ベルギーでの生活や、周辺国への旅行を写真を中心に紹介


by BelgianWaffle

タグ:エストニア ( 1 ) タグの人気記事

現在エストニアにいます。

今日は朝7:30に空港に集合し、プラハ経由でエストニアの首都タリンへ。
時差もあって到着は14:30という結構な長旅。
今日も結局エレベーターは直っておらず・・・朝っぱらから重たいスーツケースをもって5階から地下の駐車場まで階段で降りてヘロヘロ・・・


ま、それはそうと・・・今日は天気も最高。
DPP_0007
エストニアの国旗。

これが人生で14カ国目の国です(日本は除く)。

いろいろ行っている気がしてたけど、まだたったの14カ国。全部の国の10%にも満たない。
まだまだだなぁ。。。

細かいコネタは後日紹介するとして、とりあえず今日のダイジェストを紹介。



まずは簡単にエストニアの紹介。
エストニアは1991年に独立するまではソ連の一部だった国。
でも、昔はスウェーデンに支配されていたりと、どちらかといえばヨーロッパに近い。

言語はエストニア語。さっぱりわかりませんが、フィンランド語に近いとか。
人口は130万人くらいなので、話す人口は名古屋弁よりも少ない。。。

通貨はエストニア クローン。EUには加盟していますが、ユーロにはなっていない。

首都タリン Tallinnには旧市街があって、そこが丸ごと世界遺産。
DPP_0009
展望台から旧市街を望む。



DPP_0042
フィンランドの隣だけあって、やっぱり北欧のイメージは強い。
でも、スウェーデンとかノルウェーとも一味違う。



ソ連時代の名残で、ロシア系の教会もあります。
DPP_0004
たまねぎ屋根のアレクサンドル・ネフスキー聖堂。
中は写真撮影禁止。。。ヨーロッパの教会とは違っていて新鮮でした。



DPP_0022
旧市庁舎。



DPP_0024
壁からドラゴンが突き出しています。なんだろう。。。このセンスは初めて




DPP_0023
町の中心ラエコヤ広場。みんな外でご飯食べてました。




DPP_0025
へびがワイングラスをペロペロしてるマークの薬局。なんと創業は500年以上も昔。1422年には3人目の経営者だったとか・・・
すげー。ヨーロッパでもっとも古い薬局のひとつだそうです(断言してないところが弱気)。




建物にいろいろ面白い名前がついている。
DPP_0037
こちらはふとっちょマルガリータ(英語でもFatって書かれている)。




DPP_0055
こちらはノッポのヘルマン。ネーミングがかわいい。




一日歩いて疲れた・・・明日はラトビアへ行きます(ちょっと世界の車窓から風)




おまけ。たまには自分の写真。




エストニア来たぜ!の記念写真。(影だけど・・・)
DPP_0036



↓ブログランキングに参加しています。エストニアのレアな写真にへぇーと思ったかた!クリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
by BelgianWaffle | 2009-05-22 05:31 | バルト三国 | Comments(20)