ベルギーでの生活や、周辺国への旅行を写真を中心に紹介


by BelgianWaffle

<   2013年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ラスベガスいろいろ

ラスベガスでのいろいろ


今回のベガス旅行でもっともお世話になったもの。


ラスベガス名物ビュッフェ


安いところでは一人16ドルくらい(子供は無料)で、時間無制限で食べ放題。
どこのホテルにも1つか2つはそんな食べ放題のレストランがある。


今回特別気に入ったのが・・・ホテル リオの中にあるシーフードビュッフェ


ここは他のホテルから離れているというロケーションの悪さを補うための特別なビュッフェ。
c0187779_423355.jpg

料金は一人50ドルとかなり高め。

でも・・・

ここはエビやら
c0187779_3515858.jpg



カニやら、普通のビュッフェには無いような高級食材が食べ放題。
c0187779_3535143.jpg




エビ アレルギーも持っているぼうやは、ここでもサーモンのスシを食べまくっていましたが。
c0187779_3541212.jpg


今回はここ以外にも
・パリス
・フラミンゴ
・ルクソール
とビュッフェを食べまくったのでした。



一年前のベガス旅行ではいけなかったファーストフード タコベル。
c0187779_3524638.jpg

タコスが格安で食べられるファーストフード。5年ぶりくらいにいきました。


アメリカの巨大スーパー ウォルマート。
ここでいつもなんとなく眺めてしまうもの
c0187779_3522233.jpg

ライフル(もちろん本物)。こういうものがスーパーで売っているのがアメリカな感じがする。


同じくウォルマートで見つけた面白グッズ。
c0187779_3524499.jpg




ダックスフントにソーセージをセットすると、カットできてケチャップも付けれる。
c0187779_353618.jpg

わざわざこれを買う意義って・・・




今回わざわざナビで検索までして行ったトイザラス。
c0187779_3532625.jpg

ヨーロッパでは買えないようなレアなおもちゃがゴロゴロ。。。
でも、おもちゃはウォルマートのセールの方が安かった。


ヨーロッパや日本とも違う独特のアメリカ文化を楽しんだのでした。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2013-03-25 04:50 | アメリカ | Comments(0)

最後の夜

ラスベガスで過ごす最後の夜。
c0187779_7453031.jpg




だいぶ時差にも体がなじんできたところで夜の散歩。
c0187779_8275429.jpg




やってきたのはちょっと派手なイルミネーションのホテル ベネチアン。
c0187779_829492.jpg




年も明けて数日経つのに出しっぱなしのクリスマスツリー
c0187779_8295840.jpg




と、仮面をつけた人を発見。
c0187779_8304851.jpg




一緒に記念撮影。2年前には、ヴェネチアのカーニバルでは仮面を見て泣いたのに・・・
c0187779_831182.jpg




今度は別の仮面に呼ばれて
c0187779_8313041.jpg




嬉しそうに記念撮影。
c0187779_831509.jpg




余裕の表情
c0187779_8321046.jpg




さらに仮面のお姉さんには手までつないでもらってポーズを決める。
c0187779_8323832.jpg




ホテルに入ってみる。
c0187779_8335048.jpg

ああ、、、これヴェネチアのドゥカーレ宮でもこんな絵を見たような気がする。
(本物は内部で撮影禁止なので記憶が曖昧)


でも結局はラスベガスのテーマホテル。こんなものもあったりする。
c0187779_834913.jpg




そしてゴンドラのいるショッピング街(空は天井に書かれたリアルな絵)
c0187779_8351559.jpg




本物のヴェネチアに比べると、建物も地面も綺麗すぎるけど・・・・
c0187779_8361656.jpg




建物の雰囲気はヴェネチアそのもの。
c0187779_8365120.jpg




この気合の入り方は、以前名古屋港にあったイタリア村の規模を圧倒的に上回る。
c0187779_8365529.jpg




こんな規模のショッピング街が、ホテルの内部にあるってのがすごい。
c0187779_8372871.jpg

本物のヴェネチア同様、このショッピング街も道が分かりにくく造ってあって、
結構迷います。



そんな、ホテル観光をしながら、ラスベガス最後の夜を楽しんだのでした。
c0187779_8373238.jpg




↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2013-03-24 08:42 | アメリカ | Comments(1)

