ベルギーでの生活や、周辺国への旅行を写真を中心に紹介


by BelgianWaffle

<   2011年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧


5つ星ホテル。
一般的にはホテルの格付けでは最高ランクのホテルです。
(7つ星とか言っているのもありますが、基本は5まで)


今回のスウェーデン旅行。最後の一泊のストックホルムでは5つ星ホテルを予約しました。


これまでの経験上、一週間以上の長期旅行の最後には疲れもたまってぐったりしているので、
そんな旅行の最後に安いホテルだと、疲れにとどめをさされる。


仕事とかを除いて、旅行で泊まるホテルとしては(たぶん)初の5つ星。
最後の一泊だけの贅沢です(結構安かったんですけど)


泊まったのはストックホルム中央駅の近くにあるラディソン BLUというホテル。
c0187779_653791.jpg

ラディソンといえば、有名な高級ホテルチェーン。




ホテルのエントランス。
c0187779_652125.jpg

高い吹き抜けのホールになっていて、いかにも金持ちそうな方々がわんさといる。
(スーツケースにプライオリティのタグが付いていたから、ビジネスクラス以上のフライトか、
頻繁に使うゴールドメンバー級の人ってこと)



そして、お部屋。
c0187779_6505620.jpg

トビラにはいかにも高級そうな彫刻が施され、セレブな雰囲気を演出します。



が・・・せっかくの5つ星ホテルに泊まる夜。
完全に計算外な事態発生。


キルナからストックホルムの飛行機が遅れて、ホテルに到着したのは夜21時。
もうぼうやは完全に眠たい時間。



しかもねぇ・・・別に5つ星と言っても、部屋はまったく広くない、
特別きれいでもないし。なんと言っても古い(この古さは良く受け止めれば伝統のあるホテルってことだが)
c0187779_6501868.jpg

だいたい子供を連れて行くとは連絡してあったけど、ベットは要らないと書いたのに、
部屋にどどーんと置いてある。

超さみしがりのぼうやはベビーベットで絶対に寝ないから、正直邪魔なんだよねぇ・・・
(ぼうやの人生でベビーベットを使ったのは一回だけ。それ以降はベットに置き次第、怒り狂っていたぼうや)

タダでさえも部屋が狭くて使いづらいのに、ベットが邪魔。
ぼうやと旅行に行くと、荷物が多いし、何かと使うものも多いから、極力安くて星の多いホテルを
探してるんですが・・・
スーツケースの海をつま先歩きで渡っていると・・・一週間の旅行に疲れた体にとどめをさされる・・・・



到着した時間が遅くてレストランもやっていないので、歩いて出かけてバーガーキングを購入。
ぼうやが寝たのを見計らって、冷めたバーキンを食べる。

ああ。。。なんてゴージャスな夕食。泣けてくる・・・



そうしてハンバーガーを食べ、お風呂に入ったら後は寝るだけ。
これなら2つ星ホテルでも十分だったんじゃねーの?

さあ、寝るか!っと思ったら、今日も素敵に大の字で寝てるぼうや。
c0187779_654468.jpg

え?!これ・・・俺はどこで寝るの?
大体5つ星のクセにベットが狭い。まあ、街のど真ん中のホテルだから仕方ないのかも知れないけど・・・


そーっとそーっとぼうやを起こさないようにずらして眠りました。
(でもやっぱり狭い。シングルベットの半分くらいのスペースで寝ました。)



ぼうやの寝顔だけは幸せそう。
c0187779_6554314.jpg



こんなイマイチな(別にホテルのせいじゃなくて、大半が自分のせいだけど)5つ星ホテル滞在となりました。
(ちゃんと泊まればきっと良いホテルですよ・・・きっと。なんだかいろんな設備もあったし)


↓ブログランキングに参加しています。大の字ぼうやにクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-01-31 07:28 | 北欧旅行記 | Comments(6)

キルナの街をおさんぽ

今日は北極圏の街キルナを紹介します。


キルナは極寒の北極圏にありながら、鉄鉱石の鉱山があるため、
結構、大きい街です。

ここが街の中心の広場。
c0187779_359683.jpg

泊まっていたホテルScandic Ferrumは広場の奥に見える建物です。
この広場の周りにはレストランやお店があり、人も多く集まってきます。
(まあ、ここしかお店が集中しているエリアがないからですが・・・)


