ベルギーでの生活や、周辺国への旅行を写真を中心に紹介


by BelgianWaffle

オランダの面白いロッジ

オランダのチューリップ観光旅行記の続き。
(日本から人が来ていたり、いろいろあって更新が遅れ気味・・・ネタがどんどんたまっています)


今年のチューリップ観光はいままでとはちょっと趣向を変えて
近くに宿を取って一泊旅行としてみました。


このチューリップ畑のある場所はアムステルダムからさらに北。
ブリュッセルからだと3時間近くかかるので、小さな子供連れで日帰りだとちょっと厳しいんです。
(毎年、帰りの車内でぼうやはおなかが空いたり、眠たくなったり大変だったので)


よく考えるとオランダで宿泊するのは初めて(近いからわざわざ宿泊するまでもないので・・・)
せっかく泊まるのなら、何か面白い宿にしてみようということで、ネットでいろいろ検索したところ見つけたのが・・・



こちらのSESTINNというホテル
c0187779_5234177.jpg

オランダ国内に何箇所か同系列のホテルがあるようです。


ここの特徴は、こんな三角の屋根のロッジに宿泊できること。
c0187779_524194.jpg

こういう戸建のロッジに宿泊するのはすごく久しぶり。



ロッジの裏には小さなテーブルとイスがあって
c0187779_5324295.jpg




こんな景色を見ながら、のんびりくつろぐことができるんです。
c0187779_52422100.jpg




ざっとネットで見る限り、どうようなホテルが3箇所はあって、どこも同じたてものが
6軒程度で経営してます。


今回選んだ場所のさらに面白いのは・・・


オーナーが牧場を経営しているということ
(つまり牧場の経営者がロッジをサイドビジネスでやっているという形)
c0187779_5181250.jpg

ロッジの横にはこんな建物があって、中には・・・


たくさんの牛が!!
c0187779_5203733.jpg

おじさんがとっても親切で、牛舎(というのか?)の中は自由に見学させてくれるし、
牛の乳搾りも見せてくれるし。ただ泊まるだけでなく、牧場体験みたいなのもできちゃう!



牛舎に入ったぼうや
c0187779_5212731.jpg




最初は楽しそうに牛を眺めていたんですが・・・
c0187779_522041.jpg

牛の鳴き声にびびったぼうやは・・・



「だっこして~」
c0187779_523461.jpg

牛の声は怖かったけど、牛は見たかったらしく、その後は抱っこで牛を眺めていました。



こうやって絞られたミルクが、近所のスーパーにならんでいるんでしょうね。
c0187779_5184624.jpg

一頭の牛からは平均一日25リットルもミルクが出るんだそうです。



大きな大人の牛は怖かったぼうや。でも子牛なら平気です。
c0187779_5193350.jpg




かわいい子牛が気になって仕方ないぼうや。でもちょっと怖くてやっぱり触れず。
c0187779_5195881.jpg



牛だけでなく馬もいました。
c0187779_5163892.jpg




大好きな馬も見れてご満悦のぼうや。
c0187779_5162556.jpg



さらにこのロッジのよいところは、おいしい朝食がついているところ。
c0187779_5153599.jpg

オーナーの夫婦が、電動自転車?で部屋まで宅配してくれます。

パンとチーズとハムと牛乳という、こちらでもとってもありきたりな朝食なんですが、
チーズとか牛乳は(単なる市販品かもしれないけど)横に牛がいると思うだけで
とってもおいしく感じました。


こうしてチューリップだけでなく、宿泊も楽しんだのでした。
c0187779_517197.jpg




↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2012-05-02 06:08 | オランダ・ルクセンブルク | Comments(2)
さらにグランドキャニオンの続き


お菓子片手に歩くぼうや
c0187779_6401327.jpg



軽快な足取りで向かった先は・・・
c0187779_7542473.jpg



グランドキャニオンビジターセンター。
c0187779_7543940.jpg

アメリカの国立公園ではビジターセンターに行くと、お土産売っていたり、
その公園に関するものの展示やっていたり・・・結構面白い。


が・・・
c0187779_7545622.jpg

ここはなーんにもありませんでした。
トレッキングする人のための天気予報などが表示されているだけ。

うーん、がっかり。


でも、ここで世界遺産のプレートを発見。
c0187779_7551452.jpg



グランドキャニオンはアメリカにしては珍しく、世界遺産なんです。
c0187779_756072.jpg

何でもアメリカ国内で考えちゃうお国柄なので、この国では世界遺産という称号は
あまり知られていないそうで・・・このプレートもひっそりと飾ってありました。
(アメリカでは国立公園に指定されるほうがエライらしい)


