ベルギーでの生活や、周辺国への旅行を写真を中心に紹介


by BelgianWaffle

タグ:食べ物 ( 14 ) タグの人気記事

本場イタリアのパスタ

ぼうやと旅行の写真がメインの当ブログ。

旅先でのご飯の話はあまり紹介していません。

なぜか・・・ぼうやと一緒だとあまりゆっくりとご飯が食べられないから。
(高級なレストランでぎゃーぎゃー泣きだすと迷惑なので)


そして、私自身もあまり旅先での食事にはこだわらないため。


つまり紹介しないわけではなくて、紹介できるようなものを食べていないだけなんです・・・


が!


南イタリア旅行では、食べ物も楽しみの一つでした。
なにしろイタリアってパスタもピザもめちゃめちゃうまいと評判なので。


アルベロベッロでとんがり屋根のトゥルッリが立ち並ぶ観光エリアで見つけたレストランがこちら
c0187779_537025.jpg



大きなトゥルッリのレストラン。
c0187779_5393846.jpg


観光地のど真ん中だし、トゥルッリの形のままだし・・・どうせ観光客目当てで
値段が高いレストランなんだろうと思ったら・・・


メニューはイタリア語のみ。店員も英語はほとんど話せない。
結構現地の方向けのようでした。


パスタはめちゃめちゃうまかった。
c0187779_6191585.jpg





ちょっと変わった形のパスタに、生のトマトとチーズ。
c0187779_6204756.jpg

日本ではあまり無いような味なんだけど、めちゃうまい。イタリア人・・・恐るべし。



あまりにうまかったので、夜も行っちゃいました。
(ここがホテルから一番近いレストランだったってのもあるけど・・・)


夜のお店の雰囲気も良い感じ。
c0187779_627620.jpg



夜はちょっと寒かったので店内へ。
c0187779_6281293.jpg

店内もトゥルッリ独特の形でまた良い。


夜はピザと
c0187779_6312448.jpg



モッツァレラチーズとトマトのサラダ(?)をオーダー。
c0187779_6443779.jpg



どっちも本当にうまかったです。


アルベロベッロに行かれる際はこのレストランお勧めです。




↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2010-06-17 06:55 | イタリア | Comments(14)

アフリカの食

以前、ロッジの紹介でアフリカでの食事を紹介しました。

ロッジでは朝・昼・晩とすべて肉だらけのビュッフェスタイルです。



なので結構胃が重たくなる。野菜や果物はこういう国に行った事のある方ならお分かりでしょうが、現地の水で洗われている可能性があり、それを食べるとお腹が痛くなる危険がある。



そんな、胃が重たくなるケニア旅行中に3度だけ、ちょっと特別な食事がありました。



<その1:ケニアの日本食>
今回のツアーはヨーロッパ駐在員向けのツアーということもあって、基本的にはみんな日本食に飢えたメンバーなんです。そういう事情もあってか(?)、途中でナイロビを経由するときに、日本食レストランでの昼食が予定されていました。


レストランに向かう途中の車内では、ナイロビで日本食ってどんなものだろう?材料はどうやって入手するんだろう?なぜその人はナイロビで日本食なんてやろうと考えたのだろう?・・・などなど話をしていました。
なにしろ日本人は街歩いているだけでも襲われるってガイドブックに書いてあったので。



ついにその謎に包まれた日本食レストランに到着



その名も「故郷(ふるさと)」
DPP_1745
ん?・・・なんか書体が・・・おかしい。


しょっとして・・・日本人経営ではない?!・・・ということが頭をよぎる。




ちなみにこちらのレストラン・・・鉄壁の防御を誇ります。
c0187779_18193764.jpg

壁+有刺鉄線+ガードマンという体制。これならセキュリティも安心。




こちらがそのレストラン
DPP_1739
外観からして日本のセンスとは違うなぁ・・・日本人なら入り口にフラミンゴの置物は置かないでしょう・・・




そして店内



鉄板焼きに(海外でいんちきな日本食というと鉄板焼きと相場で決まっている)
DPP_1740



禁煙のマークの文字
DPP_1741




お皿の裏も・・・
DPP_1742
ああ、日本人経営ではないんだなぁ・・・と実感。


でも、それはそれで俺としてはウェルカム。
外国で食べる、本物の日本食も好きだけど、日本人でない人がやっているインチキ日本食も、オモシロネタの宝庫なので結構好きなんです。




