ベルギーでの生活や、周辺国への旅行を写真を中心に紹介


by BelgianWaffle

<   2011年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

引き続き6月のスペイン旅行記。


アルハンブラ宮殿だけを見てグラナダを後にした我々。


行きと同じくマドリッド空港から飛行機に乗るため、マドリッド近くの古都トレドを目指す。


ラ・マンチャ地方に戻ってくると・・・
c0187779_7165549.jpg



またまた例の風車達。
c0187779_7181322.jpg



こんな風車達を眺めながら、寄り道したのは・・・


カンポ・デ・クリプターニャの風車達。
c0187779_7183957.jpg



ここがドンキホーテが、戦いを挑んだ風車のモデル達。
c0187779_719598.jpg



何もない丘の上に建つ巨大な風車は・・・巨人には見えないけど、迫力はある。
c0187779_7195969.jpg




この風車達、中は見れないんですが、入り口の上に表札?がついていたのが気になる。
c0187779_7204410.jpg

住んでいる人の名前か、風車の名前なのか・・・

ぼうやにトントンしてもらいました。


が、足元の虫が気になるぼうや
c0187779_722541.jpg



この日も暑かったスペイン。ぼうやには日焼け止めを毎日塗っていたんですが、
ベルギー帰ってきたら真っ黒に焼けていたぼうや
c0187779_7243488.jpg




下に落ちている石を拾って投げるぼうや。
c0187779_7252032.jpg

危ないからやめてね・・・


そしてこの日も走り回る。
c0187779_7261325.jpg

この日は40℃ではなかったけど、、、33℃くらいはあったはず。




脱水症状になる前にお水を飲ませないと
c0187779_7273854.jpg




あーおいしい!
c0187779_7275794.jpg




そして、今度は立ち上がって
c0187779_7293899.jpg




ぐびぐびっと飲んで
c0187779_3425890.jpg




美味しい!なんかポカリのCMみたいだわ・・・
c0187779_3431819.jpg



中身はただの水なんですけどね。
c0187779_3433550.jpg



こうして再び名物の風車群を楽しんだのでした。
c0187779_7264511.jpg




この日は土曜日だったんですが、観光客はほとんど誰もいませんでした。
ここは丘の上。クルマなしでここまで来るのはかなり大変だからでしょう。
のんびりと静かに楽しめました。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-07-31 07:13 | スペイン・ポルトガル | Comments(0)