老舗で荒稼ぎ

ラスベガス旅行記の続き


いままであまり行ったことが無かったカジノホテル サーカスサーカス
c0187779_681186.jpg



ここはホテルとしては古いけど、いろいろ子供向けの造りになっているのがウリらしい。
c0187779_6214336.jpg

ホテルには巨大なドームがついていて、その中は遊園地になっている。
さすが子供向け。



大道芸人によるショーもあったりする。
c0187779_5561534.jpg



最前列で(お客は20人くらいしかいないので最前列も簡単にとれちゃう)眺めるぼうや。
c0187779_5562562.jpg



小道具のイスがぼうやに直撃しないかとちょっと不安な親。
c0187779_5564184.jpg

ぼうやには口でイスを何個も持ち上げるすごさが分かったのかどうか・・・



最近、どこの観光地に行っても売っている、投げるとベチャっとつぶれて、じわじわと元の形に戻る
変なおもちゃ。ここでも売ってました。
c0187779_6285179.jpg



ホテル内にもう一つあるゲームコーナー。
c0187779_631269.jpg




ここではそのホテル名の通り、ミニサーカスがタダで見れる。
c0187779_6291652.jpg

1時間に一回くらいステージがあって、毎回出演する人が変わるんだけど・・・
たまたま見たのは、帽子で芸をするお兄さん。

ぼうしをかぶったり投げたりするだけだし・・・結構ミスも多いし・・・
さすが無料・・・過度な期待は禁物です。

紫のドーム内の遊園地は、日本のゲームセンターみたいに近代的なもの。


ホテル内にあるこちらは、テレビゲーム的なものではなく昔ながらのゲーム。
c0187779_635465.jpg

たとえば流れる水の上に浮いている皿にピンポン玉を入れると景品として
キリンのぬいぐるみがもらえるゲームとか。。。
一年前にぼうやがレゴブロックもどきをもらった、エクスカリバーのゲームコーナーと同じようなもの。

大体一ゲームが5ドルくらいで、単純だけど難しい。



我が家が目をつけたのはコレ。
c0187779_6314993.jpg

ニワトリ(のぬいぐるみ)を発射台に乗せて、それをハンマーで叩いて飛ばして、
c0187779_6321672.jpg

真ん中を回っている鍋に入ったら景品がもらえるゲーム。


このゲーム。他のものとは違って、力加減と鍋のタイミングを覚えると
かなりの確率で景品が取れる。

ちなみにニワトリが一羽入ると、小さい景品一つ。
小さい景品2個で、中と交換。
中を2個で大と交換。
大が2個で特大と交換というシステム。
(大体どこも景品はぬいぐるみ)

根気良く続けると、ぼうやの背よりも大きいぬいぐるみがもらえる。

我が家は色々なゲームに挑戦して失敗した後、ニワトリ鍋いれゲームに到着し、
ここでニワトリ12羽を投入して(5ドルで3羽だから。20ドル)、9羽を入れて、
見事に景品大と小をゲットしたのでした。


大量の景品をもらってほっとした我が家。

後はぼうやが楽しめるようなゲームに挑戦(この際だから勝ち負けはもうどうでも良い)
c0187779_6352198.jpg

ぼうやが挑戦したのは、無数に並ぶグラスにプラスチックのボールを投げるゲーム。

赤・黄・青の色がついたグラスの上でボールが止まれば景品ゲット。
c0187779_6363449.jpg

(左投げのぼうや・・・左利きなのかも)
このゲーム、そもそもボールがグラスの上に止まることなく、枠外へ落ちる率がすごく高い。
上手く停めれても、グラスは白の方が圧倒的に多数。

大人も何度もチャレンジしたけど・・・本当に難しい。


ここでまさかの景品ゲット。
c0187779_672096.jpg



見事にお花のぬいぐるみをもらって大喜び。
c0187779_672939.jpg

(上にぶら下がっている大きいぬいぐるみは、この花2本とかで交換できる)。



自分で取った初めての戦利品を嬉しそうにビニール袋にしまうぼうや。
c0187779_674684.jpg

(既にニワトリゲームで取ったぬいぐるみが大量のビニール内)