そもそも従業員もみんなケニア人だし・・・
c0187779_1812765.jpg

このカウンターの違和感・・・




肝心の料理の方は・・・
c0187779_1802675.jpg

鮭定食なんだけど、お皿が鉄板なんだよね。
味は結構美味しかった。



<その2:ケニアで日本食弁当>
最終日、ナイロビ博物館に入る前に、日本食のお弁当が届けられました。



こ・・・これは日本人による仕事っぽい
c0187779_188471.jpg




中はこんな感じ
DPP_1748
味も美味しかったし。


陣屋ないろび・・・ここはレストランなのか、、、弁当屋なのか、、、



<その3:ケニアのワイルドアニマルBBQ>
これがケニア最後の夜に、空港に行く前に行ったレストラン。
DPP_1749


ここでは、店内が煙たくなるほど、大量の肉が焼かれ・・・
c0187779_18114498.jpg



鳥・牛・豚・ラムなどの普通の肉だけでなく、ワニ・ダチョウなどの肉も食べれます。
つまりそこが売りのレストランなんです。




お肉の出し方も、長い剣にさした肉を目の前で剣で切ってくれるというもの
c0187779_18153699.jpg

結構・・・危ない・・・


ワニもダチョウも特にまずくは無く・・・まあ、普通と言う感じでした。



ケニア滞在中は昼・夜と毎日飲んでいたビール「タスカー」
DPP_1752
これが最後の一本です。これを飲んで空港へ向かったのでした・・・



↓ブログランキングに参加しています。ケニアの日本食にぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2010-02-07 04:25 | アフリカ | Comments(10)
先週の土曜日(7月11日)。ぼうやはまた一つデビュー戦をこなしました。
DPP_1660


それはレストランデビュー。


場所はここ。
DPP_1674
ネロとパトラッシュが天に昇った街アントワープ。
(写真はぼうやが生まれる直前に行った時のもの)



そこに中華街があります。
DPP_1671


中華街をベビーカーで颯爽と走るぼうや。
DPP_1662
地面の心地よいガタガタがぼうやを眠りに誘う・・・


ここが美味しいんです。
DPP_1672
ぼうやのレストランデビュー戦は中華でした。


しかも、円卓でくるくる廻ります。
(会社の同僚と総勢9人で行ったので円卓)
デビュー戦が廻る中華!

つまりぼうやが産まれてから二ヵ月半。一度も外食をしていなかったのでした。



ここの点心が美味しい。
DPP_1673
えび餃子とかふかひれ餃子とか・・・





もちろんぼうやは食べられませんが・・・

ぼうやが泣けばご飯は中断し、だっこして。。。歩いて。。。スクワットして。。。


その後、バーゲン中の近所のショッピングモールへも行き、ショッピングモールデビューも果たしたぼうや。
嫁とお義母さんが買い物をしている間、俺は泣き叫ぶぼうやをなだめるため、ショッピングセンター内でひたすらスクワットを続けたのでした・・・周りはどう思っていたことやら。。。



↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
by BelgianWaffle | 2009-07-19 06:03 | 子ども | Comments(14)
この前の土曜日、有名なチョコレート屋のショーウインドーをウォッチングしてきた。

今週末がイースターなんで、どこもイースタースペシャルなものが飾って(販売?)ある。



まずはピエールマルコリーニ

タマゴです。
DPP_0522
箱が斜めになっているあたりがさすが!おしゃれ!


別のタマゴセット
DPP_0523


そしてウサギのようなもの。7.5ユーロ
DPP_0524


タマゴの中に小さいタマゴ。この大きいほうもチョコレート(たぶん)
DPP_0525


ベル?食べれるのか?26ユーロ
DPP_0526


さらにマカロン?
DPP_0527


そしてまた、タマゴ
DPP_0528

ここは本当にセンスの良いチョコが多い。


続いてノイハウス


タマゴの中にキャビアみたいなタマゴがあって・・・
DPP_0538
もったいなくて食べられなさそう。


巨大アミアミ玉子
DPP_0539


怪獣のタマゴ?
DPP_0540


怖い顔したニワトリ
DPP_0542


さらにゴディバ
DPP_0543
特大タマゴ


さらに店内にも豪華なパッケージのチョコが!
DPP_0544


どこも一流らしく、豪華なチョコレートが飾ってある・・・


が!




一軒だけ異彩を放つ作品を送り出しているのが






ヴィタメール!DPP_0530

、、、、なんじゃこれ?
巨大なニワトリの化け物。

しかもお値段50ユーロ。今のレートで6500円ってところか?
これはないわぁ・・・




さらにこのニワトリ

DPP_0535
巨大バージョンも存在する。高さ50センチくらいかな?
お値段は忘れたけど、一万円は超えることでしょう・・・




そして、これ
DPP_0533
うーん、うさぎ?
これも、、、どんなセンス?ピエールマルコリーニのウサギの方が・・・




なんでかなー、ヴィタメールで普段売っているケーキなんかは
DPP_0537


普通に美味しそうなのに、この手のイベント物チョコレートはいつもヴィタメールだけふざけているような気がする。。。




結局、我が家は小さい袋入りのタマゴ型チョコを買って帰りました。
しかも、ヴィタメールで・・・


↓ブログランキングに参加しています。巨大ニワトリが欲しいと思った人も、ふーんっと終わった人もクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村
by BelgianWaffle | 2009-04-08 05:37 | ベルギー観光編 | Comments(21)
今日はついに美容院へ行ってきます。