アルハンブラ宮殿

一ヶ月以上も前のスペイン旅行記の続き。


グラナダで大聖堂を見た次の日。
ついに念願のアルハンブラ宮殿へ出撃です。
c0187779_5555992.jpg



アルハンブラ宮殿は入場者数に制限があって、事前にチケットを予約しておくか、
当日の朝から並ばないと買えない・・・という事実にグラナダに移動する前日に気づいた俺。


慌ててネットでオーダーして無事に買えました。
さほど観光シーズンでもないし、平日だったのが良かったんだろう。


そのアルハンブラ宮殿、敷地の中はすごく広い。


遺跡みたいなものや
c0187779_5572594.jpg



宮殿やら・・・
c0187779_558211.jpg

入場してから、お目当てのナスル朝宮殿(ここが時間ごとに人数指定のある場所)までも結構遠い。
暑いし・・・


アルハンブラ宮殿は小高い丘の上にあるので、グラナダの町が見渡せます。
c0187779_5581976.jpg



前日の散歩中に購入した牛の角つき帽子をかぶるぼうや。
c0187779_5584074.jpg

全身真っ赤だ・・・


ナスル朝宮殿への入場の行列。
c0187779_559302.jpg

こうして時間ごとに決められたチケットを持った人だけが入場できるように制限されています。


ついにぼうやも中へ!
c0187779_5595786.jpg

ぼうや・・・何個目の世界遺産だろうか・・・


こちらのお部屋。真ん中に小さい噴水?があって子供達に大人気でした。
c0187779_602998.jpg

暑いグラナダなので、冷たい水に触りたくもなるってものです。


ぼうやも一緒にばちゃばちゃとやってました。
c0187779_613110.jpg

あまりにも楽しかったぼうやは、ここから動くのを拒否。
お陰で次の時間の人たちに追いつかれるほどでした。



お城の中はこんな細い通路もあって、、、どこもすごく細かい装飾がしてある。
c0187779_62066.jpg



よくガイドブックなんかに載っているアラヤネスの中庭。
c0187779_624665.jpg



そこを泳いでいる魚が気になるぼうや。「オサカマさんが・・・」っと言ってました。
c0187779_632321.jpg




ここもしばらく粘ってました。
c0187779_635591.jpg




ここからはイスラム建築の真髄
c0187779_64224.jpg



壁の模様が本当に細かい。
c0187779_6504.jpg



ここの天井もごうか!キリスト教の教会とかとは違う迫力。
c0187779_654782.jpg




こういうお部屋はぼうや的にはさほど楽しくもなかったようですが・・・
c0187779_66203.jpg



思わずぼーっと見てしまうお城でした。
c0187779_6709.jpg



この日は朝から何もせず、夕方にアルハンブラに来ただけなんですが・・・
暑さですでに疲れていた我々。

ナスル朝宮殿を見た後は、カルロス5世宮殿へ。
c0187779_675326.jpg



そこでお散歩中のネコを見つけたぼうや。
c0187779_683978.jpg



さっそく追跡開始!
c0187779_692142.jpg

暑いから走らないでぇ・・・



そしてこの三毛猫に逃げられても・・・


今度はクロネコちゃんを追跡開始。
c0187779_695810.jpg



いっしょに遊ぼう!

でも行っちゃった・・・


こうしてネコとの思い出を作ったぼうやでした。
c0187779_6113540.jpg




おまけ
帰りのタクシーの中から、パトカーを見つけて喜ぶぼうや。

警察だ・・・ポリスだ・・・っと言ってます。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-07-29 07:25 | スペイン・ポルトガル | Comments(2)

グラナダの大聖堂

色々と別の話をまぜましたが、まだまだスペイン旅行の写真がいくつか残っているので、
スペイン旅行記に戻ります。


白い村を見ながら、セビーリャからグラナダまで移動した後は、
グラナダの大聖堂へ。
c0187779_6365724.jpg

この日も暑いのでジンベエで観光のぼうや。


ここの大聖堂の中は本当にゴージャス。
c0187779_6355055.jpg



真っ白な壁に、金ぴかの装飾品
c0187779_6362063.jpg



これは今までに見た大聖堂でもトップクラスの豪華さ
c0187779_6364336.jpg




石でできた大聖堂の中は、涼しくて気持ちよい
c0187779_6373939.jpg




ぼうやも元気に動きます。
c0187779_6384726.jpg




思わず飛び跳ねちゃうくらいの元気さでした。
c0187779_6395615.jpg




おお!っと上を見上げるぼうや。最近はこういう時は「きれいねぇ。」っと言ってくれます。
c0187779_6403750.jpg



中は広いし、観光客も少なかったので子供連れでも楽でした。
c0187779_6413719.jpg




この横方向にもすごく広いんです。
c0187779_6435190.jpg





このイスの間を歩くぼうや
c0187779_6431397.jpg





正面の祭壇がすごく綺麗
c0187779_6454665.jpg



壁に飾ってる絵も
c0187779_6464349.jpg



窓のステンドグラスもきれいでした。
c0187779_648128.jpg



c0187779_720415.jpg

全く期待してなかったのに、意外と綺麗なグラナダ大聖堂の見学でした。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-07-28 07:21 | スペイン・ポルトガル | Comments(2)

本当に夢のコラボ企画

もう一週間以上も前のことですが・・・


とある方たちと会うためにアントワープへ


その方たちとは・・・お隣ドイツに住むSonaさんご夫婦。
c0187779_6103576.jpg



Sonaさん達とは、ぼうやがまだまだ首が座ってない頃に、一度アントワープでもあったことがありました。


が・・・今回はスペシャルゲストも一緒です。


Sonaさんのお孫さん、貫太朗君とぼうやの夢の競演です。
c0187779_6105868.jpg

貫太朗君とうちのぼうやは、同じ2009年の4月生まれ。
3週間ほど貫太朗君のほうがお兄ちゃんですが・・・それにしても背が違うなぁ。。。
もこもこの帽子をかぶっても少し小さいか・・・
いつかこうして二人が会える日を!っと楽しみにしていた企画です


この日も世界遺産の大聖堂へ
c0187779_6122421.jpg



ここの大聖堂にはこれまで何度も入っていますが・・・ぼうやは自分で歩くようになってから
初めての大聖堂です(前回はベビーカーで寝てたし)
c0187779_6142464.jpg