ニワトリゲームの戦利品。サーカスサーカスのクマと、青いザリガニ・・・
c0187779_684965.jpg



ホテルで改めて並べてみる。
c0187779_610399.jpg

右はぼうやが自ら勝ち取った花。


クマは8勝の成果だけあって、結構しっかりした造り。
c0187779_6105477.jpg




青いザリガニと魚は・・・だいぶ安っぽいけど、青が好きなぼうやは大喜び。
c0187779_6111448.jpg

嬉しさに振り回すぼうや・・・千切れるよ・・・



結局今回もカジノでは全く遊ばなかったけど、ゲームセンターで楽しく遊んだのでした。
c0187779_69721.jpg



↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2013-03-18 07:09 | アメリカ | Comments(0)

夜景ヘリツアー

夜のラスベガス


オープンにした後部座席に座るぼうや
c0187779_774352.jpg




大人しく座っていたのはここまで(出発から5分くらい)。その後はあまりに寒さにブチ切れたのでした。
c0187779_79870.jpg




ちなみに前の席にはヒーターが利くのであまり寒くは無い・・・けど正直やせがまんのオープン
c0187779_7101247.jpg

真冬に借りる車じゃないなぁ・・・



そうして到着したのはここ
c0187779_794090.jpg

ヘリUSA



待合室で待つこと30分(出発30分前に来いって言われたから、その通りにしたのに・・・待つのか)
c0187779_710158.jpg




ミニバンで向かう滑走路で待っているのは・・・
c0187779_713387.jpg

赤いボディに白馬の絵がかかれたヘリコプター



ぼうや(と親)は今からこのヘリに乗ってベガスの夜景を眺める。
c0187779_7134263.jpg



ここはラスベガスのストリップ大通りからすぐ横の空港。
c0187779_7114286.jpg

緑に光るのはホテルMGMグランド。


町から近い割には空には星が沢山見える。
c0187779_7111658.jpg




ぼうやはもちろん、親もヘリコプターなんて乗るのは初めて。
c0187779_7104773.jpg

この後ろに見える機体は、この日は使われていなかったらしく、我々の前にとんだ人たちが帰るのを待つ。



ついに帰ってきたヘリ。
c0187779_832547.jpg

その強風で吹っ飛ばされそうになってあわてるぼうや。



ちょこっとヘリのシートに座るぼうや。
c0187779_714369.jpg




ついにテイクオフ、人生初の(ひょっとして最後の)ヘリ体験。
c0187779_715427.jpg





ヘリは6人乗り。我が家の他に2組の夫婦が一緒に乗り込む。
c0187779_716991.jpg

普段、飛行機からでは離着陸の体勢に入っていて写真取れないけど・・・ヘリならこんな夜景が撮れちゃう。



ついにラスベガスのホテル群の上空に到着。
c0187779_7155116.jpg

が・・・窓が遠い。

このヘリツアー、実はすっごく不公平なツアーで、ヘリの進行方向の左側に座った人だけが
ストリップ大通りの夜景が間近に見れる。
同じコースを行って戻ればどっちの席も同じ景色が見れるが、行きはストリップの東側、
帰りは西側を飛ぶので、常に大通りを左手に見てのフライトとなっちゃう。


我が家はヘリの右側の席。
事前にネットで見て知っていたけど・・・これひどいわ・・・
席による見え方の差は大きいけど、値段は同じ。なんて不公平な。

激しく揺れるヘリから夜景が撮れるように、満を持して広角の短焦点をつけていったんだけど・・・
こんなに窓が遠いんじゃ使えない。しかたなくレンズを標準ズーム(短焦点よりだいぶ暗い)に変更。


以降、ゆれるヘリから、F4のレンズで撮れる限界(結構ブレてますが)の夜景をお届けします。



ラスベガスのシンボル ストラトスフィアタワー。
c0187779_7162881.jpg

ヘリはこのタワーの周りを周って、空港に戻る(あれ、、、もう折り返し。狭い機内でのレンズ交換は厳しい)



タワーの展望台からの夜景よりも、距離が近い分迫力がある。
c0187779_7163918.jpg



ラスベガスって、この大通り沿いだけに高層ビルがあって、それ以外はすべて平坦
(アメリカって土地が余ってるから、高層マンションとか作る意味がないんだろうけど)
c0187779_7165049.jpg