こっちに来てはや三ヶ月。

髪は相当伸びてます。
もういい加減切りたい。


ベルギー来る前はいつもせいぜい2ヶ月の出張だったので、これまで海外で髪を切ったことはない。



さあ、どうなるかな?
と言っても、美容師は日本人のお店ですが。

どうもヨーロッパ人と日本人では髪の質が全然違うため、現地の美容師に切ってもらうとトンデモない髪形にされるとのうわさを聞いたので・・・



今日はルクセンブルクで立ち寄ったカフェです。


DPP_0489


なんだかおしゃれな店内。
ヨーロッパのカフェっておしゃれなお店が多くて良い。思わずマッタリしちゃいます。


DPP_0490
この日はクリームブリュレを注文。


単にメニューがフランス語で、店員も英語が分からない人だったため、クリームブリュレ以外がなにか全く分からなかったからですが・・・


そうそう、ルクセンブルクでは日曜日もお店(レストランとかカフェ以外のお店も)がやっていることに感動しました。


↓ブログランキングです。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
by BelgianWaffle | 2009-04-04 17:00 | オランダ・ルクセンブルク | Comments(8)

比較的ゲテモノ・・・

今日は送別会・・・

平日なのにお酒飲んで、うまい日本食を食べて、その後はボーリング。

自分のスコアよりも、ライバルたちのスコアよりも、隣のレーンのベルギー人の投球フォーム
(仁王立ちから、右手を振り子のように何度かぶらぶらさせて、えい!っと投げる)が
気になって仕方なかった。。。

しかもそれでそこそこ倒れるし・・・日本では見かけない我流投法。

さて、過去の旅行記

生まれて初めてオーロラを見た後。。。北極圏の街、スウェーデンのKiruna(キルナ)の空港で食べたパスタ。。。

パスタ


一見なんの変哲も無いが・・・



この肉・・・・

実は・・・・

トナカイ。

ややゲテモノ・・・かなぁ。。
by BelgianWaffle | 2009-02-20 09:17 | 北欧旅行記 | Comments(2)
今日、土曜日の天気予報は快晴。
冬のヨーロッパは常にどんよりしていて、晴れの日は少ない。
貴重な晴れの日と、休日が重なるということで、今日はちょっと足を延ばして、オランダのアムステルダムに行くことにしていた。。。

が、ふとあることに気がついた。

今日2月14日はバレンタインデー


せっかくチョコレートの国にいるのに、バレンタインデーがどんなものなのかを見逃すのは惜しい。


ということで、朝からグランサブロン広場へ行き、各種チョコレートの名店がどうなるのかを調査することにしました。
(アムステルダムはそんなに遠くないので、お昼前にブリュッセルを出発できればオッケー)


まず前日にネットで調べると、ベルギーではバレンタインデーには、男性から女性にチョコを贈るんだとか・・・


普段、日本ならバレンタインデーにチョコレート屋に男一人で行くのにはかなり勇気が要る。


が、ここは外国。しかも、男がチョコレートを贈る国だし・・・
と思ってゴディバを見に行くと・・・

日本人の女の子二人組みが、店の前で写真を撮っている。。。
ちょっと気まずい。


DPP_0165
しかも、まだ営業してなかった。10時開店と日本語で書いてある。
ネットでは9時開店と書いてあったのに・・・


ショーウインドーにはバレンタイン用と思われるチョコが展示してある。
DPP_0166


んじゃ、お隣のピエールマルコリーニはどうかな?っと見に行くと・・・

ここもまだ開店してないし・・・さっきの日本人二人組もこっちに来そうな気配だし。


仕方がないので、近くの教会とかを見ながら30分ほど時間をつぶす。


10時になって、ピエールマルコリーニの店内へ行くと・・・・

さっきの日本人二人組が店内でうれしそうにはしゃいでいる。
またまた気まずい・・・でも早く買い物を済ませて、オランダ行きたいし・・・仕方ないので突撃。



気を取り直して店内を見ていると、
  「いらっしゃいませ!」
でた、日本人の店員。しかも女性。
またまた気まずい。。。

なぜかこの国では英語もロクに通じないことがあるのに、チョコレート屋では日本語が通じる。というか日本人の店員がいることが多い。それだけ日本人が買うんだろうなぁ。。。

店内をみても特にバレンタイン用と思われるものがなかったので、その店員に聞いてみると、
ハートのチョコか、マカロンのセットしかないといわれる。

それよりも、チョコレートの箱詰めが普段は35ユーロのものが今なら23ユーロですよ!と薦められる。う。。。それは安い。店員によると日本で買うと2万円ほどもするようなシロモノらしい。
チョコ一箱で二万円って・・・・


こちらがそのチョコです。
DPP_0168
せっかくなので買っちゃいました。


中はこんな感じ
ピエールマルコリーニ
これが二段になっているそうです。
一粒300円とすると約60個はいっているから・・・ほんとだ18000円相当だ!
これが23ユーロは激安だ!