一人でスタスタと歩いていくぼうや・・・2年もしないうちに成長したね!
c0187779_725520.jpg




マイペースに観光を進めるぼうや
c0187779_731422.jpg



一通り大聖堂内を探索したぼうやは
c0187779_733751.jpg




貫太朗君の元へ
c0187779_735752.jpg



すでに前の日から「貫太朗君に会うよ!」っと言っておいたので、
移動中のクルマの中で「かんちゃんに会うよ!」っと楽しみにしていたようだったのに・・・
c0187779_742094.jpg

いざとなると何も話せないぼうや。ぼうやと貫太朗君は初めて会ってからまだ3時間くらい。
ちょっと緊張していたんでしょうか・・・



日本からヨーロッパに来たばかりの貫太朗くん。時差ぼけもなさそうで元気に遊んでました。
c0187779_744856.jpg




とっても小顔の貫太朗くん。この坊主頭をなでるのを何ヶ月も前から(勝手に)楽しみにしていたんです。
c0187779_76579.jpg



ちょっとずつ距離が縮まっていく男の子二人
c0187779_753910.jpg


そろそろ子供達も飽きてきたので、騒ぎ出す前に大聖堂から退散。



ちょうど大聖堂を出たところで、一瞬の大雨。
c0187779_771084.jpg

そして、また晴れ。
この日のベルギーは、雨と晴れが繰り返す微妙な天気でした。



ここからは雨上がりで、石畳がキラキラ光るアントワープの街並みをみんなでお散歩。



途中、かっこいいSonaさんのポーズを必死に真似しようとするぼうや
c0187779_773490.jpg

足をどうするのか分からなくなって困ってました。



休憩のためにカフェへ!

仲良く並んで座る二人
c0187779_781168.jpg




おやつを一緒に食べたりと、やっと打ち解け始めたのでしたが・・・これでお別れしたのでした。
c0187779_775128.jpg




Sonaさんと初めてお会いしてから約2年。
ずーっと、いつかは!っと思っていた貫太朗くんとぼうやの夢のコラボがついに実現しました。

貴重なヨーロッパ滞在期間にわざわざベルギーまでお越しくださった、Sonaさんの長男さん夫婦と
次男さん夫婦と貫太朗君。ありがとうございました。

ぼうやも楽しかったらしく、帰りのクルマの中でも「かんちゃんは?どこ行った?」っと
とっても気にしていました。いつかまた二人で遊んでいる姿を撮れる日が来ることを楽しみにしています。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-07-27 07:57 | 子ども | Comments(2)
まだまだスペイン旅行記も終わってないし、最近ちょいちょい出かけたベルギーやオランダネタも
溜まってますが、今日はまず今週末に行っていたシュツットガルトの旅行記の続き。


今回のシュツットガルト旅行。
狙いはもちろんここ!
c0187779_6313739.jpg

ポルシェ博物館です。


2009年の年末にシュツットガルトへ行った時は、午前中にベンツ博物館へ行き、
お昼を食べている時に、エッセンのSonaさんから吹雪が来るとの情報を聞きつけ
ポルシェ博物館はあきらめて、慌ててノイシュバンシュタイン城へ向かったのでした。


あれから1年半、今回は自動車大好きに成長したぼうやを引き連れての
聖地巡礼です。


まずは地下駐車場に車を入れると・・・

早速ポルシェだらけ。
c0187779_2582664.jpg

手前からボクスター・パナメーラ×2、カイエン。
これ以外にも911などポルシェだらけ。
一部は熱烈なオーナーが聖地巡礼で訪れたようですが、大半は博物館の(というかポルシェの)
所有物のようでした(ナンバープレートがシュツットガルトだったから)。