洋服屋、銀行、レストランっと大体何でもあります。
c0187779_3594318.jpg



北極圏の生活は・・・寒いというより重い。
寒さに耐えられるように、服を何重にも重ね着していくので重いし動きにくい。
c0187779_40026.jpg

ぼうやも暖かい服の上にシロクマを着て、モコモコの帽子に、ふわふわのマフラーに、
靴下にタイツにブーツに・・・
服を着せるのにかかる時間がいつもの何倍もかかるので、大体出かける頃には不機嫌になります。
しかも、この作業、暖かいホテルの中で、自分達がまず重装備を着込んでから、ぼうやを最後に行うので、
毎回汗だく・・・本当に疲れます・・・


いくつか気になるお店もあるんですが・・・お店に入る度にカメラの結露を防ぐために
ビニール袋に入れていたので、それも面倒・・・
c0187779_35656100.jpg




町の広場にあった氷の彫刻。
c0187779_402443.jpg

こんなものが何気なく置いてあったりして、楽しませてくれます。
5年前には道路に雪のハト(かなり大きい)が、置いてあったり、
氷でできたホテルの看板があったりと、見ているだけでも楽しめました。



そんなところを歩くぼうや。
鼻水垂れてます。そりゃこんな寒いところで歩けば、鼻水も垂れるわ・・・
c0187779_41287.jpg




別に旧市街というわけではないけど・・・なんだか静かで雰囲気のある街並み。
c0187779_4122549.jpg




今度はホテルでソリを借りて、町の散歩。
c0187779_414374.jpg

ホテルには3台のソリがあって、無料で貸してくれます。



このソリ、結構軽快に滑るので楽しいです。
(嫁と取り合いになりました・・・)
c0187779_413780.jpg





大人しく乗ってるぼうや。
c0187779_4145634.jpg




そうしてたどり着いたのが以前紹介した、キルナの教会。
c0187779_4152556.jpg

(すでにぼうやは自由行動開始してました・・・)



そしてキルナの市庁舎
c0187779_4165659.jpg




なんだか面白い飾りがついてます。
c0187779_4173290.jpg

(この市庁舎、後でもう一度撮りに行こうと思っていたので、手抜き写真。
でも、結局撮りに行かずに終わりました。)


入り口でたたずむぼうや。
c0187779_4175867.jpg



そんな感じで街を探索したのでした。
ホテルで借りたソリ、スポーツ用品店に売っていました。
お値段は2万円くらい。
結構高いけど、、、作りもしっかりしていたし、まあ、妥当な値段かな。
嫁は欲しがっていましたが、飛行機で帰るのに持って帰れるわけがないので、
あきらめてもらいました。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-01-30 08:10 | 北欧旅行記 | Comments(6)

至福の時間

最近、ぼうやがはまっている夢の食材。





パスタです。
c0187779_7214661.jpg

(きのことか、蝶の形になってます)。


マンマなにがいい?と聞かれると「ぱった(パスタ)!」っと答えるぼうや。
(食べ物関係の言葉の吸収スピードはめちゃ速い。)

早く食べたくてゆでている間に号泣して、ママにプレッシャーをかけてくるらしい。


自分で上手にフォークに刺して
c0187779_73524.jpg



大きい口で食べる!!
c0187779_765967.jpg

黙々と食べます。
(ぼうやはいつも左手でフォークとか使うんです。左利きなのかな・・・)



ぼうや至福の時間です。
c0187779_7254736.jpg




でもやっぱり途中から手が出ちゃうぼうや。
c0187779_730822.jpg




フォークを置き忘れているので、右手で食べるぼうや。
c0187779_732619.jpg



よっぽど美味しいんだろうなぁ。
c0187779_7293473.jpg



相変わらずタマゴアレルギーの良くならないぼうや。
ついにタマゴの入っていないパスタを見つけて、パスタデビューとなりました。

さらに別の日の、至福のパスタタイム。

この日は蝶の形のパスタ(ファルファッレ)。
c0187779_7504958.jpg

(これはゆでる前ですが・・・)
こっちのパスタは、黄色、ピンク、緑の三色です。

最近、色にこだわっているぼうやには、さらにたまらない一品。
しかも、自分の好きな色(味ではなく色)から食べます。

まずは黄色、そしてピンク(ぼうやは赤と呼んでます)、最後に緑(ぼうやはミヨと言います)の順です。
(緑はあまり好きじゃないので、食べない日もありますが・・・)


