ベルギーでの生活や、周辺国への旅行を写真を中心に紹介


by BelgianWaffle

<   2013年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

前回はもし次のチャンスがあれば・・・の記事。

今回は、その’次のチャンス’を使ったお話。


ラスベガスに向かう高速道路を途中で降りてルート66を走る。

目指すはセリグマンの町。
c0187779_23819.jpg




ウイリアムスの町とは違って完全に寂れた町。
c0187779_234159.jpg




1週間前に来た時にはクリスマス休暇でお店はことごとくお休みだったけど・・・
c0187779_232099.jpg




お目当てはこちらの床屋
c0187779_232929.jpg



一年前に来た時には、なんとなくぶらーっと立ち寄って、ぼうやに”カーズ”のおもちゃを買ってあげたお店。
c0187779_235233.jpg




お店にも町にも、我が家以外には誰もいなくて、やっぱり噂どおりルート66沿いのお店は瀕死の
状態なんだなぁと思って帰り際にお店のおじいちゃんとすれ違った。
c0187779_24240.jpg




ベルギーに帰ってから映画「カーズ」の特典映像を見たら、ここのお店が出てきて、
おじいちゃんがルート66の歴史のようなものを語っていたのでした。
c0187779_241130.jpg



あの特典映像に出ていたおじいちゃん本人とは全く気づかず、あっさりすれ違った我が家。
c0187779_242186.jpg

今年こそはおじいちゃんとぼうやのツーショットを撮るのが野望。


が・・・今年の店内は様子が違う。お店の前には大きな観光バスがバンバン止まり、
日本人観光客が次から次へとお店に押しかける・・・
c0187779_243166.jpg

あ、、、あれ?高速道路(I-40)が出来て旧道のルート66は寂れたんじゃなかったっけ?

我が家も含めて、有名人が好きな日本人は、かの有名なおじいちゃんのいるこのお店で、
(観光ツアーのコースに組み込まれているからかもしれないけど)大量にお土産を購入していくのでした。


あまりの混雑っぷりにぼうやは一時退散。
c0187779_244197.jpg




まわりにおいてあるカーズの雰囲気をかもし出すクラシックカーを眺めて、店内の人がはけるのを待つ。
c0187779_245239.jpg



このごちゃごちゃした感じがアメリカン(と勝手に思い込んでいる)
c0187779_2362857.jpg




さびた車がおいてあることが絵になるのも、ルート66独特な気がする。
c0187779_2364860.jpg



一年前のぼうやとは違って、車への興味はだいぶ薄れているけど・・・
c0187779_2364957.jpg



ルート66の雰囲気をぼうやもぼちぼち楽しんだみたい。
c0187779_2371421.jpg



次々と観光バスが到着して、なかなか人が絶えないけど・・・
ちょっと少なくなったスキをついて店内へ。
c0187779_2375496.jpg




そして”かの有名なおじいちゃん”に写真をお願いする。
c0187779_2375657.jpg



このおじいちゃん、映画カーズの特典映像で熱く語っています。
c0187779_2382021.jpg



こうして、もう一度チャンスがあったら!の野望を無事に達成したのでした。

↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2013-02-27 04:05 | アメリカ | Comments(0)
極寒のフラッグスタッフを出て高速道路を走る。
c0187779_2532136.jpg