チケットを買うと、ながーいエスカレーター
c0187779_375576.jpg

こんな巨大な博物館を建てちゃうのがすごい



そこに登場したのが、今や完璧に車好きに成長したぼうや。
c0187779_3341412.jpg

最近のぼうやは、赤ちゃん言葉から卒業中。
車のことは「ぶーぶー」から「クルマ」に変わりつつありますが、
クルマは難しいらしく、「クムラ」と呼んでます。


館内にはコレでもか!ってくらいにポルシェだらけ。
c0187779_5464363.jpg

ベンツとかとは違って、ポルシェってカイエンとかパナメーラー以外はスポーツカーばかり。


ぼうやも嬉しそうに眺めていました。
c0187779_5314980.jpg



だいぶ古い型のポルシェ
c0187779_553011.jpg

これ、今売り出しても売れそうなくらいにかっこいい。


でも、こんなのもあったのねぇ・・・的なコンセプトカーも
c0187779_611111.jpg

この日のぼうやは緑のミニカーが欲しかったらしく、緑色のクルマに食いついてました。
(でも、これはなぁ・・・)



そしてぼうやが大好きなパトカー仕様のポルシェ
c0187779_6153117.jpg

これもぼうやは大喜びでした。
(「パトカ、ウーウー!」っと言ってくれます)


あまりに嬉しいぼうやは、ものすごいペースで先へ進んで行っちゃいます。
c0187779_6134350.jpg




だんだんと現在の911シリーズと同じかたちのクルマになってくる。
c0187779_6194351.jpg



ポルシェのレースの歴史を物語るすごい数のトロフィー達。
c0187779_6203575.jpg

トロフィーが宙に浮いている展示は初めて。


もう一台パトカー仕様。これも大喜びのぼうや。
c0187779_6205010.jpg



こちらは911の3枚おろし
c0187779_6211341.jpg



これを見たぼうや、「半分無くなっちゃったよ!」っと焦ってました。
c0187779_6221972.jpg



ここにはちょっと意外なものも


ポルシェ製のグリル
c0187779_6224036.jpg

実際にはポルシェデザインが外観のデザインを手伝ったようですが・・・


こちらも・・・
c0187779_6231050.jpg

これはどこを手伝ったのかよくわかりませんが。


ぼうやは意外とこういう展示の方が食いついたりする・・・
c0187779_623321.jpg




ポルシェの横で正座するぼうや。
c0187779_625451.jpg

ぼうやはベルギーにはあまりいない、白い車が気になるようでした。



博物館の付属ガレージでは、沢山のポルシェ(古いのから新しいのまで)が整備を受けてました。
c0187779_6255299.jpg

展示車両は今でも走るんでしょうね。メーカーが維持してるクラシックポルシェ。
めちゃめちゃ程度は良いんでしょうね。



こうしてぼうやにとっては、ランボルギーニ・フェラーリに続いて3箇所目の
自動車博物館見学を楽しんだのでした。
c0187779_6242156.jpg



ぼうやの解説っぷり

背中のリュックにはミニカー満載です。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-07-25 07:31 | ドイツ | Comments(6)
ドイツ シュツットガルト旅行記第一弾。

まずは最初の移動日にシュツットガルト到着前に立ち寄った世界遺産のマウルブロン修道院。


こんな重厚な門をくぐると・・・
c0187779_3115883.jpg



そこは中世の街並み
c0187779_3122974.jpg



木枠の家が雰囲気出してます。
c0187779_3145870.jpg



ここは城壁に囲まれた小さい場所(日本の小学校くらいの面積)が世界遺産に指定されています。
c0187779_3181643.jpg



これがメイン(と思われる)修道院。残念ながら大改装中でしたが・・・
c0187779_3195657.jpg



内部は半分くらい見学可能となっていました(でもお値段は据え置き・・・)
c0187779_22385682.jpg



ヨーロッパに残るシトー会修道院の中でももっとも保存状態が良い・・・らしいです。
c0187779_22392461.jpg




ぼうやはそれまでの5時間に渡るチャイルドシートの拘束から開放されてご機嫌でした。
c0187779_22395953.jpg




平日だったからなのか・・・(この日、ドイツは平日)
c0187779_22535713.jpg




ほとんど観光客がいない修道院
c0187779_22542534.jpg




天井には色々と絵が書いてありましたが・・・
c0187779_22551113.jpg




この辺りがすごいところなのか・・・どうなのか・・・
c0187779_2255323.jpg




メインの祭壇と思われるところ。激しく逆光で全体像は撮れず。
c0187779_2522562.jpg




続いて外の古い街並みを探索
c0187779_2532371.jpg



これがこの世界遺産を囲んでいる城壁
c0187779_2543427.jpg




ここはかのヘルマン・ヘッセの小説「車輪の下」の舞台なんだそうです。
(「知と愛」の舞台でもあるらしいが・・・お話を知りません)
c0187779_2551193.jpg




