ベルギーでの生活や、周辺国への旅行を写真を中心に紹介


by BelgianWaffle

<   2011年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

イベリコのハム

いつもどおり旅行記があっちこっち飛んでますが(あまり時系列でまとめようとはおもってないので)、

トレドを出発、アランフェスの世界遺産→コンスエグラの風車と観光した日の夜は、
Ciudad Realという街で宿泊。
ここがちょうど次の日の目的地コルドバの途中にあって、そこそこ大きい街だから。
(コンスエグラなどの風車のある街は小さすぎて、あまりお宿がないんです)

この日は日曜日。ホテルのレストランもお休みだったので、仕方なく街の中心まで行って夕食。



中心まで行ってもレストランらしいレストランは、ことごとくやっていない。。。


仕方なくこんなバーみたいなお店(実際客のほとんどが、ただビールを飲んでいるだけだったけど)をチョイス。
c0187779_746427.jpg

まあ、ここならぼうやが多少奇声を上げても、迷惑にはならんだろうし・・・


そしてオーダーしたのはイベリコのハム
c0187779_7434464.jpg

さっそく手を伸ばすぼうや。。。
ぼうやはタマゴアレルギーなので、なかなか外食が難しいんです。
ハムの類はいままでもOKでした。


さて、本場スペインでの念願のイベリコ豚は・・・

うーん、美味しいけど、こんなに大量に食べるとちょっとくどい。
脂身が多いし、味も濃いし。。。


さらにイベリコのサンドイッチ
c0187779_7442235.jpg

こっちはパンと一緒に食べるので、だいぶ食べやすい。



ぼうやはハムが大好き。
c0187779_7445773.jpg




意外と硬いイベリコのハムに苦戦しながらも嬉しそうに食べたのでした。
c0187779_745289.jpg



このイベリコのハムを食べながらのビール。
なんとも美味でしたが・・・あんな味の濃いハムを大量に食べたので、
もうしばらく食べなくていいやって気分でホテルまで帰ったのでした。


この前、ぼうやと動物図鑑を見ていた時のこと。
牛を指差して「これはなに?」と聞いたら、
  ぼうや「ハムじゃなーい?」 (じゃなーい?は最近の口癖)

うーん、最終的にはハムになっているかも知れないけど・・・



今日のベルギーは猛暑+暴風雨。
昼は快晴で、車の外気温計で40℃を表示。
(実際には35℃くらいか?)

そんな猛暑のなか、なぜかクーラーの効かない会議室で会議。。。
死にそうでした。


夕方からは天気が一変。
猛烈な雨と、激しい雷。
なんでしょうね。この天気。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-06-29 06:22 | スペイン・ポルトガル | Comments(2)
トレドからコンスエグラに移動する日の朝。


ホテルの駐車場に停まっていた一台の古いシトロエン。
c0187779_6261946.jpg




エンブレムには双頭の馬。
c0187779_6251237.jpg

トレドの旧市街でこの車を見かけたんですが、旧市街にはとっても似合ってました。



コンスエグラで風車を見る前に、一箇所立ち寄った街がありました。


こちらも世界遺産の街 アランフェス
c0187779_6263277.jpg

お城の正面にある噴水。


そこでぐったりとうなだれる牛。
c0187779_6273869.jpg

この牛と同じような気持ちになるほどの暑い一日でした。



噴水大好きなぼうやは、巨大な噴水にうっとり
c0187779_6291938.jpg




今度はお堀の水鳥を眺めたり、、、
c0187779_6302195.jpg



また別の噴水を見つけて大喜びしたり、、、
c0187779_6305886.jpg




暑さをモノともせずに元気なぼうや
c0187779_6312088.jpg




お城の広い庭園をお散歩
c0187779_6324931.jpg



っと、実は城の入り口が分からず迷っていたのでした。
c0187779_632729.jpg




やっと入り口を発見。
c0187779_6332964.jpg

この綺麗な通路の突き当たりが入り口




ああ!曲がった。
c0187779_6343210.jpg

あやうく車道(と言ってもめったに車は来ないけど)に出て行くところだった。



こちらがアランフェスのお城。
c0187779_6351670.jpg

が・・・実はここ、内部での撮影は禁止。
コインロッカーにカメラを入れて観光しました。


ぼうやは・・・楽しんだのかな?
c0187779_63657100.jpg




そして、この綺麗な通路を歩いて戻ったのでした。
c0187779_6374297.jpg



車への帰り道。
c0187779_6381635.jpg

手を後ろに組んでいるぼうや。



最近はちょっと怒ると(またはすねると)、こうして手を後ろに組んで、
「ちらない!(知らない!)」っと言って去っていきます。
c0187779_639640.jpg



