ベルギーでの生活や、周辺国への旅行を写真を中心に紹介


by BelgianWaffle

<   2012年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ヴェーヴ城へ

ぼうやとの二人旅のお話の続き。


巨人の墓で二人でお弁当を食べた後に目指したのが・・・
c0187779_2533498.jpg

いかにもヨーロッパのお城という形のヴェーヴ城。


1年前に来た時には、大雨だったので、晴れた日に一度このお城へ来てみたいと思っていたのでしたが・・・
c0187779_249328.jpg




午後だと逆光なのね・・・
c0187779_253547.jpg

狙っていたような写真は撮れず。。。



せっかくなのでお城の中にも入ってみる。
c0187779_2555613.jpg




お城の中は1年前に来た時に見ているので、別にさほどの興味はないけど・・・
c0187779_2572464.jpg




ぼうやは全く興味もないので、スタスタと進んでいく・・・・
c0187779_2574491.jpg




お城の窓からの眺め。お城は完全に山に囲まれてます。
c0187779_2585051.jpg




ぼうやにせかされて早々に外へ。
c0187779_2593883.jpg

ぼうやとヴェーヴ城の記念撮影。



逆光だったけど、なんとか晴れた日のヴェーヴ城での撮影を楽しんだのでした。
c0187779_301435.jpg



↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2012-09-30 19:29 | ベルギー観光編 | Comments(4)

ベルギーで最高の風景

すでに3ヶ月くらい前のことですが・・・ぼうやと二人きりで遠出した時のこと。

ぼうやを誘ってダチョウ牧場へ行くことにしました。

車に乗って出発して10分で撃沈したぼうや(車の振動で心地よい眠りに・・・)


天気も良いし、ぼうやも寝てるし、、、これは・・・チャンス!
前から行ってみたいと思っていたあの場所へ・・・


目指すはベルギー南部。この辺りには独特の灰色の石を使った家が立ち並びます。
c0187779_4353055.jpg




ついた場所はここ。
c0187779_432796.jpg

このベンチの向こうには・・・


こんな絶景
c0187779_4305714.jpg




ここはベルギーの南部、Botassartという小さな町の近くにある丘。その名も「巨人の墓」
c0187779_4312250.jpg

蛇行した川とその真ん中に小さな山?という不思議な光景。




まずはここでぼうやとお弁当を食べるというのが狙い。
c0187779_4315147.jpg

ブリュッセルからここまでは車で約2時間。結構遠いんです。


ダチョウを見に行くと思っていたぼうやは、「ダチョウはどこ?ここは何?」っと
不思議そうにしてましたが・・・


ベルギーの中でもトップクラスの景色を眺めながらのお弁当。
c0187779_4331088.jpg

これが始めて二人だけで外で食べるお弁当。
ちょこまか動き回る3歳児と外でご飯を食べるのは・・・結構大変。




食後にはちょっとお散歩
c0187779_4324921.jpg




車内で2時間、充電をしたぼうやの体力は十分。
c0187779_433467.jpg

食後にあまり走らないで・・・



ここはこの景色以外には何もない。ベンチに座ってのんびりこの風景を眺めるしかやることが無い。
c0187779_4342548.jpg




ダチョウに会うのを楽しみにしているぼうやの為に、次の目的地に向かって出発したのでした。
c0187779_4363088.jpg




↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2012-09-26 07:08 | ベルギー観光編 | Comments(4)
もう2ヶ月くらい前のことですが・・・