では、今回もそんなぼうやの歓喜のパスタお食事シーンを動画でどうぞ。

↓クリックすると動画動きます。ぼうやは歓喜の雄たけびを上げるので音量に注意してください。




最初のパタパタは、パスタではなく、蝶のことです。
こっちのパスタは、パタパタ(蝶)のぱったぱった(パスタ)なんです(ややこしい)。



↓ブログランキングに参加しています。ぼうやに癒されたらクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-01-28 08:05 | 子ども | Comments(16)

5年前のリベンジ達成

話は戻って北極圏旅行記の続き。


だいぶ前、この旅行記の中で、今回の旅の目的は4つのリベンジをすることと書きました。

1.オーロラを一眼レフで撮り直す(あわよくば、すごいオーロラを見る)
2.アイスホテルを見学する
3.ストックホルムの街を一眼レフで撮り直す

そして、最後のひとつがキルナの教会を撮る事
c0187779_7322133.jpg


5年前にキルナに来たときは、とにかく寒かったし、時間もなかったし、、、
マイナス20℃の中、街を歩いて探索したときに、こんな変わった形の教会を
遠くに見つけたんです。
でも、どうにも近くに行く道が見つからず、また今度行ってみよう・・・っと思ったまま
行けずに帰国したのでした。


遠目に見ただけで、どんな形だったか、、、中はどうなっていたのか、、、
ずーっと気になっていたんです。


5年ぶりにキルナについて、この教会が視界に入ったときには、
「ああ、戻ってきたなあ・・・」っとノスタルジーに浸りました。
c0187779_7342420.jpg

たったの5年前のことなのに?そんなに懐かしいの?っと思われるかも知れませんが、
その頃からスウェーデン、アメリカ、オーストラリアと色々な場所に行くようになって、
ベルギーに赴任して・・・濃密な時間が流れていたので、5年前のことがはるか昔に感じるようになってます。


その懐かしい教会に、シロクマぼうやと一緒に行きました。
c0187779_743516.jpg

今回は道に迷うこともなく、あっさりと到着。
意外とホテルから近かった。。。


ついに教会の入り口の前に到着
c0187779_7415697.jpg

でも、なんだか人が多い。

この日は実は大晦日。何かイベントでもあるのかと思ってぶらぶらしていると、
ちょうどホテルでぼうやを可愛がってくれたおじさんを発見。

おじさんがまた手を振っていたので、何かあるか聞いてみたところ、
「いとこの結婚式だよ!」といわれた。

ええ!結婚式?!大晦日に?
これはスウェーデンでは普通なのか、日本でもありうることなのか・・・

驚いたので「いつ?」っと思わず聞くと、「5分後から」。
はあ、まさに直前なわけね。

でも、おじさん「中が見たいんだろ?入っても良いよ!」っと言ってくれたので、
(べつにおじさんは主役でも主催者でも神父でもなんでもないんだけどね・・・)


そして、ついに5年間の謎だった教会の中に!
c0187779_736243.jpg

外見同様、普通の教会とはだいぶ違う雰囲気。

ただ・・・なにしろ、結婚式がもうすぐ始まるってことで、慌てて写真を撮る。
レンズも結露しちゃってるし・・・


教会自体は比較的新しいもののようです。
c0187779_735827.jpg




ふーん、こんな風になっていたんだ。
c0187779_741469.jpg

っと慌てて数枚撮って即退散。



とりあえず中には入れたし、ノルマ達成!
c0187779_7484398.jpg



こうして、今回のノルマ4件をすべて達成したのでした。


↓ブログランキングに参加しています。変わった教会、楽しんでいただけたらクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-01-27 08:23 | 北欧旅行記 | Comments(10)

しゃべる・・・

最近、ぼうやのおしゃべりの成長には目を見張るものがあります。


平日は帰りが遅いので、夜はぼうやが寝た後の帰宅となり、
顔を会わすのが一週間ぶりになることもざらです。


そうなると先週は言えなかったことを、しゃべるようになっていたりして、
驚かされる日々。


最近は色にこだわっているぼうや。
特に好きな色は、黄色・赤・青。

見つけ次第「きいろ!」っと言ってくれます。
最初はパンに塗るジャムを黄色(アプリコット)と赤(イチゴ)のどっちが良いかを聞いている間に
覚えたそうです。



そんなぼうやの様子。
たまには動画で紹介します。



最初は軽快に音まねをしていたぼうや。

クラクションでぴ!
ウインカーをカチカチ!