そんな怒った後姿。
c0187779_640092.jpg

このときはおなかが空いて怒っていたのでした。


お城の近くは値段が高そうだったので、ちょっと離れた場所でお食事。
c0187779_6403599.jpg

これで機嫌も直ったのでした。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-06-28 07:36 | スペイン・ポルトガル | Comments(4)

スペインな衣装

コンスエグラの風車達に立ち向かう後姿・・・
c0187779_245978.jpg



旅行中のリアルタイム旅行記にも載せた写真ですが・・・



もちろんぼうやです。
c0187779_16531896.jpg




コンスエグラの風車を背景にキリっと決めポーズ。
c0187779_16534059.jpg




このフラメンコのドレスは、初日にトレドの街で買ったもの。

スペインのお土産屋では、どこでもこのドレスを売ってます。
c0187779_157694.jpg



そこらじゅうで売っているだけあって値段もまちまち
c0187779_158045.jpg

我が家がトレドで買ったのは一着8ユーロ(1000円くらい)と激安価格。
有名な観光地に行くほど値段があがって、一番高かったのはグラナダで20ユーロを越える店もあった。



今回も現地でぼうやの衣装を調達しようと考えていたんですが、、、
見つかったのはこのフラメンコのドレスくらい。

男の子用の衣装はほとんど置いてなくて、こうやって展示はあっても在庫なし。
c0187779_211520.jpg

フラメンコのドレスは、色もサイズもかなり充実してるのにね・・・

闘牛士は帽子とか剣とマントのセットはあったんですが、かっこいい衣装は売ってなかった。

結局、最初に立ち寄ったトレドのお店が一番安くて(見た中ではだけど)、
思い切って買って良かった。頭につけている花は1ユーロ。安っ!

が・・・コンスエグラでの撮影時には、足元が・・・
今回持って行ったのは青い靴ばかりだったぼうや。
この真っ赤なドレスにはマッチしない・・・



そこで!
c0187779_17212678.jpg

ついつい赤い靴まで買っちゃいました。
こちらは10ユーロ。ドレスに花に靴。全部で19ユーロの格安フラメンコセットです。


そして、またまたヒマワリ畑で撮影会。
c0187779_1848099.jpg

このぼうやの嬉しそうな顔。
赤い靴を「いいなぁ。かわいいなぁ。」っと褒めちぎったためにノリノリだったのでした。



ここからはヒマワリとフラメンコで、スペイン気分を満喫。
c0187779_18524294.jpg



c0187779_18531887.jpg



この衣装、安いわりにはこうやって使う分には申し分なしのクオリティ。
c0187779_1854486.jpg



今度は別の場所へ移動。
c0187779_19162946.jpg

ここは30分以上も細い山道を走り回って探し当てた絶好の場所。
もう一度行けと言われても・・・絶対に分からんなぁ。


この日も相当暑くて、撮っているだけでもかなり汗ばむような気温でした。
c0187779_19165187.jpg

こういうヒマワリ畑で遊ぶ風景。こんなのが撮りたかったんです。
いやー、わざわざこの時期にスペインに行って良かった!


ぼうやはあまり暑いのは気にならないのか・・・平気で遊んでいました。
c0187779_14384.jpg




初めて履く赤い靴(ちょっと硬い)も気に入った様子。
c0187779_1434497.jpg



ちょっと肩がはだけてセクシー
c0187779_1451884.jpg




ぼうやは落ちている石を拾って楽しんでいました。
c0187779_1551675.jpg




結局、この衣装。暑いスペインでは一日着ているわけには行かないので、
ヒマワリ畑でのみ活躍して終わりました。
c0187779_153553.jpg




本当はフラメンコのほかにも、闘牛士とかスペインのサッカーチームユニフォームとか・・・
色々と買おうとたくらんでいたんですが、なかなかぴったりなサイズが見つからず、
値段の高さもあって(FCバルセロナのユニフォームは40ユーロ越え・・・高い)、
断念しました。