ブルージュで観光用ボートに乗ってみました。



3年前に初めてブルージュに来た時には馬車に乗たんですが、、、ボートは未経験。
c0187779_440252.jpg

ボートでの観光はブルージュの目玉・・・のはず。



出発直前の最後の数席に座ったので、一番前の席を確保。
c0187779_4404446.jpg




ぼうやはママのひざに乗って出発です。
c0187779_441689.jpg




天気の良い日だったので、どのボートもお客がいっぱい。
c0187779_4413413.jpg




見慣れた景色をいつもよりちょっと低い視線で観光。
c0187779_4421652.jpg




この辺からが面白い。橋をくぐったり。。。
c0187779_4422920.jpg





ガイドのおじさんの、かなりなまった英語の解説を聞きながら進みます。
c0187779_443080.jpg




おじさんお勧めの写真スポット。建物と教会の尖塔2つが1度に見れる。
c0187779_4435954.jpg

かなり手前からおじさんが、「もう少しだ、もう少しでベストポイントだ!」っと教えてくれるんですが・・・
うーん、やっぱり低い視点からだとこのくらいが限界だわ。



途中でUターンして、今度は逆方向へボートは進みます。
c0187779_447576.jpg






このボート観光で聞いた話で一番面白かったのが・・・
c0187779_1353743.jpg




ブルージュを舞台にした映画があるってこと
c0187779_13572361.jpg




この犬も映画に出たらしく、わざわざムービースターとして紹介されてました。。。
c0187779_13585476.jpg




この建物からはコリンファレルが映画の撮影で何度も飛び込んだ・・・らしい。
c0187779_4511770.jpg




その映画のタイトルは英語で「in Bruge」。
c0187779_13592113.jpg

日本では未公開・・・

セルDVDも無し・・・

唯一日本語でみる為手段は、ツタヤのネットレンタルだけみたいです。

色々探して見てみましたが・・・確かに見覚えのある景色がいっぱい。
でも英語なんでストーリーはさっぱり分からず。日本に帰ったらレンタルしてみようかなぁ。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2012-09-25 05:58 | ベルギー観光編 | Comments(0)
すでに3ヶ月ほど前の話ですが・・・

こっちにきていたばあちゃんと一緒にアントワープ観光へ。


でも、出発前にどうしても三輪車に乗りたかったぼうや。
三輪車で(アントワープまで)行くと言って聞かず・・・

仕方なく三輪車も車に乗せて出発。


駐車場を出るなり、早速三輪車に乗るぼうや。
c0187779_2363249.jpg

今回はそんな三輪車で行くアントワープの旅です(ぼうやだけだけど)



停めた駐車場の横にボートの博物館を発見。
c0187779_2365077.jpg




色々なボートを楽しむぼうや
c0187779_2371948.jpg




巨大なイカリの横で決め顔のぼうや
c0187779_2374765.jpg




スティーン城のすぐ横にあります。
c0187779_435192.jpg




次はいままで気になっていて、一度も入ったことのなかったスティーン城内部へ
c0187779_444695.jpg




内部には水をテーマにした展示があるみたいでしたが・・・
c0187779_461623.jpg




正直よく分からん。お城の風情みたいなものは全くないし。
c0187779_454690.jpg




さらに三輪車に乗って進みます。
c0187779_463629.jpg




そしてアントワープの一番の目的地、大聖堂を目指します。
c0187779_47028.jpg




途中で市庁舎のある広場へ
c0187779_471258.jpg

噴水を眺めるぼうや



観光用の馬車に手を振る。
c0187779_475429.jpg




ぼうやとアントワープの市庁舎。
c0187779_483414.jpg




さらに三輪車で大聖堂を目指す。後ろには見つけた石を搭載。
c0187779_492426.jpg




そして大聖堂に到着
c0187779_4104386.jpg

この三輪車を持ったままでは大聖堂には入れないかと思ったら、、、
大聖堂の中に置かせてくれた。もちろん中で乗るわけにはいきませんが・・・



観光パンフレット片手に絵を眺めるぼうや。
c0187779_493979.jpg




ぼうやがここに来るのはすでに何回目でしょうか・・・
c0187779_495663.jpg




来るたびに成長しているぼうやは、いままでとは違った視点で大聖堂を楽しんでいるようです・・・
c0187779_4102523.jpg




大聖堂を出て、またまた三輪車で旧市街を激走するぼうや
c0187779_4114465.jpg




今回もショーウインドーで寝ている猫に挨拶をして・・・
c0187779_4133258.jpg




ぼちぼち帰る時間です。
c0187779_414649.jpg




川沿いの道を楽しく走って
c0187779_448183.jpg




いつもどおりアイスクリームを食べてぼうやはアントワープを楽しんだのでした。
c0187779_449619.jpg


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2012-09-16 05:55 | ベルギー観光編 | Comments(0)
またまた夏が戻ってきたこの週末。