フラッグスタッフからラスベガスへ向かう高速道路沿いに、古いルート66が残っている。

今回もそんなルート66を寄り道しながらベガスへ目指す。
c0187779_2532388.jpg




今回最初に立ち寄ったのはウイリアムスの町。
c0187779_254068.jpg




とっても分かりやすくルート66をアピールしてある。
c0187779_2542128.jpg



ホテルの看板にもルート66の標識。
c0187779_2545129.jpg



こっちもカフェ66
c0187779_2551749.jpg




クラシックカーも飾ってあって、雰囲気出てる。
c0187779_255531.jpg




メニューの看板もルート66の関連標識だらけ
c0187779_2571643.jpg



ガチガチに凍りついたルート66を走ると


木彫りの人形だらけのお店
c0187779_2574980.jpg



アメリカンな雰囲気のステーキハウス
c0187779_2582583.jpg




そして昔の町並みを再現した広場
c0187779_2594673.jpg



寒いし雪だらけで誰もいなかったけど・・・
c0187779_2595412.jpg




こんなところでステーキ食べながらビール飲んだら楽しいだろうなぁ。
c0187779_303213.jpg



ここの町なら1泊2泊しても楽しいだろう。
c0187779_322736.jpg




このアイスクリームショップにあった
c0187779_37501.jpg




雪に埋もれたクラシックカー
c0187779_344534.jpg




ナンバープレートがアイスクリーム。これ本物かな・・・スペルもちょっと違うから
お土産用ではなさそう。
c0187779_364185.jpg



そんなに大きくはないけど、いままで見たルート66沿いの町の中で一番賑やかで
楽しそうなウイリアムスの町。もしいつかこの辺りへ行くチャンスがあれば、
是非とも泊まって楽しんでみたいと思える町でした。
c0187779_381739.jpg



↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2013-02-26 09:02 | アメリカ | Comments(0)

引越し準備

ついに来週は船便第一便を出します。

そのためにこの土日はずっと荷物の整理。

どうせぼうやの熱もまだまだ下がらないし、外は雪だし、出かけても特にやることはないけど・・・

来週くらいは出かけたいなぁ・・・
by BelgianWaffle | 2013-02-25 02:44 | ベルギー生活 | Comments(4)

元旦の朝

フラッグスタッフの朝。この日は2013年1月1日。
我が家はここで年を越したのでした・・・


車に行くと・・・完全に凍り付いている。
c0187779_739501.jpg




気温は1度。でも1℃ではない。摂氏ではなく華氏。温度換算がややこしいので、
手書きで換算表を作っておいたのに・・・
念のためにマイナス15℃まで作ったのに・・・その換算表で出てこないほどの寒さ。
c0187779_740224.jpg

1°Fは摂氏だとマイナス17℃。寒すぎる。



この寒さだと高級なキャデラックのレザーシートがあだになる。
ぼうやが乗る前に街を走って暖気。
c0187779_7401146.jpg

さすがにキャデラック。シートヒーターとステアリングヒーターがあるから結構助かる。



車が暖まったところで、ホテルをチェックアウトして出発。
c0187779_7372827.jpg

少しだけフラッグスタッフの街をドライブ。


標高の高いフラッグスタッフの路地裏は、雪が何層にも固まったガチガチ。
c0187779_7374299.jpg




ここもルート66の一部だけあって、少し古い町並みも残っている。
c0187779_7375438.jpg



元旦だけにお店はほとんど閉まっていたけど、唯一営業していたカフェ ピクルスに入る。
c0187779_7385167.jpg



アメリカの朝食はことごとくタマゴが入ってくる。唯一タマゴが無かったホットドッグを食べるぼうや。
c0187779_738366.jpg

元旦的な気分は全く無し・・・


このお店、巨大ホットドックを食べると・・・ホットドック無料+Tシャツかぼうし+壁に写真・・・らしい。
c0187779_7382065.jpg

2名ほど屈強そうなおじさんの写真が貼ってありました。。。



食事の後は早速出発。この日のうちにラスベガスに戻らねば。

ルート66に沿ってラスベガスへ出発。
c0187779_7391964.jpg




7年前にフラッグスタッフに来た時に見かけた蒸気機関車。当時はそこがルート66とは知らずに
走っていたのでした。
c0187779_7393749.jpg



フラッグスタッフは通産5回くらい来ているのに・・・初めて町並みを見たのでした。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2013-02-25 02:32 | アメリカ | Comments(0)