このフラメンコの靴、セビーリャの靴屋では、各色、大人用・子供用と色々売ってました。
c0187779_3424259.jpg




↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-06-27 03:37 | スペイン・ポルトガル | Comments(10)

コンスエグラのお城

コンスエグラの風車のある小山。

そこにはお城もあります。


風車の内部見学のチケットとセットでお城のチケットも買ったので、
次はお城見学です。
c0187779_185139.jpg




ここのお城は豪華絢爛なお城ではなくて、どちらかと言うと砦のようなタイプ
c0187779_19741.jpg




ごつごつとした石で出来ています。
c0187779_11053.jpg




時期のせいなのか、平日だったからか・・・観光客はほとんどいないので、
こういうお城を見るには(そして撮るには)絶好の環境。
c0187779_1102155.jpg




お城の庭からの眺め。
c0187779_1115284.jpg

ここから見える風車もかっこいい。


そしてお城の内部に潜入。
c0187779_112328.jpg

ちょっと暗いので怖かったぼうや。顔が真剣。


お城の内部の教会?
c0187779_1142846.jpg



ここ以外は殺風景なレンガの部屋に、いくつか石の彫刻が置いてあるくらいでした。
c0187779_1185838.jpg



お城としては見る価値はあまりなかったけど・・・


こうして窓から見える風車の景色が最高。
c0187779_1151453.jpg



ちょっと高いところから見下ろす分撮りやすい。
c0187779_1131212.jpg





屋上からの眺めも気持ちよい。
c0187779_1173495.jpg

この日も気温は高かったんだけど、風が気持ちよくて、のんびりお城の散歩を楽しみました。



お城を見終わって、お庭を移動中。
c0187779_1231722.jpg



この石の段差から・・・
c0187779_1235772.jpg



ジャンプ!
c0187779_2315553.jpg

最近両足でジャンプが出来るようになったぼうや。
嬉しそうに何度も何度もジャンプして、お城見学を終えたのでした。




↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-06-26 05:38 | スペイン・ポルトガル | Comments(6)

ドンキホーテな風車

トレドの街の周辺はラ・マンチャ地方と言って
こんな独特な風車があります。
c0187779_15115377.jpg



この風車達、かのドンキホーテが戦いを挑んだ・・・まさにその風車らしいです。


そんな風車がいっぱい残っているコンスエグラへ向かいました。


コンスエグラには小さな山の上に、お城と風車が並んでます。
c0187779_15274325.jpg


車で風車のところまであがると・・・


コンスエグラの街並みが見渡せます。
c0187779_15213281.jpg



反対側は・・・畑?
c0187779_15214839.jpg



まずは一番近い風車へ
c0187779_1522338.jpg

この風車はツーリストインフォメーションになっていて、中が見学できます。


お金をはらって(有料なんだ・・・)二階へ
c0187779_15222431.jpg



すると風車と連動している臼が置いてある。
c0187779_1522533.jpg

うーん、これだけか。わざわざお金を払ってまでして見るものなのか・・・
オランダのキンデルダイクの風車の方が見学の価値がある気がする。


小さな窓から外を見ると
c0187779_15231560.jpg



他の風車が見れたりして風流。
c0187779_15233981.jpg

うーん、でもやっぱり高いな。。。
風車単体だと一人2ユーロくらいだったかな・・・



ぼったくり風車観光の後は、別の風車達を眺める。
c0187779_15241150.jpg

これらは中には入れないみたい。


そんな風車達を眺めるぼうやは、ドンキホーテ気分?
c0187779_15252593.jpg




反対側から見ると風車とお城が撮れます。
c0187779_15254238.jpg




ぼうやと風車
c0187779_1526149.jpg




この丘を使ってパラシュートで遊ぶおじさん。
c0187779_15265189.jpg

気持ち良さそう・・・バイクでここまで来て飛び降りたみたいです。
でも風が強いので、風で舞い上がったりして、なかなか落ちない。



車で下山した後も、おじさんは風の力でフワフワと浮いていたのでした。
c0187779_15272276.jpg




ドンキホーテのお話は読んだこともないけど・・・こんな変わった風車のある風景を楽しんだのでした。
c0187779_15262926.jpg



↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-06-25 08:51 | スペイン・ポルトガル | Comments(6)
今日は世界遺産の街トレドの夜景を紹介。