ブルージュへ行ってきました。


目的地はここ。
c0187779_79299.jpg

いかにもベルギーらしい建物が並ぶブルージュの旧市街。
一番右の建物に入ります。


中は壁に絵が飾られた部屋。そこになぜか手袋を咥えた犬。
c0187779_6241616.jpg




そしてその部屋の片隅に無造作に置かれた見覚えのあるマシーン。
c0187779_5464616.jpg

最近見かけることが増えてきた一人乗りの乗り物セグウェイ。


色々な観光地でこのセグウェイに乗るツアーを見かけては「いいなぁ」っと思っていたんです。
でも、ぼうやはさすがに乗れないので、一人で行けて(会社の同僚と一緒だけど)、
観光も楽しめる街ということで、ブルージュのセグウェイツアーに参加してみました。



一台7000€(70万円)もするらしいです。
c0187779_623267.jpg




まずは15分くらいかけて乗り方の練習。
でも20人のツアー参加者で、インストラクターがたったの3人。
順番回ってくるまで13分待ちました(女性の参加者から優先的に練習開始、
数少ない野郎の参加者は後回し)

見た目前後のバランスが悪そうなので、ちょっと怖いですが。。。すぐ慣れます。


そして、あとはインストラクターについて一列で、世界遺産の街ブルージュの観光へ出発。

練習が2分もなかったこともあって、最初はついていくのに必死。
天気が良かったこともあって街には人が多いし・・・


有名なスポットに来ると、一旦停止してガイドさんのやたらとなまった英語で名所解説と
写真撮影。

セグウェイ乗っている間は写真やムービーの撮影は禁止なので、時々止まった時に
ガイドさんが自分のカメラで取ってくれます。


池のほとりのお城(ガイドのチャーリー撮影)
c0187779_5475688.jpg




2時間のツアーで唯一セグウェイから降りて観光したベギン会修道院。
c0187779_5481822.jpg

ここに来たのは3年半前にブルージュ馬車ツアー以来。懐かしい。



運河沿いでガイドの説明を聞いているとボートの人から写真を撮られるセグウェイ一行。
c0187779_6193652.jpg




1時間も経つと、もうセグウェイの運転は思うがまま。余裕もあるのでちょっと撮影。
c0187779_6212119.jpg




今回のツアーは2時間で50€。馬車とかの観光よりも面白いし、気持ちいいし、、、
これすっごい楽しい。
c0187779_6255657.jpg

どうもブリュッセルやパリにもあるそうで・・・また、やりたいなぁ。


セグウェイって自転車で結構頑張って漕いでいるくらいのスピードが出るので、
それで2時間もブルージュをめぐると相当な範囲が観光できちゃいます。


かつて体験したどの乗り物系ツアーの中でも一番の楽しさでした。
(馬車とかボートとかゴンドラとか・・・それよりも楽しい)


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2012-09-11 07:26 | ベルギー観光編 | Comments(2)

ローテンブルグお散歩

夏休みのオーストリア・チェコ・ドイツ旅行記の続き



ローテンブルグの旧市街を元気に歩くぼうや
c0187779_2301658.jpg




その横をを颯爽と走り抜けるBMW X1(黒い車)
c0187779_2293423.jpg

左手にあるのが何度も通った日本食。



このBMW、横を通り過ぎる時にわざわざ急ブレーキで止まって、
降りてくるなり「この子の写真を撮らせてくれ!」

ええ?そのためにわざわざ車停めたの?
道の真ん中で?


そうしてぼうやの撮影会
c0187779_228416.jpg




ほらほろ見てごらん!っとおじさん(右のおじさんがご当人)
c0187779_2291385.jpg

なんだったんでしょう・・・




街の真ん中の広場
c0187779_2303254.jpg



お昼ごはんを食べた後に広場に戻ると、すごい人だかりになってました。
c0187779_2351171.jpg



どうも仕掛け時計が動く時刻だったらしい。そんなことガイドブックに書いてあったかな?
c0187779_2282390.jpg





プラハにある天文時計もこういう仕掛けがあったけど、ここのもやっぱりそれほど
人が集まるほどのものでは・・・
c0187779_236511.jpg




ローテンブルグは城壁に囲まれた街。
c0187779_2371943.jpg




街の端まで歩くといまでも残ってる。
c0187779_237341.jpg





城壁に上って記念撮影。キリっとした顔のぼうや
c0187779_2381466.jpg




こうしてローテンブルグでのお散歩を楽しんだのでした。
c0187779_2401119.jpg




↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2012-09-10 04:30 | ドイツ | Comments(2)