ビジターセンターの近くにもビューポイントがあります。
c0187779_7573342.jpg



ビューポイントの近くにあったこの柵。
c0187779_7594618.jpg



ぼうやが見下ろす視線の先には・・・
c0187779_801222.jpg



またまた雄大な景色。
c0187779_7592148.jpg




ん?
c0187779_7584871.jpg






手前の岩に・・・
c0187779_804325.jpg

この日は望遠レンズを持っていなかったので、イマイチ小さい。



仕方ないのでトリミング
c0187779_9253791.jpg

おお!こんな断崖絶壁でたそがれるリス。


そして物思いにもふける・・・
c0187779_926567.jpg



そんなリスを見たぼうやの反応

このリス。観光客へのサービスなのか、ほとんど動かずにじーっとしてくれていました。

で・・・ぼうやは寝てると思ったわけです。


さらにこのリスは、わざわざ片足を岩からはみ出してみたり・・・
c0187779_9262391.jpg

楽しませてくれました。


ここから隣に見えるのが、今回のビューポイント
c0187779_9113215.jpg



ここがグランドキャニオンでもっとも景色が良いといわれる、マーザーポイント。
c0187779_912118.jpg



そこからの眺めは・・・


うーん、確かにすごいけど・・・まあ、別のポイントとそれほど変わるわけじゃーないな。
c0187779_9123279.jpg



とりあえずぼうやとセットで記念撮影
c0187779_8144059.jpg




そんなぼうやのマーザーポイントでのご様子。

うう、、、ぼうや、ここはすごい景色なんですけど・・・全く見てないよね。
ぼうやにはあまりにも非現実的な景色だったためか、何の感想もなく
地面の石で遊んでました。


さらにこの付近で見かけた、この石。
c0187779_8133244.jpg

グランドキャニオンに突き出るように残った薄い岩。


真ん中の岩の雪に注目・・・
c0187779_8135112.jpg

足跡がある・・・

つまり、誰かがあそこまで行った訳で・・・


手前の岩から、スーパーマリオばりにジャンプして乗り移ったってことだよね・・・


落ちたら1500メートル下の谷底までまっさかさま。

1500メートル下まで落ちる17.3秒の間に、その人は何を考えるんだろう・・・


上手くわたって、無事に帰ってこれた人は、この景色の中で記念撮影してもらえるわけです。
c0187779_8141768.jpg




当然ぼうやには無難な場所で撮影させてもらいました。
c0187779_910569.jpg

(と言っても、ここから2メートルぼうやが下がったら落ちますけど・・・)


ということで、グランドキャニオンで一番の景色はともかく、リスやら、足跡やらで
予想外に楽しめたマーザーポイントでした。



↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2012-01-12 09:47 | アメリカ | Comments(6)