スペインへ移動した初日の夕食は、トレドのアルカサル(お城)の近くの広場で食べました。
c0187779_14542195.jpg



そのアルカサルの近くから見えた夕陽に染まる建物。
c0187779_1441255.jpg

何かは知らないけど・・・




そこからはもうひとつお城が・・・
c0187779_1455350.jpg

これは今はユースホステルらしいです。かっこいい。。。



トレドの町は川で囲まれていて、その川の対岸が小高い丘になっているので、
その丘からは街が一望できます。
c0187779_7512432.jpg

夕暮れの頃を見計らって、その丘まで車で走ります。


まずはユースホステルのお城がライトアップスタート。
c0187779_14554455.jpg

このユースホステル・・・かっこよすぎ。



ぼうやもライトアップを待ちます。
c0187779_14562630.jpg




ぼうやとトレドの街なみ
c0187779_1562640.jpg




夜10時、ついにお城(アルカサル)のライトが点灯。
c0187779_15646100.jpg



最近のライトアップらしく、点灯して30秒くらいは緑色に光る。
この緑に光っている間を撮影するのが好き。
c0187779_1571643.jpg



光が安定するとこんな感じ。
c0187779_1575651.jpg




上の写真の左の明るいのが、カテドラル
c0187779_1584242.jpg

塔の上の方は白いライトなのがかっこいい。


そして、その右がアルカサル。
c0187779_159748.jpg

カテドラルとアルカサルはライトアップが異様に明るい。
レーザー光線で浮かび上がっているような・・・こんなにくっきりはっきりなライトアップは初めて。

お陰でその他の建物との明るさのバランスが難しい。
ここは本当に太陽が沈んだ後だとうまく夜景が撮れない。
c0187779_1594467.jpg



こうやってアルカサルとカテドラルをフレームから外して撮れば、
トレドの街並みが綺麗に写ります。
c0187779_15102779.jpg



こうして夜更かししたぼうや(いつもは夜7時に寝るのに、この日は夜10時過ぎまで夜景撮っていた)。
この旅行中はずっとこのペースで夜更かし+朝寝坊を続けてくれたのでした。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-06-24 08:16 | スペイン・ポルトガル | Comments(4)

スペインの謎

スペインで高速道路を走っている時。


突如目の前に現れる、巨大な黒い牛の看板
c0187779_657441.jpg




一箇所だけではない。
c0187779_6592983.jpg



1時間で一回くらいは見かけただろうか・・・
c0187779_6595063.jpg



特に何のメッセージも書かれていない。
c0187779_658229.jpg

ただただ、黒い牛が見つめてくるだけ。

すごい迫力。
ナンなんだろう・・・


牛よりは少ないけど、ギター?ウクレレを持った人のシルエットの場合もある。
c0187779_6591082.jpg

これまたメッセージもなにもなし。


スペインの謎でした。

↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-06-23 07:42 | スペイン・ポルトガル | Comments(10)