猫にやられる

ローテンブルグで出会った動物編


すごく大人しい犬を触らせてもらうぼうや。
c0187779_1534347.jpg

今回の旅行では小さな旧市街ばかりを回ったため、観光客に触られる動物達に沢山出遭ったぼうや。
ひと時あった犬への恐怖心もだいぶ無くなった時に事件が・・・



ローテンブルグの日本食屋へ向かう途中。
c0187779_1555514.jpg

ちょっと狭い路地を通る。




そこで猫ちゃんを発見
c0187779_20198.jpg




飼い猫なのか、単に人になれているのか、あまりぼうやを警戒しない。
c0187779_203665.jpg




おとなしく座っているので、そーっと近づいて。。。
c0187779_225036.jpg




触ってみても、全く気にしない猫。
c0187779_265518.jpg




お!こりゃいけるじゃんっと思ったぼうや。
c0187779_272610.jpg

めったに触わせてもらえない猫の感触をたっぷり楽しむ。

5分くらいなでまわした後でしょうか・・・・


ぼうやがさらに背中をなでた瞬間・・・
c0187779_2112710.jpg




実はイライラの頂点に達していた(ってほどでもないと思うけど)猫の猫パンチが炸裂
c0187779_213555.jpg




すっかり仲良し気分で遊んでいたぼうやは、急な猫の反撃に完全に心が折れ・・・
c0187779_2133818.jpg

(右手をちょっとひっかかれた。この後は号泣)



立ち直るのにかなりの時間を要したのでした。
c0187779_214987.jpg



やっと機嫌が直ったぼうや。
c0187779_2142425.jpg

あの事件以降、猫と遭遇してないので、ぼうやが猫嫌いになったのか、
懲りずに触ろうとするのか・・・次回が楽しみです。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2012-09-06 07:12 | ドイツ | Comments(4)

メルヘンな夜景

ドイツ ローテンブルグの夜景を紹介

古い町並みが残るローテンブルグ
c0187779_7174466.jpg




今回もぼうやが寝た後で、三脚かついで夜景撮影に出撃
c0187779_7175926.jpg




夜になると、お店もやっていないので、誰もいなくなる。
c0187779_7181279.jpg




電気がついているところもお店は営業を終わって片づけ中。
c0187779_7185166.jpg




町の広場にはさすがに人がいましたが・・・それでもちらほら
c0187779_7194079.jpg




ローテンブルグで一番有名な場所の夜景
c0187779_7201756.jpg

こうやって人がほとんどいなくなっても全く危ない感じがしないのがドイツの良いところ。

この日も撮影していた30分くらいの間に、パトカーに3回も遭遇。
ちゃんと警察が働いているのが治安の良さの秘訣?



二泊目の夜は少し明るい時間を狙って撮影。
c0187779_7205945.jpg




この直後に雨が降ってきたので撮影は中断。
c0187779_7222595.jpg



とは言え、実際にこれ以上に撮るところがさほどあるわけでもない、小さな街の夜景を楽しんだのでした。

↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2012-09-04 07:34 | ドイツ | Comments(1)

メルヘンの世界

夏休みのチェコ・オーストリア旅行記の続き。


チェスキークルムロフの観光を終えると、ベルギーへ向かいます。
が・・・チェコからベルギーまでは約800キロの道のり。
車で8時間くらいかかる。3年前はぼうやがまだ寝たきりの赤ちゃんだったので直接ベルギーまで
帰ったけど、3歳になって走り回りたいぼうやを8時間も座らせておくのは難しい。


