ベルギーでの生活や、周辺国への旅行を写真を中心に紹介


by BelgianWaffle

<   2015年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

たぶん最後の・・・

そういえばこんな気持ちはいつ以来だろうか・・・




最初は(いつもどおりの)ちょっとした悪ふざけ・・・




あの軽い一言がこんなことになるとは・・・・




ある程度は想像していたけど、まさかここまでとは・・・




いままでにも何度かあったことだけど



ここまでの衝撃が走ったことはなかった




この衝撃を共有すべく、ひさしぶりの更新です。





数週間前のある日曜




我が家はとある写真スタジオにいました。



きっかけはこの写真
c0187779_1233338.jpg

今から3年前。
日本への一時帰国の時にプロに撮ってもらった写真。


いくら自分が良いカメラを使おうが、、、スタジオで厳密に調整された照明で、
豪華な衣装を着て撮影された写真にはやっぱり勝てない。


そんなことを思い知らされるプロの実力。
帰国したら、またやりたいなっと思ったのでした。







そしてちょうど1年前。日本に帰国して1年経って、いろいろと生活などが落ち着いたころ。

再びプロの実力を思い知る。



やっぱり衣装と背景と確かな撮影の技術
c0187779_123142.jpg





ちょっとお値段ははるんだけど・・・その価値は十分以上にある。
c0187779_1232541.jpg

ぼうやが大きくなってしまったら、いくらお金を出してもこの写真は撮れないわけだし。



そしてさらに1年後(つまりこの前の5月)



我が家はまたまた行きつけのお店に予約を入れる。



だんだんこの手の撮影が面倒くさくなってきた最近のぼうや。



着物とか着るだけでも面倒だし、別に楽しくもないし、、、そんな嫌がるぼうやを
なんとかなだめすかし、予約した時間にお店に入る。



いつものように衣装を選びお店の人に渡す。



撮影機材や衣装の小物を用意しているときに、目の前の大量の衣装を見ながら脳裏をよぎる悪い考え、、、















このヒラヒラのドレス・・・着せれないかな・・・















ぼうやももう6歳。来年には小学生。
どんな手を使ってでも、着てもらう最後のチャンスでは?!

どうしてもこの手の写真館は女の子の方が喜ぶためか、衣装の大半は
女の子用で、男の子用の衣装は少ない。
毎回ここで衣装を選ぶ度に、「女の子は選択肢が多くていいなぁ」とおとーちゃんは思っていたのでした。



準備を終えたお店の人におそるおそる切り出してみる、、、「あのー、このドレスもイケます?」




一瞬の間はあるが、相手もプロ。あっさりと「大丈夫ですよ!」





イケるんか・・・







撮影はいつものように進む
c0187779_1493253.jpg

まずはいつもどおりタキシード系の衣装と・・・





着物での撮影を無事にこなすぼうや。
c0187779_151382.jpg







この衣装チェンジの間は、やることのないおとーちゃんはぼーっと待っているわけで、、、




そして、ついにワルノリの、女の子ドレスバージョン。




正直・・・



わからんかった・・・



誰?



この子誰?



単に衣装を着るだけかと思ったら、、、



まさかの
c0187779_1551826.jpg

え、、、え、、、エクステ・・・




本気で誰だかわからんかった。






いままでもワルノリ(素人クオリティ)は何度もやったけど・・・





1歳11ヶ月
c0187779_1234130.jpg

オランダの風車とお花畑でワルノリ







2歳1ヶ月
c0187779_1235456.jpg

スペインアンダルシアのひまわりとワルノリ
(フラメンコ衣装と、フラメンコ用の靴まで調達・・・)




昔のデータを見る限り、、、たぶんこれがこの前のワルノリ。
c0187779_124296.jpg

あれからもう4年。




今回がさすがに本当に最後、、、かな。



ちなみに髪型を選んだのはぼうや自身。


彼の感想は「頭が痛かったからもういやだ」(ピンで留めたりいろいろしたから
それが痛かったらしい)


え?髪を触らなければ衣装だけならまだイケる?



ちなみにお店の人もノリノリで、これにお化粧とかもするつもりだったらしい。



いやープロってすごい
by BelgianWaffle | 2015-06-16 02:12 | 子ども | Comments(5)