一面のヒマワリ畑

今日はスペイン旅行の目玉、ヒマワリ畑特集です。


5月下旬から6月下旬がヒマワリのシーズン。
コルドバからセビーリャにかけての地域が一面のヒマワリに覆われる。
c0187779_5173374.jpg

うーん、ちょっと花が疲れていますが・・・まあ、一面のヒマワリ畑。


山が全部黄色に染まる。
c0187779_528123.jpg



そんな山が延々と続く
c0187779_5284053.jpg



この日一日で移動した150キロほどの間、見渡す全て・・・ではないけど、
ずーっとこんな景色が続く。
c0187779_5301935.jpg



ヒマワリってひとつの花からでも相当の種が取れるのに、
そのヒマワリが何百万本(たぶん)も咲いている。
c0187779_5312471.jpg


これだけあったら・・・ハムスターが何万匹、何億匹と食べていけるだろうなぁ・・・などと考えながら。


ん?ところでこのヒマワリって何のためにこんなに咲いているんだ?
世界中のハムスター用か?っと思って、その日の夜にネットで調べました。

このヒマワリは主に油を作るのに使われ、あとはおつまみなどの食用にするそうです。

しかも、こんなに咲いているのにヒマワリはスペインが原産ではなく、
人が他の大陸から持ち込んで、こんなにも盛大に栽培しているんだそうです。

つまりこのアンダルシアな風景はここ数百年で作られたものなんだそうな。


このヒマワリ畑、見るのももちろんですが、
ここでぼうやの写真を撮るのがたのしみでした。
c0187779_5194451.jpg




が・・・ここで異変に気づいた。
c0187779_522829.jpg

一面のヒマワリ畑。どれも逆光なんです。
c0187779_6473451.jpg


ヒマワリは首が曲がってどの花も同じ方向を向いて咲いている。
それがどれも太陽に背を向けている・・・
だからヒマワリ畑をバックにぼうやの写真を撮ると顔が暗い。
(フラッシュとかレフ板持って行かなかったので・・・)

あれ?ヒマワリって太陽に向かって咲くんじゃなかったっけ?



完全に全ての花が太陽に背を向けていたわけではないですが・・・
c0187779_5242048.jpg

9割がた太陽に背を向けていたので、写真が撮りやすい角度の斜面になっていて、
近くに車が停められる絶好の場所は探せませんでした。



そんなことは気にもせずに走り回るぼうや
c0187779_5263758.jpg



ぼうやよりも少し背の低いヒマワリを発見
c0187779_522312.jpg




さっそくチューをするぼうや
c0187779_523339.jpg

相変わらず指示には忠実に従う素直なぼうやです。


ついでにこれまたその日の夜にネットで調べて判明した事実。
ヒマワリが太陽の方を向くのは、重たい花が咲く前まで。
ツルの頃は光合成をするために太陽に向かって伸びるが、
花が咲くとその向きで固定されてしまうらしい。
多くの花は東向きに咲くらしい。


つまり、太陽に背を向けていたのは東向きに咲いたヒマワリを
太陽が西に傾いた午後に撮影していたからだったのでした。

知らなかった。子供の頃にうっすらと聞いたあやふやな知識は危険ですね。


ということでセビーリャからグラナダに移動する際には午前中(と言ってももう11時くらいでしたが)に
ヒマワリを狙う。
c0187779_5315915.jpg



今度は予定通り太陽に向かって咲いているヒマワリ畑を何箇所も発見
c0187779_532361.jpg



いくらヒマワリが順光になっても・・・
c0187779_5331697.jpg



動き回るぼうやが順光になるとは限らないわけですが・・・
c0187779_5343100.jpg



おおむね狙い通りの撮影を楽しむことができました。
c0187779_5344830.jpg




↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-06-22 06:50 | スペイン・ポルトガル | Comments(6)

スペイン旅行記スタート

今日の午後、無事スペインから帰国しました。
スペインに滞在していた10日間、すべて快晴で気温は毎日30度を越えてました。

そして、ベルギーは・・・雨。気温は14℃。寒い・・・スペインのノリのままの服装で飛行機に乗ったもんだから
飛行機降りた瞬間に寒い・・・



今回の旅の目的はヒマワリ・風車・アルハンブラ宮殿。
そのついでに各種世界遺産を見てしまうというもの。

でも、それらが何のためにあるのかすら知らないままで出かけたのでした。
道中でインターネットが大活躍。色々と勉強をして帰ってきました。


さて、今日からはその10日間のスペイン旅行記詳細版です。


まずは飛行機でマドリッド入り。
c0187779_220965.jpg

離陸から着陸まで完全に寝ていたぼうや。今回は移動は楽だった・・・
過去のぼうやの飛行歴は、体調悪かったストックホルム-ブリュッセルのフライトを除き、
ずっと起きていて元気に動き回るのを、機内誌やらおもちゃやらでなだめながらの
耐え忍ぶ時間でしたので・・・たまにはこうして寝て欲しい・・・