動物特集

動物園の記事なのに動物の写真をほとんど使わなかった前回の記事。

今回は徹底的に動物特集です。

昨日は本気の望遠レンズは持参しなかったものの、年間パスを買って通いつめたこの半年。
それなりに動物の写真も溜まってきています。


まずはかわいく丸くなって寝ていたワオキツネザル
c0187779_6374794.jpg



ママに甘える小猿たち。
c0187779_6273095.jpg



絶対にママから離れないぞ!の一匹目と、何とかして一緒に抱きつこうとする二匹目。
c0187779_6275310.jpg



この小猿たち、さすがにサルだけあってすっごく身軽。


見事なジャンプを何度も披露してくれていました。
c0187779_6244351.jpg





昨日も紹介した子豚ちゃん。
c0187779_6322259.jpg

この子の鼻が砂だらけなのは・・・穴掘りをしていたから。


で・・・そのお母さんもやっぱり穴掘りで鼻は砂だらけ。
c0187779_6371730.jpg

2匹で穴を掘る姿がなんともかわいブタたちでした。



そしてやっぱりバズーカー砲な望遠レンズ(400mm)を使って撮るなら
思わず気合が入っちゃうのが鳥達の撮影。



まずは園内を自由に飛びまわっているオウム?インコ?
c0187779_6251110.jpg

この目つき・・・実物はかなり大きいです。


くちばしも相当に鋭い。
c0187779_6263623.jpg

こんな鳥が園内に放し飼いで、その気になれば触れちゃうってところがすごい。


こちらはその仲間のオウム。これまたすごいくちばし。
c0187779_6254999.jpg




猛禽類のショーに出演していたフクロウ。
c0187779_627363.jpg

つぶらな瞳がキュートです。


そしてまた鋭い目つきのフラミンゴ。
c0187779_6283030.jpg

こうやって鳥を撮っているとケニアに行った時のことを思い出します。
あの湖に沢山居たフラミンゴ達をまた撮りに行きたいなぁ。




これまたアフリカでもお会いしたヘラサギ。
c0187779_6291715.jpg

あの時は激しく揺れる車の上からの撮影でしたが・・・ここでは楽勝。
あれ?あまりかわいくない・・・


こちらもアフリカで見かけた綺麗な青い鳥
c0187779_6302682.jpg

飛んでいる姿がすっごく綺麗なんですが・・・なかなか撮れない。
アフリカで一発で撮れたのはマグレだったか・・・

以上の3羽の鳥達は、大きな鳥かご?ビニルハウス?の中にいるので、
その気になれば触れちゃいます。


さすがにこういう鳥はカゴの中にいますが・・・
c0187779_6304671.jpg




昨日見かけた堂々とした鳥。この子はずっとこのポーズのままでかたまっていました。
c0187779_63124100.jpg




やっぱり海外の動物園って写真の撮り甲斐があるなぁっと実感したのでした。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-10-05 04:48 | ベルギー観光編 | Comments(4)

今日も道路封鎖!

昨日に引き続き、10月にあるまじき陽気のベルギー。


今日は先日のノーカーデーに引き続き、車が使えない日。
いや使えないわけではないけど、我が家の位置的にはほぼ使えない。

今日はブリュッセルマラソンの日なんです。
家の目の前を何万人のランナーが走ります。

コースはリング状になっていて、我が家はその内側。
マラソンが始まったら最後、そのコースの外側に出るのは大変なんです。

ということでマラソンがスタートする9時に家を出発。
すでに始まっていた交通規制をかいくぐり、我が家が出かけたのは


行きつけの動物園。
c0187779_3363258.jpg

気温が27℃くらいまで上がる予報だったので、ぼうやは涼しくジンベエです。
ベルギーでジンベエ着させたのは初めてかも。


今日はTさんご家族と一緒に。
ぼうやはそこの高校生の娘さんIちゃんが大好き。

今日もぼうやはIちゃんにべったり。
c0187779_3323717.jpg

普段は「ぱぁぱぁ~」っと甘えてくるのに、今日は用なし。
嬉しいけどちょっと寂しい・・・


今日も予報どおり雲ひとつない空で暑かった・・・
c0187779_33782.jpg

めったに30℃を越さないベルギーに住んでもうすぐ3年。
すっかり体はなまり、気温が25℃を越えると暑くてしんどいです。
これ・・・日本に帰ってやっていけるのか?


そんな状態で容赦なく走り回るぼうやを一日追い掛け回してフラフラです。
c0187779_3372199.jpg




ここの動物園、なぜだかアジアンテイスト満載で
c0187779_3364973.jpg

こんなオブジェやら



こんな石像とか
c0187779_3391915.jpg

いろいろあるのでぼうやが遊ぶ姿が楽しめます。


いろいろ変わったものがあるので、ぼうやも興味しんしん
「これなあに?」
c0187779_34027.jpg

うーん、なんだろうねぇ・・・


怖がってなかなか乗ってくれなかった木彫りのワニのベンチ
c0187779_3402774.jpg



なんだか東南アジアな雰囲気の小屋
c0187779_3405136.jpg




真剣なまなざしで階段を降りるぼうや
c0187779_3403866.jpg




ワニも捕まえちゃえ!
c0187779_3412879.jpg

先日、4日ほど出張で家に居なかった間、、、ぼうやは何を間違えたのか
パパはワニ退治に出かけたことになっており、家に帰るなり怪我をしていないか
手を入念にチェックしてくれました。



ここの動物園は相変わらずゆるーい感じなので、柵も低いし動物をペタペタ触れちゃいます。
c0187779_341167.jpg

かわいい子豚のドアップ。柵が低いのでカメラを豚の目線まで下げて撮れるくらいです。


EF24mm F1.4L IIでの見事なゴースト(逆光で撮った時にでるレンズ内での光の反射)
c0187779_3414510.jpg

さすがに特殊コーティングのレンズでも、これだけの逆光だとゴースト出まくりです。
が・・・個人的にはゴーストってあまり嫌いではないんです。なんかザ・逆光って感じがするので。