ホテル ベネチアン
c0187779_717577.jpg




今回の前半で宿泊したバリーズとフラミンゴ。
c0187779_7171658.jpg




一年前に泊まったホテル パリスのエッフェル塔と凱旋門。
c0187779_7173577.jpg




ライオンが見れるホテルMGMグランド
c0187779_7175093.jpg




っと一通り、大通り沿いのホテルを上空から楽しんで最後には大通りを横切って空港へ。
c0187779_7191780.jpg




あっという間に高度が下がってヘリツアーはおしまい。
c0187779_7193929.jpg



ヘリに乗ってから降りるまでの正味の時間は15分くらい。
たった15分で料金はお一人様6000円。
ヘリコプターに乗れるという貴重な経験とか、ベガスの夜景とか考えたら安いと思うけど・・・

ちなみに、ヘリに乗りたいと言っていたぼうやは、最初のヘリの突風で心が折れ、
その後もヘリの轟音にもびびり、最初に座った状態からほとんど身動きもせず・・・
(正直怖かったんだと思う)

ヘリが元の空港についたことで、「あれ?出発したところと同じだよ。ん?じゃあなんでヘリ乗ったの?」
と乗り物に乗ったのに同じ場所に戻ったことにやや不満でした。
(ぼうやとしては乗り物は移動のためのものだから、別の場所に行くんだと思っていたらしい。
だからヘリからも外をあまり眺めなかったのか・・・しまったちゃんと説明しておくんだった)


そんな憧れのヘリ体験でした。
あー、やっぱり左側の席に座って、F1.4のL単で撮りたかったなぁ・・・

↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2013-03-12 08:07 | アメリカ | Comments(0)

アメ車を2台借りた日

今回のアメリカ旅行で楽しみにしていたことの一つは、「ザ・アメ車」を楽しむこと。


アメ車といえば、でっかいボディにでっかいエンジン。
ということで大きいSUVをアメリカ滞在の初日から最後まで借りていたのでした。

が、今回はさらに追加でもう一台。

借りていたキャデラックは空港の駐車場に入れておいて、空港のレンタカー屋で借りたのが
c0187779_18443173.jpg

シボレーカマロ コンバーチブルSS。



真っ赤なオープンカーです。
c0187779_18443930.jpg




ラスベガスよりはロスの海岸沿いをドライブした方が似合いそうだけど・・・
c0187779_18445659.jpg




この車もアメリカンな6.2リッターV8エンジンを搭載。
c0187779_1845025.jpg




空港においてあるキャデラックエスカレードとあわせると、この日はトータル12.4リッター 16気筒持っていることになる。
c0187779_18452197.jpg

(開けると気になって覗き込むぼうや。)


いまどきBMW5シリーズでも2リッターで4気筒(ターボだけど)というのに・・・8気筒のエンジンとはなんて贅沢な。
c0187779_18461978.jpg



アメリカのレンタカーってすごく安くて、このカマロは1日8000円くらいで借りれちゃう。
c0187779_18463079.jpg




日本だとマツダ ロードスターを一日借りても15000円以上することを考えると、アメリカは激安。
c0187779_18464175.jpg

(他にも1000万円を超えるベンツも一日1万円くらいだった。すでに数ヶ月先まで予約がいっぱいだったので
断念したけど)


最近のアメ車のスポーツカーは、ちょっと昔のデザインに似せていてかっこいい
c0187779_18551774.jpg



メーターもクラシカルな感じ。時速180マイル(時速288キロ)まで刻まれたスピードメーター。
c0187779_18465889.jpg

速度規制の厳しいアメリカでは全く出番がないけど・・・(最高で時速70マイルくらいのはず)。


シャープな顔つき
c0187779_18555856.jpg




大きいブレンボのブレーキキャリパー
c0187779_1856217.jpg




つやのある赤いボディカラー
c0187779_18562766.jpg

このレンタカーを借りた時、手続きしてくれたカウンターのおばちゃん(もうおばあちゃんと言ってもよいくらい)
だったんだけど、「私の一番好きな車よ。とってもセクシーなの」と言っていた。


そんな派手なレンタカーを借りたのに・・・・


さほど浮かない表情のぼうや。
c0187779_18553645.jpg



物心ついたころから到来し続けたぼうやの車ブームは既に終わっていて、最近は車にあまり興味のないぼうや。
c0187779_18554080.jpg

一年前のラスベガスでは、レンタカーで借りた赤いカムリ(トヨタ車)を返却するときに、
「赤い車もっと乗りたい!」と泣いたくらいだったのに・・・



一度も運転席に座ることもなく、屋根が開くことに興奮するでもなく・・・
c0187779_18563469.jpg



さっさと後部座席で寝てしまったので、お屋根は閉めることとなったのでした。
c0187779_1857929.jpg

(この日も気温は5℃程度と結構寒いので)