ヘルマンヘッセ自身もここの神学校に通っていたらしい
c0187779_2563952.jpg




そんな歴史をちょっと感じながらさくっと世界遺産を一箇所制覇したぼうやでした。
c0187779_22382225.jpg



↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-07-24 03:39 | ドイツ | Comments(0)

ジオラマ

今日(木曜日)はベルギーは祝日でお休み。

ということで、金曜日を有給休暇にして4連休にしました。


そして今日はドイツ シュツットガルトへ来ています。

もともとは初のスイス入国を計画していましたが、最近のヨーロッパの天気はイマイチ。
天気予報でも4日ほとんどずっと雨の予報。

わざわざスイスまで出撃して、高いホテルに泊まって4日ずっと雨だと完全に骨折り損で無駄遣い。
無料でキャンセルできる宿をとっていたので、急いでキャンセルして、雨でもそれなりに楽しめる場所へ。


今日は朝から車で550キロの移動。
ばぁばが横に座ってくれたおかげで、5時間の移動をほとんどぐずらずに絶えたぼうや。

一応、一箇所観光もしたんですが、その様子はまた後日。
(ホテルのネットの速度が遅くて、大量に写真をアップするのはつらい)


今日はすでにアップしていた動画を紹介。

例のベルギーの古城内に展示してあったジオラマを解説しまくるぼうや。

解説(カッコ内は意味)
   ぶぶちゃんぴかぴか付いてるよ(車に光るランプが付いているよ!)
   木と
   めーめーとシカちゃんと(羊と鹿と)
   ばぶんと(お水と)
   シカちゃん、シカちゃんどこいっちゃった?
   カメとピッピとカメ(亀と鳥と亀)
   お家と怖いと(家と鎧の人と)
   警察と
   シカちゃんとシカちゃんと

ぼうやが見ていたのは、ジオラマに配置された小さい動物やら、人。
c0187779_3373073.jpg

ここが亀とぴっぴの所。亀なんてどこにもいなかったんですけどね。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-07-22 03:56 | 子ども | Comments(0)

古城のほとり

思ったよりも楽しいラヴォーサンタンヌ城。
c0187779_4324869.jpg



でも、ここのお城の面白いところはまだまだ続きます。


お城のお土産屋から・・・・
c0187779_433551.jpg

大きなカエル登場



前・・・見えてないと思うけど。




気に入ったらしいです。
c0187779_4351726.jpg

ぼうや専用のカサ。10ユーロだったかな。。。



お城から道を挟んだ反対側には、湿原?みたいなところがあって、
そこもお城の入城料とセットになってます。
c0187779_4365440.jpg




なにか見つけたぼうや。

最近は常に色々としゃべってます。
  解説: アリちょっと、かおてるね(意味不明)。
       葉っぱ気をつけて!(踏まないように気をつけて?)
       ちょっとこれフワフワしてるね。(なにかがフワフワしていたらしいです)
       てんとむちむち ぱたぱたっと飛ぶよ(テントウムシがパタパタと飛ぶよ)




でっかいアリだ!
c0187779_4375011.jpg




これもお城の中と同じく美術品・・・だろうなぁ。
c0187779_4412842.jpg


ぼうやが何度も「これなあに?」と聞くので、「オブジェだよ!」っと教えたら、
「オブジ!」っと呼んでました。おぶじ・・・
(さしすせそは苦手なぼうや)


またまた別の’オブジ’を、んんーーっと眺めるぼうや
c0187779_4431781.jpg




こ、、、怖い。
c0187779_4442157.jpg




おぶじに飽きたぼうやは、いつもどおり走り始める。
c0187779_4451058.jpg




ここから眺めるお城も綺麗なのに・・・
c0187779_4455694.jpg




気にせずスタスタと先にすすんじゃうぼうや
c0187779_4471145.jpg




あー、追いかけるのは疲れるわぁ。
c0187779_4474831.jpg




綺麗な野花とお城
c0187779_4482929.jpg




さらに走り続けるぼうや。
c0187779_4493583.jpg

またまた別のオブジを発見



こ、、、これは?!
c0187779_4501023.jpg




なんだ?っと眺めるぼうや
c0187779_6145392.jpg



中には人が入っているという設定のオブジのようです。
c0187779_644579.jpg




しかし、こちらお値段はなんと4万ユーロ。日本円で500万円くらい。
c0187779_6135888.jpg

五百万円も払って、こんな怖いオブジェを買って、庭に埋めようって思う人はいるのかどうか・・・



こんなおまけまで楽しんだベルギー古城めぐりでした。

この日はこれで終わりですが、意外と面白かったので、
またベルギー古城めぐりは行ってみたいと思います。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-07-20 07:36 | ベルギー観光編 | Comments(1)
ベルギーの古城めぐり