そしてついにゾウエリアに到着(入り口から一番遠いところにゾウとかキリンがいる)
c0187779_342135.jpg

このゾウ、やたらと人が集まっていると思ったら、手を伸ばすと鼻で握手してくれている。
(いや、本人としたらエサをくれると思って鼻を伸ばしているだけかもしれないけど)


そんなフェイントえさやり体験にぼうやも挑戦。
c0187779_3424287.jpg

手をしっかりと伸ばしてゾウさんにアピール。


が・・・いざ鼻が来ると・・・

怖っ!(笑)
c0187779_343245.jpg

あいかわらずヘナチョコなぼうやなのでした。
ゾウさんなんて何もしないのに・・・


せっかくなので自分も鼻タッチに挑戦。
c0187779_3433716.jpg

意外と硬いです。生えている毛(鼻毛?)がかなり硬くて痛い。
あまり楽しい感触じゃないなぁ。。。


今日、ゾウ・キリンエリアまでわざわざ歩いたのは、「キリンが見たい!」と言った人が居たから。
c0187779_3441562.jpg

↑この人。

が・・・キリンは見向きもせず。
ええ?!誰のために一番遠いキリンエリアまで行ったんだか・・・


でも、次に行ったキツネザルエリアでは・・・
c0187779_3462021.jpg



見事におサルにタッチ!
c0187779_3444141.jpg



タッチどころかナデナデしまくってました。
c0187779_3451963.jpg

次の子が待っているからそろそろ代わってあげてね・・・



こうして久しぶりの動物園を堪能したぼうやだったのでした。
c0187779_3482492.jpg


この動物園、今年は年間パスを持っているのですが、冬季は休業で今年の営業は11月6日まで。
あと一ヶ月で何回行けるだろうか・・・
もう元は取っているけど・・・面白いからまた行きたいなぁ。次はバズーカー砲のレンズを持って。

↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-10-03 04:29 | ベルギー観光編 | Comments(4)
毎年、この時期に2週間くらい家の前に現れる移動遊園地。
c0187779_5393984.jpg



去年は路面電車の工事で移動遊園地は現れず。。。

おととしは、まだぼうやは産まれて2ヶ月。とても遊園地で遊べるほどではなかった。。。



その移動遊園地。2年前からぜひいつかはぼうやに!っと思っていたのがこちら。
c0187779_5401588.jpg

生のメリーゴーランド。
本物の馬がパカパカと回ってくれます。


あいかわらずとってもびびりなぼうや。
ぼうやは動物は好きだけど、馬って結構背が高いから、怖がるだろう・・・

数日前からぼうやに、馬に乗るよっと言い聞かせておいて、
当日も何度も何度も「乗りたい?」っと聞いて、本人の了解を得る。
ぼうやも「お馬ちゃん乗りたいよー!」っと言い出すほどになってから、


ついにお馬ちゃんデビュー。
c0187779_516443.jpg

初めてこの生メリーゴーランドを見てから早2年。ついに念願のデビューです。


が・・・馬にまたがって30秒もしないうちに「降りたい・・・」っとつぶやくぼうや。

ええ!もうお金も払っちゃったのに・・・さっきまでノリノリだったのに・・・


なんとかなだめながら、生メリーゴーランドスタート
c0187779_518997.jpg

この怖そうな顔。。。
一周周ってきたぼうやは「あぶない・・・あぶない・・・」を連発してました。
はぁ・・・



この馬達、一回3ユーロで、何周かしてくれます。
c0187779_5211545.jpg




横についていたママからの応援によってなんとか最後までぼうやは頑張れたのでした。
c0187779_5214890.jpg




乗り終わって、ほっとしたので、小さい馬と遊んでみました。
c0187779_522557.jpg



お馬さんにも・・・
c0187779_5244743.jpg



ちゅー!
c0187779_5263326.jpg

っと、親睦を深めていたのもつかの間。
馬からお返しのチューがぼうやの腕に決まり、、、びっくりして号泣したぼうや。
お馬さんは遊びたかったんだよ・・・きっと。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-07-09 06:38 | ベルギー観光編 | Comments(7)