続いて、ゴディバにも行ってみる。
こっちではひげ面のおじさんが、ハート型の入れ物に、チョコレートを詰めてもらっている。
本当に男が買うんだな。。。

というより、どこの店も特に普段と変わらない。

特設コーナーがあったり、店員が多かったり、客が押し寄せていたりということもない。。。

いたって平穏。

やはりあれだけの騒動になるのは日本だけなのか・・・



せっかくなのでゴディバでもチョコレートを買いました。
DPP_0169

中はこんな感じです。
ゴディバ バレンタインバージョン


この買い物の後、アムステルダムへ行きました。
その様子はまた後日。

ただ、アムステルダムも特にバレンタイン!っという雰囲気は感じられなかった。

一軒だけ、飾りのついたお店はあったが・・・
DPP_0167


そんなベルギー(とオランダ)のバレンタインでした。
by BelgianWaffle | 2009-02-15 06:00 | ベルギー生活 | Comments(2)

本場のベルギーワッフル

世界3大がっかり名所のひとつ小便小僧の近くでみつけたワッフル屋。

DPP_0040


なんだかいろいろな種類があって、美味しそう。


DPP_0039


この辺のお店は買って、そのまま路上で食べるんだけど、こんなにイチゴとかバナナが乗っていて、無事に食べられるのだろうか・・・ボロボロ落としちゃいそう。
by BelgianWaffle | 2009-02-14 16:27 | ベルギー生活 | Comments(2)
さてそのVITTAMER店内

DPP_0156

チョコレートはもちろんケーキも売っています。
これがあまり甘くないとか・・・

この店の端っこにある、わかりにくい小さい階段を登ると、カフェスペースがあります。

店内は
DPP_0151
ヨーロッパらしい豪華絢爛な感じ



花が飾ってあったり
DPP_0152


大量のマカロンで作った置物?まであります。
DPP_0150


まずは頼んだビールです。
DPP_0148
修道院ビール(のはず)のCHIMAYです。
濃い味ですが、さほど苦味もなく美味しいビールです。


これが注文した料理
DPP_0149
ハムとチーズの入ったキッシュです。
お味は・・・感動的なほど美味しい・・・とまではいきませんが、店内の雰囲気とあいまって、なかなかいい感じです。



食後。。。せっかくこんないいお店で食事をしたことだし、時間もまだまだあるので、デザートにも行ってみました。
DPP_0154
豪華なパフェなんかもありましたが、おなかは結構一杯だし、ケーキをオーダー。
横の小さい小瓶にはチョコクリームが一杯。

チョコのケーキ(まあまあ甘口)に、チョコクリームをかけると・・・激甘。。。
これはさすがにやりすぎた・・・

次からはさっぱり目のケーキを狙おうと心に誓った昼食でした。
by BelgianWaffle | 2009-02-13 05:52 | ベルギー観光編 | Comments(2)
この前の日曜日。

先輩に女の子誕生の情報を聞きつけ、病院へ赤ちゃんを見に行くことに。

せっかくなのでお昼ごはんを食べがてら、手土産を買いに有名チョコレートショップ(ゴディバ、ノイハウス、ヴィタメール、ピエールマルコリーニ など)があつまる、グランサブロン広場へ行きました。


ゴディバ・ノイハウス
DPP_0142


ピエールマルコリーニのショーウインドーに映る街並み
DPP_0146


これはなんだろう・・・
DPP_0145


日曜日だけあって広場には人が沢山
DPP_0144



この写真の右にうつっているWITTAMERがお目当ての場所。
DPP_0147



ここのWITTAMERには、チョコレートショップの横にカフェがあって、なんとご飯まで食べれてしまう。


DPP_0158
ショーウインドーにはチョコレートでできたハイヒールが飾ってある。
(売っているのかは不明・・・)




DPP_0157
しかし、この店構えを見るとちょっと馬鹿にされているような気も・・・

ブラッセル・東京・大阪・京都。。。ほとんど日本じゃねーか・・・

そして、ガラスには
DPP_0143

馬鹿にされてるのか・・・カモにされているのか・・・
by BelgianWaffle | 2009-02-12 05:45 | ベルギー観光編 | Comments(2)