エンジンをかけるキュキュキュ音はどう再現してくれるのかと楽しみにしていたら・・・
色だし(笑)うまく真似できなかったのか・・・


こうしてぼうやに癒される週末を送る今日この頃です。


↓ブログランキングに参加しています。ぼうやのおしゃべり、お楽しみいただけたらクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-01-26 08:01 | 子ども | Comments(16)
日曜日、地下鉄にのってぼうやとお出かけ。
c0187779_6314071.jpg

大人しく座っていたぼうや。えらい!


目指した先はブリュッセルモーターショー!
c0187779_632023.jpg

ああ!ぶーぶーだ!!っと大喜びで駆け寄るぼうや。



先週末からブリュッセルの万博跡地で、モーターショーが開かれていました。
c0187779_6323063.jpg

昨日はその最終日。


せっかく近くでぼうやが好きそうなイベントをやっているってことで、
出かけてみました。



キラキラときれいに飾り付けられた会場内と、沢山の車に大興奮のぼうや。
c0187779_633515.jpg

正直、追いかけるのに疲れました・・・最近はちょっとだけ手をつないで歩いてくれるんですが、
何か気になるものを見つけると、さっと手を振りほどいて駆け出すぼうや。



肝心のモーターショーの方は・・・パリモの残り物って感じ。
c0187779_63975.jpg

フェラーリ、ランボルギーニなどのスーパーカーメーカーは一切展示してないし。

東京モーターショーに対する名古屋モーターショーと同じような扱い。


もちろんワールドプレミア(世界初公開)なんて一台もあるわけないし、
コンセプトカーもかなり少なめ。

置いてあるのはほとんどが、普通にディーラーでも売っている車達。
c0187779_6395778.jpg

でも、、、その分、ぼうやも気軽に遊べます。


さっそく運転席を陣取るぼうや。
c0187779_6334937.jpg

横のおねえさんが爆笑してますよ・・・
(ぼうやは必死でハンドルをぶんぶん回してました)


こうして車と看板の間とか、狭い場所を縦横無尽に駆け回るぼうや・・・
c0187779_6362157.jpg



そして、好みの車(黄・赤・青の車が好き)を見つけると「ちゃんちゃん!!(座らせろ)」っと指示が出ます。
c0187779_6363911.jpg

堪能中のぼうや。



でも、全部の車に乗れるわけでもないので・・・「パパ!あれちゃんちゃん(アレに座りたい)!!」
っと必死にせがむぼうや。
c0187779_6374410.jpg

ぼうや、そうやって柵で囲われている車には乗れないんだよ・・・



スコダ(日本では売ってないチェコの自動車メーカー)のブースにいたきぐるみ君。
この3秒後には泣きました・・・(でも配っていたお菓子はしっかり握って離さなかったぼうや・・・)
c0187779_6381852.jpg

スコダのイエティ(雪男?)のマスコットキャラかな?




スズキのブースで行われていた撮影。
c0187779_6531776.jpg

嫁はこのおねえさんの一人にぼうやを抱っこしてもらって撮影しようとたくらみましたが・・・
遠巻きに見ていただけで泣き出したぼうや。よっぽど怖かったんだろうなぁ。



そして、ぼうやがもうひとつ喜んだもの。

それはバイク。
c0187779_7183712.jpg

最近、乗り物図解でバイクが気になってしょうがないぼうや。
いつも座ってみたいと行っていました。
車なら自分の車の運転席に座らせて上げられるけど、バイクはなぁっと困っていた今日この頃。
そんなぼうやには絶好のチャンスでした。


四輪バイクにもまたがって記念撮影。
c0187779_6533844.jpg



バイクコーナーでは、来場者の半分以上がまたがって記念撮影して楽しんでました。
本気でバイクを見ていた人は半分もいなかったのでは・・・


こうして各ブースを渡り歩き、プレゼントがあればいただき(ぼうやが喜ぶから)
c0187779_6524779.jpg

クタクタになるまで歩きました。
(途中からぼうやはずっと肩車していたので、肩こった・・・)