この日二軒目のお城はラヴォー・サン・タンヌ城(Chateau de Lavaux-Sainte-Anne)

一つ目のヴェーヴ城からは車で10分くらいの近さです。

こちらが入り口。
c0187779_1183064.jpg

入城料は一人10ユーロ。

高いなぁ。この日はじいじとばあばもいたので、トータル40ユーロ。
かなり高額です。


入城料を払って、門をくぐると・・・
c0187779_119855.jpg

お城に続く橋。結構かっこいい



中庭にはかわった噴水
c0187779_1201094.jpg

真ん中の黒い塔の、石が時々くるっと回って水がじゃーっと流れる仕組みです。




その様子を必死にレポートしてくれるぼうや。
c0187779_1193094.jpg



この動きと解説がかわいい




さてお城の内部に突入
c0187779_1211231.jpg



ぼうやがおお!っと見とれる視線の先には
c0187779_1235522.jpg




でっかい牛の頭。
c0187779_1215487.jpg

「これ、怖い怖いねぇ」っとぼうやは言っていました。


ういしょういしょっと階段を登るぼうや
c0187779_3057100.jpg



ちょこんと座って休憩
c0187779_341433.jpg



ここのお城、、、内部はなぜか美術品だらけ。
c0187779_345974.jpg

入城料10ユーロは美術館も兼ねているからなのか・・・と思いきや、
どの美術品にも値段がついている。



ぼうやが気に入ったこちらの牛の置物は3900ユーロ(40万円くらい)でした。
c0187779_352152.jpg



美術品のおじさんに話しかけるぼうや



ここのお城、思ったよりも内部は広くて


こんな薄暗い階段を登ると・・・
c0187779_3559100.jpg



とんがり屋根の中へ。
c0187779_362663.jpg

ここにも高額な絵が沢山展示してありました。


他にもかっこいい壁画(?)の部屋やら
c0187779_365583.jpg



かわいい雰囲気の部屋
c0187779_374717.jpg




暖炉がある部屋など、、、バリエーションも豊富
c0187779_384298.jpg



しかもここはロープとかも張ってないので、ぼうやも進入し放題。
c0187779_391313.jpg




壁の色も青や、オレンジ、白と色々あります。
古城の内部って部屋ごとに壁の色が劇的に違うのが多いけど、
こういうのが流行りだったんだろうか・・・
c0187779_394054.jpg



こういうチェックなタイルの床もかっこいい。
c0187779_3101117.jpg



今度は地下室へ
c0187779_310284.jpg



地下には食卓やら、当時の料理道具やらが展示してありました。
c0187779_3105049.jpg



地下にあった道具達の使い方を説明するぼうや



うーん、ここは本当に広い
c0187779_3112291.jpg




最初は10ユーロって高いなぁっと思いましたが、結構納得な面白さでした。
さほど期待してなかったからかもしれないけど、いままで見たお城の中でも
トップクラスに面白い。



c0187779_3115199.jpg

お城、ありがとう!



↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-07-19 06:32 | ベルギー観光編 | Comments(2)

女子サッカーと衝撃

女子サッカー。優勝しちゃいましたね!

すごい!日本が世界一なんて、、、本当にすごい。
c0187779_71277.jpg



準決勝の日の夜、女子サッカーの中継を見て
「あ!今、女子のサッカーすごいところまで来てるんですよ!」
っと説明したところで、じいじから衝撃の一言

「ああ、この子達、一緒の飛行機だったよ。」


えええーーーーーー!!

なんでそんな重要な情報をベルギー到着してから2週間以上も。
まあ、到着した日に聞いたところでなにも出来るものでもないですが・・・


あの衝撃から数日。今になったばあばが「あの時サインもらっておけばよかったわね」


まったくその通りです。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-07-18 07:07 | 全般 | Comments(4)