絶景ドライブ

夜景は撮れなかったものの、ぼうやの乗馬撮影を堪能し、モニュメントバレーを後にする。


モニュメントバレーも絶景だけど、その周辺もまたなかなかの絶景。
c0187779_4564726.jpg




今年は雪景色だったし。
c0187779_4571535.jpg




この辺りは既に何度も走っているので、懐かしい景色に出くわすこともしばしば。
c0187779_4573537.jpg

ここは一年前も気になった場所。



映画「カーズ」で出てくる岩にそっくり。
c0187779_4575195.jpg




そのふもとにある独特な風車。
c0187779_458267.jpg

このタイプの風車はアメリカとオーストラリアでしか見たことがないけど、
荒野にぽつんとあるとなかなか絵になるので好きなんです。


その後も映画に出てくるような風景が続く。
c0187779_50589.jpg




しばらく走るとすぐに雪がなくなる。
c0187779_51113.jpg




そしていつも通る度に思い出す不思議な二本の角。
c0187779_513323.jpg




延々と続く絶景の中をだらだらと走る贅沢なドライブ
c0187779_4581533.jpg




地平線まで続く送電線
c0187779_4583153.jpg



ここで左に曲がるとインディアンの遺跡。
c0187779_515849.jpg

さすがにこの日は立ち寄らず。


そして見えてくる見慣れた風景。
c0187779_4585634.jpg

この山の上にこの日の宿フラッグスタッフがあります。



こうしてフラッグスタッフに向かうのは既に3回目か、4回目か・・・
c0187779_459334.jpg

もう、わからなくなるくらいに何度も行っているのに、全く飽きない絶景と夕焼けの
ドライブを楽しんだのでした。



↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2013-02-21 08:21 | アメリカ | Comments(2)

人生二度目の乗馬体験

モニュメントバレーのバレードライブを終えて、ジョン・フォード ポイントに戻る。


ついに係りのお兄さんが出勤されていたので、さっそく馬の背中での写真撮影をお願いする。
c0187779_8251077.jpg

ぼうしは小道具。


今年こそぼうやを馬に乗せて写真を撮るという野望がついにかなった・
c0187779_825238.jpg

スリーシスターズの岩を背景の一枚。



ぼうや、人生二度目の乗馬。
c0187779_825419.jpg




一度目は移動遊園地の生メリーゴーランド。乗馬して1分で怖くなって硬直し続けたぼうや。
c0187779_826797.jpg

アレから1年半。成長したぼうやは馬の上でも余裕の笑顔。


さて、ここまでのコースが5ドル。単に止まった馬の上で写真を撮るだけ。

さらにここから15ドル追加で、少しだけ歩けるという。
それは面白そうだ!ということで追加コースにまんまと申し込む。
(日本人はこうやってカモられるんだろう・・・)


係りのお兄さんがヒモを持って、馬は出発。
c0187779_8262265.jpg

数十メートル先の小屋まで歩く。


そして向きを変えて、またもとの位置に戻る。たったそれだけ・・・
c0187779_8263176.jpg




帰りはお兄さんは前を歩くだけ。ヒモはぼうやが持って、まるでぼうやが乗馬しているみたい。
(実際そうなんだけど・・・)
c0187779_826482.jpg




ぼうやのこの余裕の表情
c0187779_8265248.jpg




馬はすごくゆっくり歩くので、全く怖くもないし、ゆっくりと楽しめる。
c0187779_827899.jpg




そして、ぼうやは馬がさらに好きになり、最後まで名残惜しそうに馬たちを眺めていたのでした。
c0187779_8305629.jpg

たった10分程度の短い乗馬コースでトータル20ドルというのは、完全にぼったくりだけど・・・
あの背景で乗馬しているぼうやの撮影をすることを思えば全く納得の値段。

ぼうやも「また、馬さんがいたら乗ろうか?」と言い出すほどに気に入った様子。



ジョンフォードポイントを過ぎると、後はビジターセンターまで一本道。
c0187779_8273237.jpg

右手に見えるメリック・ビュート。

このビュートのふもとに見える面白い岩。


上から転がってきて、途中でバランスを取って止まったように見える。
c0187779_8273626.jpg

1年前に上手く撮れなかった面白い岩の写真を撮り、モニュメントバレーを後にしたのでした。


これで人生で4度目(あれ?5度目か?)のモニュメントバレーは終わり。
何度きてもここの風景はすごい。1年間には帰りに「もう二度とここには来ないかも・・・」と思ったのに・・・
果たしてもう一度ここに来るチャンスがあるのか・・・今度こそ本当に最後なのか。

おまけ
乗馬動画


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2013-02-19 09:33 | アメリカ | Comments(2)

過去最高の風景

モニュメントバレーの朝。


前の日と同じく曇り・・・
c0187779_2303144.jpg

(ロッジの部屋からの眺め)



でも空の反対側は、雲が晴れてきている。
c0187779_2354844.jpg




ロッジは一泊だけなので、この日はそのままチェックアウト。
c0187779_2361487.jpg

ぼうやが出発準備を整えている間に一人で車で下見にでかける。


空はだいぶ晴れてきたけど、道路は夜の間に降った雪で覆われている。
c0187779_2364799.jpg




ひとまず公園の入り口まで行って、ぼうやを迎えにロッジへ引き返す。
c0187779_237934.jpg




ぼうやを連れてロッジをチェックアウト。そしてモニュメントバレービジターセンターに着いた頃には・・・
c0187779_2373067.jpg

晴れ!