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-01-25 07:23 | ベルギー観光編 | Comments(7)
今回の北極圏旅行。
メインはもちろんオーロラなわけで・・・今回は残りのオーロラ写真を全放出します。


これまでに紹介した2回のオーロラは、どちらも感動的にきれいなオーロラでした。



最初にみた12月28日のオーロラ。
c0187779_794341.jpg

空一面にカーテン状に広がった、動きの遅いオーロラ(写真撮りやすい)。


次にみた12月30日のオーロラ。
c0187779_7132475.jpg

大きさは最初のオーロラほどではないが、非常に明るいし、激しく動いてくれました。



さて・・・じゃー、大してきれいじゃないオーロラってどんなんだ?と思った人もいるでしょう。
今回は、そんなたいしたことないオーロラを紹介。
(っとポジティブな紹介方法だが、単に以後はその程度しか出てくれなかっただけだけど・・・)


12月31日の大晦日。

この日も空は晴れ。前日の激しいオーロラの記憶もあって、期待が高まります。
街では2010年の最後ということで、花火が上がったり、ホテルの横にある、
キルナの街で唯一(?)のディスコ(ここはクラブとかではない、ディスコという表現が正しい。
村のデスコって感じ)には、ヤング達が押し寄せていた。

そんな喧騒の町を飛び出し、暗い場所へ。

うーん。はっきりとはオーロラかどうかはわからんが・・・
あの辺りの空に出ていそうな気がする。

三脚を立てて、カメラをセット。F1.4 の明るいレンズで長時間露光すると・・・
c0187779_710288.jpg

やっぱり!うっすらとオーロラが出ている。
肉眼では自信を持ってオーロラだ!とは言えないほどの暗さ。
大当たりの日以外のオーロラってこんなものです。
5年前と4年前に見ていたオーロラもこの程度でした。



少しすると、ちょっとだけ明るくなったけど・・・
c0187779_7104447.jpg

なんだかぼんやりしている。


ぼんやり光る雲って感じか・・・
c0187779_711492.jpg

これが普段よく見るオーロラ。
この直後、バイクの大集団が現れ、観測を邪魔される・・・
大晦日の極寒ツーリングか?よくやるなぁ。マイナス20℃の中でバイクとは・・・


場所を変えて、オーロラを待つも・・・
c0187779_7112017.jpg

この日はこれが限界。
右手の明るい場所からは花火がガンガン打ち上げられ、邪魔される・・・


どうも大晦日はオーロラ観測には向かないらしいです。
c0187779_7114979.jpg



そして年が明けて2011年の元旦。
この日も空は晴れ。期待してオーロラを待つも・・・

この日もうっすら緑。
c0187779_712229.jpg


普段のオーロラってこんなものです。
カーテン状のオーロラとか、明るく動くオーロラなんてすごくレア。

雑誌に載るようなオーロラの写真は、本当にすごいオーロラばかりで、
こんなうっすら緑じゃ、雑誌には使われないだろうから・・・ある意味レア?


これがキルナで過ごす最後の夜。
その後はホテルに戻って、ネットで出現状況をチェックしながら待つも、
窓の外は大雪。


夜23時ごろに、ネットではオーロラ出現(ネットはキルナから200キロ南の町の空の様子)。
窓の外は相変わらずの大雪。

ひょっとしたらキルナの周りだけが雪で、ちょっと走れば空が見えるのかも!っと期待して、
三脚かついで出撃しましたが・・・走れど走れど大雪。
前が見えないほど、大粒の雪。


30分走ったところで断念。一枚も写真撮らず引き返しました。
こうして今回の北極圏旅行でのオーロラ観測は終わりました。




結局、この旅行の2ヶ月くらい前から、そして旅行から帰ってきてからの3週間くらい、
オーロラの出現状況をチェックしてましたが・・・


旅行の一ヶ月ほど前に一週間くらい、毎日きれいな(カーテン状とか渦巻き)オーロラが出ていて、
それから旅行行くまでの3週間はずっと外れ。
週に一日か二日、今回紹介したようなうっすら緑のオーロラが出る程度。
12月27日ごろから、オーロラが活発に出るようになり、キルナを発つ前日の1月1日まで
ほぼ毎日オーロラが出た後、ここ三週間はまたまたぱったりと外れ期間に突入。
ただ、ここ三週間はスウェーデンの天気が悪かったのが原因で、
他の場所では大当たりの日が続いていたようです。