マドリッドには全く興味がない(+ちょっと治安が悪い)ので、着いて早々にレンタカーを借りて
ちょっと南にある世界遺産の街トレドへ移動。


今回は移動距離も多いし、山越えもあるし、ラテンの国なので(つまり運転が荒い)、
ちょっと奮発してVWパサートを予約していました。

が・・・レンタカー屋で出てきたのはパサートよりもよい、アウディA4。
c0187779_4185399.jpg

ボディカラーが白ということにぼうやは大喜び。
ベルギーでは白い車はあまりいないので、ぼうやにとっては白い車は相当に特別だったらしく、
「白いねー」と大はしゃぎでした。


そして初めて乗ったアウディA4。本当に良い車でした。
やっぱりベンツ・BMW・アウディはすごいわ・・・


そんな純白の(借りた当時は)アウディでトレドに移動、ホテルにチェックインしたら、夕食を食べに街へ
c0187779_2243812.jpg

暑いところへ行く時の定番じんべえでぼうやは出撃です。



ホテルの前のなんだかヘンテコな銅像。
c0187779_2204153.jpg

街のいたるところで似たような槍を持ったおじいさんを見かけるので、
なんだろうなぁ・・・っと思っていたら、これがドンキホーテだったんですね。
全く知らなかった・・・よく考えたらどんなお話なのかすら知らず、夜慌ててインターネットで調べたのでした。



ヨーロッパの観光地にありがちな剣を売っている店。
c0187779_222124.jpg

ヨーロッパ風の剣から、日本刀まで各種取り揃えてあります。

どこの観光地にもこの手のお店はあるんですが、トレドには沢山ありました・・・
ドラクエで言う鋼の剣、、、ずーっと見てたらちょっと欲しくなりました。
これって日本に持ち帰ったら違法なんでしょうか・・・?



さらに旧市街を歩いていると、前方からなにやら派手なプジョー
c0187779_2251314.jpg



最近出たプジョーRCZ。ヨーロッパではちょくちょく見かけるようになりました。
c0187779_2285569.jpg

やたらとロゴとかついているのでディーラーの展示車・・・かな?


街の広場にとまっていた観光電車にくいついたぼうや。
c0187779_2295680.jpg

この日はもう観光している時間もなかったので、見るだけです。
というかもう営業終わっていたようでした。おかげで動かないから、ぼうやはじーっと眺めていました。


そうしてたどり着いたのが一軒のカフェ。パエリアの写真つきのメニューにつられて入りました。
c0187779_2215456.jpg

お味は・・・まあまあ。とにかくパエリアならタマゴアレルギーのぼうやでも一緒に食べられるので、
助かります。
でも、黒いイカスミのパエリアは色にびびって食べませんでした。


そして、辺りの商店街を探索。
c0187779_22243972.jpg


c0187779_22201514.jpg




街の地図すら持たずに出かけたので、適当に教会らしきものをみながらふらついたのでした。
c0187779_22214848.jpg



飛行機の中でしっかりとお昼寝したぼうやは元気いっぱい
c0187779_22203893.jpg



一人どんどんとトレドの町を歩き進んでいったのでした。
c0187779_22252869.jpg





↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-06-21 04:29 | スペイン・ポルトガル | Comments(3)

成長

今日でスペイン旅行も最後。

最終日は世界遺産の街トレドを探索。

が・・・お城も教会も内部の撮影はNG。

ということで旧市街を散歩しながらぼうやの撮影
c0187779_755423.jpg


気温がさがったのか、地域の差なのか、セビーリャとかグラナダとは違って
お昼でも外は普通に歩ける。


最高気温は33度だそうで・・・暑いことは暑いけど全然耐えられる。


しかし複雑に入り組んだ旧市街。
完全に道に迷って、気がついたら車を停めたところと、全く街の反対側。
そこから駐車場までずーっと歩く。

ぼうやは途中で暑くて嫌になって抱っこを要求したものの、ほとんど自力で歩いてました。


小さい街とは言え、お城から教会へ行って、街の反対から駐車場まで・・・
トータル2時間は歩いたはず。
c0187779_714995.jpg


そんなに沢山歩けるようになったぼうやの成長に感動したスペイン最後の一日でした。


明日のフライトでベルギーへ帰ります。
それから今回の旅行で撮った写真、数千枚を整理しつつ公開していきます。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-06-20 07:16 | スペイン・ポルトガル | Comments(2)