一年前と全く同じパターン。初日の夜は曇るけど、二日目には晴れる。
c0187779_2374474.jpg




でも、今年は雪がさらに多くて綺麗。
c0187779_2375367.jpg



ジョン・フォード監督が映画「駅馬車」を撮影を行ったジョン・フォードポイント
c0187779_2381335.jpg




ここにはいつも馬がいて、乗馬ツアーとか馬に乗って撮影とかをやっているけど・・・
c0187779_238598.jpg

この日は無人。馬が沢山いるだけ。


ひとまず雪のバレードライブへ出発。


車輪の中心のようなThe HUB。
c0187779_2384621.jpg

雪景色と、バレーの赤い土と、青い空が綺麗。



ぼうやも放流。ここに来るのは2回目。でもぼうやがこの地に足をつけるのは初めて。
一年前のぼうやはここでずっと寝ていたから・・・
c0187779_2385934.jpg




不安定そうな岩「The Cube」。ぼうやは支えているフリ。
c0187779_239109.jpg




雪景色のトーテムポール。
c0187779_2392153.jpg

モニュメントバレーに来るのは4回目だけど・・・今回は雪のお陰で過去最高の景色。



またまた面白い形の岩でぼうやを放流。
c0187779_2393225.jpg



雪がたまっている場所ではしゃぐぼうや。
c0187779_2395064.jpg

おかげで靴からズボンから雪だらけ



絶景にたたずむキャデラック。こういう場所ではアメリカンなSUVが良く似合う。
c0187779_23101228.jpg




今回はぼうやが寝てしまわないようにちょいちょい車から降ろす。
c0187779_23102466.jpg



モニュメントバレーでもトップクラスの絶景 アーティストポイント。
c0187779_23104221.jpg




1年前、この風景でぼうやが撮りたくて、お昼寝中のぼうやをたたき起こしたのでした。
c0187779_23105516.jpg



次のぼうや放流ポイントはこちら。
c0187779_23124233.jpg

ブーツの形をした面白い岩。正式?名称はThe Thumb(親指)


さっそく駆け出すぼうや。
c0187779_23111741.jpg




そしてそのまま丘に登りだす。ええ?ここ、、、登っていいのか?
c0187779_23113148.jpg




この公園もネイティブアメリカンの人の領地。しかもここは聖地。
ぼうや・・・怒られる前に降りよう・・・
c0187779_23114554.jpg



でも、ここからの眺めは結構良い。
c0187779_2312077.jpg

バレードライブのコースが見える。



最後にはノース・ウインドウ。窓からの風景写真のように見えるかららしい。
c0187779_23121471.jpg



手袋のヒモが引っかかったぼうや、。
c0187779_23125517.jpg



こうして一周約2時間のバレードライブを(4週目にして)ついに堪能したのでした。
  一回目:時間が遅いので、途中で引き換えす(ぼうやのお腹が減る前に)
  二回目:途中でぼうやが寝る。(オフロードの揺れにより)
  三回目:またまたぼうやが寝る。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2013-02-18 02:43 | アメリカ | Comments(1)

Gouldings

2年連続での訪問となったモニュメントバレー。

宿は1年前と同じ、Gouldingsロッジにしました。
公園内にあるビューホテルは、景色はよさそうだけど、夜は車で出かけられないので、
星空とモニュメントバレーの撮影ができないと思ってわざわざ、少し遠い場所にしたんですが・・・


数年前まではモニュメントバレーで唯一のホテルであったここ。
老舗の割には客室はリニューアルされてすごく綺麗だし、スーパーやガソリンスタンドも
経営して手広くやっている。