結局、オーロラが見れるかどうかは運次第ってことみたいです。
今回は本当にラッキーでした。


↓ブログランキングに参加しています。ある意味レアな普通のオーロラ楽しんでいただけたらクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-01-24 08:22 | 北欧旅行記 | Comments(6)

アイスホテルの街

これまで詳細に紹介してきたアイスホテル
c0187779_8424991.jpg



このホテルは、キルナから車で20分ほどにある、ヤッカスヤルビという小さな街にあります。


5年前、建設中のアイスホテルを見て帰国した時に、そのアイスホテルの近くでちょっと変わった教会を
見ました。

それから数年後、ある写真集を買ったところ、誰かプロが撮った教会の写真が掲載されていて、
あんなマイナーな教会の写真を撮る人がいるんだっと思ったものでした。


せっかくなので今回もその教会を見に行ってみることに


5年ぶりに見る教会は
c0187779_804910.jpg

相変わらず独特な雰囲気。

でも、思ったよりも小さいし、なんと言ってもすごく人が多い。

ここに観光に来ているのは、ほぼアイスホテルの宿泊者のようでした。
(アイスホテルの防寒着を着ているから分かる)


これで写真集にここの写真が掲載されていた謎が解けました。

まず、この教会はアイスホテルからすごく近い。
車で5分とかからない距離。
(5年前の記憶では、結構遠い場所だと思っていたんですが・・・)

アイスホテルの宿泊者は、ホテルの観光に飽きたら、後は昼間には何もやることがない。
レンタカーとか借りていない人は歩いてこの教会に行く以外に、やることがないってことが判明。


つまり、写真集に載っていた教会の夜景を撮った人は、苦労の末にたまたま教会に
たどり着いたのではなく、アイスホテルの写真を撮りに来たものの、
昼間に時間をもてあまして教会まで行ったら、意外ときれいだったから、
夜も撮ってみたということだと思う。



今回はお昼に来たので、教会の中も探検。


が・・・意外な事実。教会と思っていたのは、ただの門(?)で、本物の教会はその奥の建物でした。
c0187779_825138.jpg

この教会がちょっと独特な雰囲気なのは、この地方に住んでいるサーメ人という少数民族の
文化の影響を受けているからだと思う。


教会の中にはサーメの記号?のようなものが沢山ついています。
c0187779_842980.jpg




教会にお決まりのパイプオルガンも、なんだかサーメ風。
c0187779_85538.jpg

北極圏に来る度に、このサーメの記号のついたものを見ては、
味があるなぁっと思っていたのでした。


が・・・・


教会内の様子。
c0187779_8154227.jpg




この正面に飾ってある絵・・・
c0187779_820114.jpg

こ、、、これは・・・
ずいぶんと独特な感じですが・・・きっと美術が苦手な俺が見たからだろう。。。
これ、、、キリストなのかな?
ちびまる子ちゃんみたいに大粒な汗が流れているような気がするが・・・


教会の見学は早々に切り上げて外へ(だって寒いんだよなぁ・・・マイナス20℃)


5年前には気がつかなかったが、教会の横には小さなお店があった。
c0187779_821719.jpg

看板を読むと、サーメの関係のお店で、手作りの品とか、カフェとか、トナカイとか書いてある。
つまり何でもショップということか・・・


かけてあるのはサーメの旗らしいです。
c0187779_821122.jpg



横においてあるのは、ヨーロピアンなテイストを全く感じさせない木彫りの人形。
c0187779_8224097.jpg

こんな感じもサーメ・・・なのか・・・



お店も覗きましたが、小物がいくつか売られていて、奥にはカフェもありました。
狭い店内にはアイスホテルの防寒着を来た人たちで、あふれかえっていたので
なにも買わずに撤退しました。


さらに気になるトナカイも、見るのが有料だし(結構高い)、さほど沢山いるわけでもなさそうなので、
やめました(お店の横がちょっとした動物園みたいになっていて、数頭のトナカイが飼われていた
ようです。

アイスホテルの宿泊者の皆さんは、ぞくぞくとトナカイエリアにも吸い込まれていきました・・・
よっぽどヒマなんだろうなぁ興味があるんだろうなぁ。



続いてヤッカスヤルビの街を探索。
c0187779_8244779.jpg

と言っても教会のあるところは行き止まりになっていて、教会を背にして車で5分も走れば街は終わり。
(この5分は、雪道だし、結構人も歩いていたから、相当ゆっくり走っての時間。
普通のスピードなら2分で終わるな・・・)

その間にはスーパーが2件あるだけで、あとは民家が少しあるだけ。
c0187779_8271011.jpg

車は完全に凍っています。

しかし、こんな寒くて、特に会社なんかもないような所に住んでいる人は
どうやって生計を立てているんだろう・・・アイスホテルか?