次の日の朝、カマロを返却しに(そしてキャデラックをお迎えに)空港へ向かう。

最後のチャンスなので屋根を開けて、ラスベガスのストリップを走る。
(空港行くなら高速乗ったほうが早いけど、あえて下道)
c0187779_18571521.jpg




さすがに405馬力のエンジンはパワフルだったけど、、、
c0187779_18573534.jpg



「ああ、もっと乗っていたい」と思うほどでは無かったのが本音。
c0187779_18574038.jpg



アメリカンV8エンジン独特のサウンドもあまり聞こえないし。
ハンドリングやエンジンの吹けあがりも、スポーツカーというほどのフィーリングではないし。
アメ車は大きいSUVの方がいいなぁっと思いながら空港へ向かったのでした。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2013-03-10 20:52 | アメリカ | Comments(0)
ベガスに戻って予約してあったホテルにチェックイン。

ラスベガス滞在後半に予約したのは・・・・

トレジャーアイランド。
c0187779_4375673.jpg

以前は海賊をテーマにしたテーマホテルだったけど、最近はイメチェンで海賊はやめたらしい。



ラスベガスの大通りストリップ沿いのテーマホテルは大きい。
ここトレジャーアイランドの部屋数は2900室。
c0187779_4374323.jpg




毎日すべての部屋にお客さんがチェックインするわけではないけど、一家族3泊するとして、
毎日1000組がチェックインするわけです。
c0187779_4373234.jpg

ということでベガスのホテルはチェックインで大行列。
今回はなんと1時間待ち。
嫁とぼうやは車でDVDを見て待つ。。。が、あまりにもパパの帰りが遅いことにぼうやは心配になり、
海賊にさらわれたと思って泣いたらしい。



でっかいカジノがあるのはどこも同じ。
c0187779_4365599.jpg



部屋は26097号室。何桁あるんだよ・・・普通は201とか3桁くらいだろうが・・・
26階の97号室でした(各階に100部屋以上あるからトータル5桁)
c0187779_4371747.jpg



ベガスのホテルはどこも広い。ここは比較的高級なホテルだけど、それでも一泊1万円しない。
c0187779_4382032.jpg



今回トレジャーアイランドを選んだ理由は・・・
c0187779_336060.jpg

シルクドソレイユのショー「MYSTERE」の劇場がホテル内にあるから。



ベガスのホテルにはここ以外にもシルクドソレイユのショーが見れるホテルはあるけど、
c0187779_3354871.jpg




どこも子どもは5歳以上という制限がつく。
c0187779_3364469.jpg




ぼうやと一緒に見れるのはコレしかなかった。
c0187779_4362881.jpg




ショーの時間は90分(だったかな・・・)。
c0187779_4364141.jpg

最初は楽しそうにみていたぼうやも最後20分くらいは飽きちゃって・・・
なんとか色々なだめて最後まで見れたけど、3歳半の子供に90分のショーは長すぎるわ・・・

でも2歳半の時だったら、きっと30分もたたずに退場だっただろうから1年待った甲斐はあった・・・かな。




↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2013-03-07 07:20 | アメリカ | Comments(0)

面白い木

ルート66沿いの古いアメリカンな雰囲気を楽しんだ後は、ラスベガスを目指しキャデラックを走らせる。


途中であるものを見つけて寄り道
c0187779_4402053.jpg




見つけたのはヨシュアツリーという特殊な木。
c0187779_4403357.jpg

葉っぱが独特で面白い。



ここよりもっと西、ロスに到着する手前くらいには、この木が沢山生えていて、
ヨシュアツリー国立公園なんてのもあるくらい。
c0187779_441265.jpg



この付近のお土産屋では、この木の種がみやげ物として売られている。
c0187779_4415561.jpg



当然、ヨーロッパでも日本でも検疫で引っかかるので買わなかったけど。
c0187779_4424981.jpg



この木は一本だけ生えていて、すぐ横には民家があったから、そうやってお土産用の種が
植えられたものかもしれない。
c0187779_4461710.jpg




この木はだいぶ大きかったけど、もう少し小さい木と写真撮りたかったなぁ。
c0187779_444260.jpg



ぼうやが背比べをしているのは、小さいサボテン。
c0187779_4462982.jpg




こうして寄り道をしすぎたので、少し急ぎ目でベガスを目指す。


でも、ついつい車を停めて撮りたくなるような風景が・・・
c0187779_4443367.jpg

地平線まで続く送電線の鉄塔。





そうこうしている間に空は赤くなり・・・
c0187779_4452847.jpg




ラスベガスに着く頃には、すっかり暗くなっていたのでした。
c0187779_4454029.jpg

(前方はラスベガスの明かり)