一応ここからもモニュメントバレーの奇岩は見えるし。
c0187779_65981.jpg



ちょっと遠いけど、綺麗な風景
c0187779_6595228.jpg




さらにホテルの敷地内には博物館まである。
c0187779_658569.jpg




一年前はぼうやの世話で手一杯で、この博物館の存在には気がつかなかった。
c0187779_6592197.jpg




入ってすぐは昔(ホテルが作られた当初?)の雑貨屋。
c0187779_713675.jpg



そしてモニュメントバレーといえば沢山の映画が撮られた場所でもあるので、その映画関係グッズの展示。
c0187779_72067.jpg




知っている映画では「バックトゥーザフューチャーIII」くらいだったけど・・・
c0187779_722622.jpg



さらにこのホテルを建てた夫妻の居住部分も。よくこんな荒野の真ん中でホテルをやろうと思ったものだ・・・
c0187779_723844.jpg




博物館の前には、ちょっと古い車なんかも展示されている。
c0187779_712420.jpg




馬車かな!?
c0187779_71484.jpg




優雅に手を振るぼうや。
c0187779_705168.jpg



ぼうやの成長のおかげもあって、1年前よりはゆっくりロッジの設備を堪能したのでした。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2013-02-17 04:53 | アメリカ | Comments(0)
今から10日前の木曜日。

ぼうや、突然の高熱。


先週の土曜日

いつまでたっても熱が下がらないので、サンリュックで診察。
インフルエンザの判定で、解熱剤をもらう。
日曜日か月曜日には熱が下がる予定。


火曜日

まだまだ熱が下がらないし、体中に湿疹がでるので、別の医者に往診に来てもらう。
結果、溶連菌感染症と言われ、抗生物質をのみ始める。
インフルは誤診。症状から言ってもインフルじゃなさそうだし。


木曜日

それでも熱が下がらず、さらに別の小児科へ。
おじいちゃんの先生は、うーんと悩んで、「溶連菌ではないと思う」。
でも、何かは分からないので、「血液検査をしましょう」。

で、、、血液検査をしに、ぼうや生誕のエディットキャベルへ。
少し時間が遅かったので、時間外の受付で待つこと2時間。
看護婦さんが登場して「え!血を抜くだけ?」。
そう思うんだったら、先にやってくれればいいのに。。。
分析には時間がかかるので結果は分からず。


金曜日

おじいちゃんの先生の診察再び。
注目の血液検査の結果は・・・「うーん、今のところ何も出てないね。溶連菌でも川崎病でもないよ。
あと一つ結果が出るのに時間がかかるやつがあるから、それかもね」
金曜日からぼうやの熱がやっと下がり始め、それを見た先生は「良くなってはいるね」と・・・


結局
 インフルエンザ→誤診
 溶連菌→誤診
 原因は不明のまま。

ぼうやの1週間以上にわたる闘病はほぼ終わり、熱が下がったぼうやは元気いっぱい暴れ始めています。
でも、体中の湿疹によるかゆみがもう少し続きそうです。


c0187779_2095576.jpg

長かった・・・


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2013-02-16 20:44 | その他旅行記 | Comments(2)

2年連続

不吉な予感を胸に到着した場所は・・・


モニュメントバレー
c0187779_5124765.jpg




ここは一年前のアメリカ旅行で、‘唯一‘空が曇りで夕焼けも夜景も撮れなかった場所。
c0187779_5131683.jpg




そのリベンジとして、懲りずに来たのに・・・
c0187779_5134134.jpg




また曇り。しかも寒いし。
c0187779_51481.jpg




公園内(有料)のオフロードの道を走るも・・・
c0187779_515977.jpg




これまた1年前と同じくぼうやは撃沈。心地よいゆれが眠りに誘うんだろう・・・
c0187779_5173984.jpg




ということで曇って寒いオフロードコースをとにかく走る。
c0187779_5194964.jpg




一年前も少しは雪があったけど、今回は完全に雪景色。
c0187779_520522.jpg




そして今年も車が赤い砂で汚れる。
c0187779_5241551.jpg

手垢がついている部分にだけ赤い土がこびりつく。



フラッグスタッフの大雪で、車が塩まみれになったため、ページの街で洗車までしたのに、また汚れた・・・
(レンタカーを自分で洗車したのは初めて)
c0187779_531310.jpg




アメリカでは、ヨーロッパより天気がいいからか、ピカピカの車が多いから(特にキャデラックなんて)、
薄汚れていると目だつ。
c0187779_529563.jpg




そんなことを気にしながら、モニュメントバレーのバレードライブを楽しんだのでした。
c0187779_5312553.jpg



結局、これだけの厚い雲が夜に晴れるわけも無く・・・
モニュメントバレーの星空撮影という、野望は2年連続で砕け散ったのでした。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2013-02-11 06:23 | アメリカ | Comments(0)