ということで、行きと同様に途中で一旦泊まって帰る行程。


そうしてやってきたのは中世の町並みそのもののローテンブルグ(ドイツ)
c0187779_1105711.jpg



いままでも来たいと思っていながらなかなか来れないでいた町。
c0187779_1144218.jpg




うわさどおり絵本に出てくるようなメルヘンチックな町並み
c0187779_1173252.jpg





そんなメルヘンな雰囲気に便乗したのかホテルの部屋にも巨大なクマのぬいぐるみが常設。
c0187779_183185.jpg




ここにはテディベアの専門店があって、入り口には巨大なクマのぬいぐるみ。
c0187779_1174525.jpg




すごく小さな町ですが、ぼうやと一緒にのんびり観光するためにここで2泊します。
c0187779_119189.jpg




到着した日はあいにくの雨。
c0187779_119148.jpg

今回の旅行では本当に雨にたたられました。


雨が止んだ一瞬の隙を突いて買い物と観光です。
c0187779_1201913.jpg




ドイツでも人気の名所だけあって、天気が悪くても人が沢山。
c0187779_1205857.jpg



日本人もいっぱい来るようで、こんな看板も。
c0187779_1211515.jpg

このお店の店員には日本人はいないようでしたが、日本人がやっているお土産屋も多いし



日本食屋(日本人経営)も一軒だけあります。
c0187779_1213034.jpg

この写真の人が歩いているあたり。



お土産屋さんもあまりべたな観光地のお土産(絵葉書とか置物)ではなくて、
みているだけでも結構楽しい。
c0187779_123869.jpg




なんだか恐ろしく高級なぬいぐるみを売っているシュタイフの大きなお店もあるし。
c0187779_1243250.jpg

そのお店の二階からシャボン玉を吹くクマ形マシーン。




他にもナイフのお店とか、独特なフランケンワインのお店やら
c0187779_1233888.jpg





去年の夏休みに工房を見に行ったザイフェンの木のおもちゃの巨大店舗もあったし。
c0187779_1412637.jpg




すごく小さな町だし、特になにもやることがあるわけではないけど、
c0187779_1421080.jpg




こうやってぶらぶらと散歩するのが楽しい。
c0187779_142257.jpg



道も細いからあまり車も来ないし。
c0187779_1241955.jpg



まずはローテンブルグの町並みをざっと楽しんだのでした。
c0187779_1423784.jpg




↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2012-09-03 02:14 | ドイツ | Comments(1)

謎の関取の銅像へ

とある晴れた日曜日の午後。


ぼうやを連れて近所の公園へ
c0187779_2515622.jpg




大好きな鳥達のところへ走るぼうや。
c0187779_2335775.jpg




相変わらず迫力のある白鳥達。
c0187779_252553.jpg

この日はパンを持参していなかったため、眺めるだけとしました。



ボート乗り場の売店で、アイスクリームを購入。
c0187779_253516.jpg

もう少しお金を持ってきていたらボートに乗れたのに・・・散歩だったからアイスクリーム分の
お金しか持ってきてなくて。



前方で鳥に囲まれるご婦人を発見。
c0187779_254420.jpg




自分でエサをまいているので、襲われているわけではないけど・・・
c0187779_2541426.jpg




エジプシャングースがこんなにも沢山いるとは
c0187779_254246.jpg




コレもすごい光景。
c0187779_2543526.jpg




続いて数ヶ月前から気になっていたものに接近してみることにしました。
c0187779_2544583.jpg




ある日突然現れた関取の像(巨大)
c0187779_2563781.jpg

数ヶ月前に急に現れましたが、、、誰が何のためにここにおいたのか一切が不明でした。



この像、結構怖い顔してるわ・・・
c0187779_2554730.jpg




っと思ったら横に作者の名前が、
c0187779_2551855.jpg

つまり芸術作品だということですね。



ぼうやはさほど興味はなく・・・
c0187779_33106.jpg



池のほとりのお散歩を続行
c0187779_381168.jpg




落ちている木の枝を拾っては、池の水をかき回すぼうや。
c0187779_394189.jpg




なにが一体彼をかきたてるのか、、、こうして池の周りを一周回ってから帰宅したのでした。
c0187779_31027.jpg



例の関取の銅像。
作者のサイトを見てみましたが、ブラウザのトラブルなのかページはちゃんと見れず、
ろくな情報は得られませんでしたが、とにかく他にも関取の銅像を作っているみたいです。

http://www.alexandragestin.com/alexG/

他にも何体か、関取銅像を作っているようです。
http://www.alexandragestin.com/alexg/fr/expos.cfm

数ヶ月前からの謎が解けたような、、、そうでもないような、、、、
そんな結果でした。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2012-09-02 07:08 | ベルギー生活 | Comments(1)