どこの家もまだまだクリスマスの飾りがついていて結構きれい。
c0187779_8273983.jpg




玄関の横には、
c0187779_828316.jpg

なんとソリ置き場。しかもソリ3台もあるし。
これだけ雪の多い地域だと、タイヤのついたモノよりも、ソリの方が楽なんだろうなぁ。



実はレンタカーがあっても、この街の中ではあまりやることがなく、街の探検も一瞬で終わり、
そそくさとホテルへ戻ったのでした。



↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-01-23 09:51 | 北欧旅行記 | Comments(6)

必死にメロン

一心不乱にメロンをむさぼるぼうや・・・
c0187779_7415641.jpg

ここは北極圏の街キールナで泊まっていたホテルの部屋。


メロンは朝食バイキングからお皿に山盛りにして、部屋に持ち込んだもの。


ぼうやは相変わらずフルーツ大好きなので、我が家ではフルーツ王の称号をほしいままにしています。
(今日はみかんを7個食べたそうです。とにかく買い物ではフルーツを山盛り買ってます)





あーあ、口の周りがベトベトですが・・・
c0187779_7432339.jpg






テレビを見ながら食べまくります。
c0187779_7435198.jpg

結局、あっという間に食べつくしてしまったので、慌てて朝食レストランへ戻って、
さらにメロン追加しました。。。




なんて顔してるんだよ・・・
c0187779_7464720.jpg



この必死に食べる姿がかわいかったので、撮ってみました・・・それだけです。



↓ブログランキングに参加しています。必死な形相に笑ったらクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-01-22 08:09 | 子ども | Comments(8)

真っ赤なお鼻の・・・

昨日紹介した雪景色。

あの雪景色ドライブには、ひとつ隠された楽しみがあるんです。



キルナの鉱山に車で登っていたときのこと。


年末だからか、鉱山に続く道は誰も走っておらず、のんびり景色を楽しみながら
ドライブしていました。


すると前方になにかが・・・
c0187779_7345139.jpg

おおっとトナカイだ!


車と遭遇しても慌てて逃げる様子のないトナカイ達。
そっと車を止めて、急いでカメラを準備。



車から出ると、
c0187779_736797.jpg

ちょっと面倒くさそうに向きを変えるトナカイ達。



「あー、だりーなぁーー」ってな顔で、ゆったりと逃げる(避ける?)トナカイ達。
c0187779_7375122.jpg




追いかける残りの2頭。
c0187779_74213100.jpg




よく見るとこの三頭、一頭が大きくて、一頭は小さめ。先頭がお父さんで、
真ん中が子どもなのかな?
c0187779_7483812.jpg

雪深いなかを、さして慌てることもなく、歩いて茂みに消えていきました。

この子達を見たのは、風邪が良くなって動けるようになった初日。
ドライブに出てすぐに遭遇したのでした。

やっぱりこれだけ自然があると、簡単に動物に出会えるなぁっと思っていたら、
その後は一切現れず。単にラッキーだっただけでした。

そして、この子達に会った夜に最初のオーロラを見たのでした。


さらに2日後のきれいなオーロラを見る前には、道端でヘラジカに遭遇
(オーロラで慌てていたので写真撮らず)。

動物に会うとすごいオーロラが見えるという法則が出来そうです。



雪景色の写真を撮っていると、野生動物の痕跡に出会います。
c0187779_7505228.jpg

足跡・・・


そして・・・
c0187779_7524888.jpg




こういう痕跡だけなら結構みれました。
もう少しのんびりと動物探していたら、もっと見れたかも。

なにしろすぐにぼうやがお腹すいたり、眠くなったりしたので、
あまりゆっくりとは見れなかったんです。


生のトナカイ遭遇レポートでした。



↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-01-21 08:11 | 北欧旅行記 | Comments(8)