると隣のテーブルの人がいつ終わるのかと見てきます。


DSCF5886
いろいろなビール達。


DSCF5887
真ん中に注目。ギロチンという名前のビール。

だいたい一杯3ユーロ前後だけど、なかには30ユーロ(4000円)とかとんでもない値段のものがまぎれているので注意。


DSCF5884
こちらは大きい(1リットル)ので20ユーロもやむなしか・・・



この日は天気も良かったので外の席で飲みました。
DSCF5889
ここ、、、かの有名な小便小僧・・・ではなくマイナーな観光スポット”小便少女”のすぐ近くです。



店内の飾りつけもひたすらビールにこだわったつくり。
DSCF5877
ビール瓶が一面に埋め込まれた壁


看板だらけ
DSCF5874


これ・・・なんていうんでしょう。プレートかな?
DSCF5892



ベルギーだけでなく、他の国のビール(もちろん日本も)もあって、

絶対に旅行で行けなさそうなパレスチナのビールを頼んだけど・・・さすがに無かった(メニューにはあるんだけどね)。どうやってそんなビールを買い付けているものやら・・・

DSCF5894



で、ビール以外で驚いたのは、いつもは全く人気の無いこの小便少女の通りも、この日はバーの客で賑わい
DSCF5896
さらに夜23時近くでも、団体の観光客が見に来ると言うこと・・・



こちらが普段の雰囲気
DPP_1838
観光客が二人だけ・・・ちょっと薄暗い路地裏って感じです。


そしてこれが・・・小便少女です。
DPP_1840
by BelgianWaffle | 2009-08-22 20:43 | ベルギー生活