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2013-03-04 03:21 | アメリカ | Comments(0)

王国半壊の引越し

ついに船便一回目を出しました。

船便前日の夜。家の周りを見回しても駐車許可(引越しのトラックが停められるように
他の車を駐車禁止にする標識)が見当たらない。

そういえばその前の週に、それらしき標識があったけど・・・
警察が日付を間違えていたんだろう。

ひょっとして引越しは延期か?っと引越し前夜の荷造り追い込みの手が弱まる。


当日の朝、引越し業者に「標識立ってませんけど?」っと電話したら、
「ああ、そうですか・・・まあ、もう手配してますし、なんとかしますよ。」
と軽いリアクション。

引越しのトラックは無理やり家の前に駐車して、引越しは決行。


突然家に現れて次々と家具をバラし、おもちゃを箱詰めするお兄さん達(現地の方)に慌てるぼうや。

生まれてからずっとぼうやはこの家で遊んでいたわけで、
c0187779_7575033.jpg



ぼうやにとっての王国
c0187779_73524.jpg



ぼうやのキッチンも
c0187779_556217.jpg


大量のミニカー達も一瞬にして梱包されてしまい、
c0187779_853626.jpg


王国が半壊の目にあったぼうやは引越しのお兄さん達に、
「なんてひどいことをするんだ!帰ってー!!」と
連呼していたんですが、、、日本語は全く通じることなく引越しは4時にはつつがなく終わったのでした。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2013-03-03 04:20 | ベルギー生活 | Comments(3)

ロバと遊ぶ

まだまだ続くルート66の旅。
c0187779_7593822.jpg


セリグマンを出た後のルート66はあまり見所の無い道が続く。


今回も懲りずにピーチスプリングスに立ち寄る。
ここは名前からしてカーズの’ラジエータースプリングス’のモデルだと思うけど・・・

この町には何も見るところが無い。古い町並みもないし。
c0187779_832756.jpg

ルート66の写真集でもピーチスプリングスはこのホテルレストランしか出てこない。



ちょうどお昼時だったので、このレストランに入ってみる。
c0187779_82164.jpg



ぼうや用のフィッシュ&チップス
c0187779_825422.jpg




お腹がいっぱいになったところでまたまたルート66を西に走る。
c0187779_845548.jpg




そしてたどり着いたのは1年前に偶然見つけた(と言ってもルート66沿いを走れば
確実に見つけられるけど)古びたガソリンスタンド。
c0187779_864316.jpg




ここでぼうやを解放。
c0187779_865681.jpg




ここは古い車が沢山おいてあるのでぼうやも大喜び。
c0187779_871412.jpg




一年前のカーズが大好きだった頃ほどのテンションではないけど、楽しそう。
c0187779_812145.jpg




車の横に自ら立ってポーズを決めるぼうや。
c0187779_8181525.jpg



このスタンドの店内はお土産屋になってます。
c0187779_8183750.jpg




赤い車はお土産屋の所有物。
c0187779_819162.jpg




1年前にぼうやが一番気に入っていた車。
c0187779_8202360.jpg

「メーターは本当にいるんだねぇ。」と一年前には言っていたのでした。


そのままどんどん進むぼうや。
c0187779_8204092.jpg



すると・・・


「あ!馬だ!」
c0187779_823174.jpg

いやいやアレはロバだけど・・・まあ、ほぼ馬だね。



モニュメントバレーで乗馬をしてから、馬がさらに好きになったぼうや。
c0187779_8234466.jpg

「おーい、馬さーん」


すると・・・


近寄ってきてくれた!結構人になついている。
c0187779_8235553.jpg



顔も出してくれたのでなでさせてもらう。
c0187779_824209.jpg



ぼうやもロバも嬉しそう。
c0187779_8243967.jpg




結構寒いのに、上着も着ないで、しばらくロバと遊んでいたのでした。
c0187779_8245495.jpg


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2013-03-02 09:18 | アメリカ | Comments(2)