夜のお散歩

この前の日曜日。

お昼寝に失敗したぼうやは、夕方6時にご飯を食べながら沈没。
いつもは8時くらいに寝る子が6時に寝たとなれば、朝は4時や5時に起きるかもしれない。

ということで夜9時ごろに、ぼうやが目を覚ました時に、そのままぼうやを連行して夜のお散歩へ出発。


家の近くの公園へ。
c0187779_232308.jpg

この時期のベルギーは夜10時半くらいまでは明るい。
(この写真で夜9時50分)



飛行機をみつけて喜ぶぼうや。「びゅーんびゅーん!」(飛行機のこと)
c0187779_2303186.jpg




本当はボールとかシャボン玉で遊ぼうと思っていたんですが・・・

やっぱりぼうやが気になるのは、池の鳥達。
c0187779_2325087.jpg




「ぴっぴはまんま、あーんしたいよ!」(鳥にご飯を食べさせたいよ!ってこと)
c0187779_2334024.jpg




この日はパンは持ってきていなかったので、ぼうやのおやつをあげました。
c0187779_2341522.jpg



今回もいろんな鳥にご飯をおすそ分けするぼうや。
c0187779_2355611.jpg



最近はすごいスピードでおしゃべりが上達しているぼうや。
一週間ぶりに週末をゆっくり過ごすとびっくりします。

この日のぼうやのおしゃべり。最後の方で鳥が食べた後の拍手喝采が笑えます。

(大きいのいた。あそこ。行ってみようか?って言ってます)


続いてちょっと小さめの鳥(カモ)を見つけたぼうや。
c0187779_235424.jpg

ぼうやはそれまでエサをあげていた鳥(大きい)の赤ちゃんと思ったらしいです。



ぼうやは小さい子とか赤ちゃんが大好き。赤ちゃんの鳥を見つけたからには
その子にご飯をあげたくてたまりません。




無事にちいちゃい鳥が食べてくれて大喜びしていました。
c0187779_23516100.jpg




こうして突然の夜のお散歩を堪能したのでした。
c0187779_2312195.jpg




↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-06-02 04:59 | 子ども | Comments(2)

自由なクジャクたち

最近の休日は頻繁に動物園へ行ってます。
今年は年間パスを購入したので、行かないと損なんです。

ぼうやも動物達と遊ぶのは楽しいみたいだし。


この動物園にいる、こちらのクジャク
c0187779_74365.jpg




自由に園内を闊歩しているので、自由クジャクと勝手に命名しました。
c0187779_734624.jpg

普通にその辺りをウロウロしてます。



この日のクジャク君(色が綺麗だから男の子だよね?)は、チケット売り場の前を巡回。
c0187779_762090.jpg

尻尾?飾り?が長くて、、、クジャクってかなり大きい。


そんな自由クジャクに果敢に挑むぼうや。
c0187779_75673.jpg

これで羽を開いてくれたら面白いのに・・・
いまだにクジャクが羽を開くところは見たことないです。。。難しいのかな。



それにしてもクジャクって本当に綺麗な青い羽でかっこいい。
c0187779_753657.jpg




壁の上でキリっとすわる自由クジャク
c0187779_784241.jpg




自由クジャクを追いかける自由人
c0187779_794241.jpg

怖いくせに、鳥をよく追い掛け回すんです。。。
きっと反撃されたら大泣きするだろうなぁ。。。


この鳥は、、、白いけど頭の飾りが同じ、、、これがメスだろうか?
c0187779_765643.jpg



こっちはお腹は緑。背中は茶色。
c0187779_774397.jpg



最近気づいたんですが、この自由クジャクはオスだけで園内に3羽居るみたい。
ディズニーランドのミッキーのように、お互いが同時に現れないように調整?しながら、
お客さんの前に現れて楽しませてくれています。

↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-05-28 17:21 | ベルギー観光編 | Comments(2)
ブルージュお散歩中の一幕。


街角でワンコに遭遇。


ちょっと太めなパグです。
c0187779_20414719.jpg

半年位前までは、犬でもなんでも躊躇なく触れていたぼうや。

最近はちょっと犬が怖くなってきて(いきなり飛び掛られたり、ほえられた経験から)、
すぐには触れなくなってしまいました。


でも、犬には触ってみたいぼうや。

最終的にぼうやが取った手段は・・・・



しっぽ
c0187779_204053.jpg

・・・に触る。

犬ってしっぽに触られるの嫌いなんですが・・・


しつこく触るぼうや
c0187779_20404631.jpg




困った顔で逃げ回る犬。
c0187779_20412321.jpg




飼い主さんの指示で、犬はしぶしぶしっぽをさしだし・・・
c0187779_20422982.jpg

ぼうやは楽しく触ったのでした。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-02-20 05:19 | ベルギー観光編 | Comments(6)

真っ赤なお鼻の・・・

昨日紹介した雪景色。

あの雪景色ドライブには、ひとつ隠された楽しみがあるんです。



キルナの鉱山に車で登っていたときのこと。


年末だからか、鉱山に続く道は誰も走っておらず、のんびり景色を楽しみながら
ドライブしていました。


すると前方になにかが・・・
c0187779_7345139.jpg

おおっとトナカイだ!


車と遭遇しても慌てて逃げる様子のないトナカイ達。
そっと車を止めて、急いでカメラを準備。



車から出ると、
c0187779_736797.jpg

ちょっと面倒くさそうに向きを変えるトナカイ達。



「あー、だりーなぁーー」ってな顔で、ゆったりと逃げる(避ける?)トナカイ達。
c0187779_7375122.jpg




追いかける残りの2頭。
c0187779_74213100.jpg




よく見るとこの三頭、一頭が大きくて、一頭は小さめ。先頭がお父さんで、
真ん中が子どもなのかな?
c0187779_7483812.jpg

雪深いなかを、さして慌てることもなく、歩いて茂みに消えていきました。

この子達を見たのは、風邪が良くなって動けるようになった初日。
ドライブに出てすぐに遭遇したのでした。

やっぱりこれだけ自然があると、簡単に動物に出会えるなぁっと思っていたら、
その後は一切現れず。単にラッキーだっただけでした。

そして、この子達に会った夜に最初のオーロラを見たのでした。


さらに2日後のきれいなオーロラを見る前には、道端でヘラジカに遭遇
(オーロラで慌てていたので写真撮らず)。

動物に会うとすごいオーロラが見えるという法則が出来そうです。



雪景色の写真を撮っていると、野生動物の痕跡に出会います。
c0187779_7505228.jpg

足跡・・・


そして・・・
c0187779_7524888.jpg




こういう痕跡だけなら結構みれました。
もう少しのんびりと動物探していたら、もっと見れたかも。

なにしろすぐにぼうやがお腹すいたり、眠くなったりしたので、
あまりゆっくりとは見れなかったんです。


生のトナカイ遭遇レポートでした。



↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-01-21 08:11 | 北欧旅行記 | Comments(8)

犬の話

日本の実家に置いてきた柴犬が3日前に亡くなりました。
c0187779_553558.jpg




14年前の秋に、こんな箱に入って我が家に来たミニチュアダックスと柴犬。
c0187779_4575463.jpg

本当はダックスを買いに行ったのに、柴犬に一目惚れしたため家族内で紛争が起こり、
店員さんの「2頭どうですか?」の一言でカタがついたのでした。。。


子犬の頃から、子供とは思えないほど落ち着ついた犬。
c0187779_501386.jpg




もう14歳、人間で言えば80歳くらいの高齢になるはず。
c0187779_525973.jpg

ベルギーに行く前から、以前ほどの元気がなくなっていて、
もう歳なんだなぁ・・・っと思っていたんですが。。。




ここ数日で急に元気がなくなり、3日前の朝、急に亡くなったそうです。
c0187779_543292.jpg




今までも、犬、猫、鳥と色々飼ってきたんですが、この子はちょっと特別だったんです。
念願の日本犬だったし、おっとりとして控え目な性格で、わが子のようにかわいがってきたつもり。
c0187779_545245.jpg




お散歩がとっても好きで、散歩に誘うとイソイソと出かけていったものでした。
ある日、ふと100円ショップで買ってきた緑のホネが気に入り、
くわえて散歩に行くのが日課でした。
c0187779_503129.jpg



のんびりとした性格が災いして、あまり言うことは聞かなかったんですが・・・
1年くらいかけてボール拾いだけは覚えてくれました。


ボールを追いかけている時だけは、目がキラキラと輝いて
c0187779_535188.jpg




普段は全く見せないような俊敏な動きをしてくれました。
c0187779_541365.jpg




日本に帰る時にはこの子に会えるのを楽しみにしていたんですが・・・
c0187779_5516100.jpg

ぼうやと一緒に遊ぶ姿も見たかったんですが、、、

実家にお墓を作ってもらったらしいので、この子が大好きだったうなぎでも持って行ってあげよう。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-01-15 08:05 | 全般 | Comments(23)