ベルギーでの生活や、周辺国への旅行を写真を中心に紹介


by BelgianWaffle

<   2010年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

工事だらけの世界遺産

ホーボーケンでなんとも悲しいネロとパトラッシュを見た後は、世界遺産の街ゲントを案内。


ここは世界遺産になるだけあって街並みがきれい・・・なんですが、現在は激しく工事中。
c0187779_744638.jpg

どこもかしこも建材なんかが積まれていて、、、きれいさは半減中です。




せっかくなので鐘楼に登ります。
c0187779_753135.jpg

前回来た時はベビーカーに乗ったぼうやが同伴だったのであきらめていました。



この鐘楼、通常は3ユーロですが、終わる直前だったので学生料金(2.5ユーロ)にまけてくれました。
ここの鐘楼にはエレベーターがあるので、上まで行くのも楽。



これが鐘楼からの眺め。
c0187779_724644.jpg

こうやって360度ぐるっと見まわせる。ここに最後に登ったのはかれこれ3年も前。
当時はコンパクトデジカメでしたし・・・



鐘楼からは広場をはさんで聖バーフ大聖堂が見える。
c0187779_7212243.jpg

鐘楼はその名前の通り、鐘を鳴らすためのもの。
ちなみにすべてエレベーターというわけではなく、一部螺旋階段を登らされます。ベビーカーは絶対ムリだと思う。




古い町並み。絵になるなぁ・・・工事さえやっていなければ・・・
c0187779_7214899.jpg




レストランの看板。
c0187779_7221659.jpg

なんかかわいい感じ。



チョコレート屋はもうイースターの準備が始まってました。
c0187779_7223486.jpg





なんだか厳重な玄関。
c0187779_742480.jpg

鎖が何重にも・・・そこまでしなくても一本でもあれば、入っちゃだめって分かるし。



広場の真ん中で空を見上げる。
c0187779_7445062.jpg

左が聖バーフ大聖堂、右が鐘楼。
ベルギーでもやっと晴れた空がチラホラ見えるようになってきました。



お土産屋の看板ワンコ。
c0187779_7454347.jpg

やたらとちょっかいかけてくる犬。そんな犬が土産屋にいてもいいのか・・・



以上。引き続き単焦点レンズ(と一部魚眼レンズ)でお届けする世界遺産ゲントの街並みでした。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2010-02-28 08:09 | ベルギー観光編 | Comments(6)
衝撃的なネロとパトラッシュの像を見に行く前。


アントワープ大聖堂周辺で見かけた面白いもの達。



まずは日曜日に多いガラクタ市
c0187779_6482454.jpg

(うちの近所でも時々行われている)



こんなの誰が買っていくんだろう・・・と思うのに、実は結構売れてる。
目の前で買っていく人がそこそこいるのにびっくり。
c0187779_6491319.jpg

歴史あるヨーロッパの家に住んでいるとこういうものも似合うんだろうなぁ・・・




突如現れる巨大な牛の置物。
c0187779_6511430.jpg

なんだろう?




置物屋さんでした。
c0187779_7233261.jpg

店先に所狭しと並ぶ巨大な置物達・・・




これで200ユーロ(2万5千円くらい)。
c0187779_724324.jpg

結構安い・・・気がする(いらないけど)。




置物はお店(実は雑貨屋)の入り口まで続く
c0187779_7254978.jpg

入り口にはちょっとふさふさタイプの置物が見える!



と、思ったら本物の犬でした・・・
c0187779_6515841.jpg

しかし・・・でかい犬。人間よりもでかい。






↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2010-02-26 07:49 | ベルギー観光編 | Comments(14)
単焦点レンズでアントワープの大聖堂を撮った後・・・



微妙に時間をもてあました我々・・・



せっかくなのでアントワープ近郊の街ホーボーケンにある、ネロとパトラッシュの像を見に行くことにしました。

ここアントワープはかの有名な「フランダースの犬」の舞台とされている街。


昨日も紹介しましたが、この絵の前でネロとパトラッシュは天に昇ったんです。
c0187779_7383684.jpg



でも、有名なのは日本人にだけで・・・現地の人は全く知らないらしい。
しかし、あまりにもこの物語の舞台!と期待して訪れる日本人が多いためか、多少はそんな日本人のための記念碑的なものもいくつかある。



まずは大聖堂の中にあるステンドグラス的なもの・・・
c0187779_7391394.jpg

「パトラッシュはネロのたった一人の友達でした」と書かれてるんですが・・・


これ・・・だれ?

c0187779_8121734.jpg
なぜ裸?

その横にいる獣は?!こ。。。こんな怖い雰囲気じゃなかったはずですが・・・




さて・・・車に乗ってナビをホーボーケンにセット!
距離は大聖堂から約8キロというところ。車がないとちょっと行くのは大変な距離。
しかし、問題はここから。。。肝心な銅像の場所がわからん。
ガイドブックには小さく写真が載っているだけで、正確な場所が書かれていない。
(わざわざこんなところまで行くとは想定してないんだろう・・・)



しかたないので、街の中心部で車を止めて、足で探す作戦とする。



しかし・・・思ったよりも大きな町(というほどではないですが・・・)。
捜索が難航することが予想される・・・



同行者がお金を下ろしたいというので、ひとまずナビが指す町の中心まで200メートルというところで車を止めて、銀行のATMコーナーに入る。


で・・・待っている間にぼーっと外を眺めると・・・

ん・・・あれは・・・
c0187779_7421520.jpg





まさにガイドブックで見たそのものの銅像!捜索開始・・・10秒で発見。



いやー、、、
c0187779_821794.jpg

想像以上だなぁ・・・これ。全く観光客もいないし。
とても見つけやすい雰囲気ではないし。
看板とかあるわけでもないし。
c0187779_8145377.jpg

後ろなんて普通のお店だし・・・



一応、地面にそれらしきプレートが埋まってはいるが・・・
c0187779_853817.jpg




この寂しさ・・・本当に普通に住宅街というか・・・そんなところにぽつんと置かれた像。
c0187779_881591.jpg

「フランダースの犬」の大ファンの人とかで、これを楽しみにここまで来ちゃった人は・・・相当がっかりでは?!
日本人向け世界三大がっかり名所に登録しても良いのでは?!



せっかくなので後姿も載せておきます。
c0187779_8154160.jpg

きっとこんな写真が見れるのは世界でも数少ないことでしょう・・・


なんて悲しい結末。
こうして俺の「フランダースの犬」の舞台の探索はひっそりと終わりました。
もう、きっとフランダースの犬にまつわるものは無いことでしょう。



思う存分ネロとパトラッシュを堪能して車に戻る途中。


銅像から数十メートル離れた場所の看板が気になった。
c0187779_819582.jpg

犬の絵が描かれている。これまでに見たどのパトラッシュとも似ても似つかないが・・・



一応なぁ。


犬だしなぁ。。。



ひょっとしたら何か関係あるかもなぁ。。。



犬だし・・・



ということで近づくと!




でたーーー
c0187779_8204898.jpg

レストラン「パトラッシュ」


ついに便乗している店を発見。
しかし、まさかあの犬の絵でパトラッシュとは・・・原作を知らんのか・・・そういうアレンジなのか・・・適当なのか・・・(たぶん最後のが正解)



本当の衝撃はこれから!


えーっと・・・ネロと犬忠ットラパ・・・
c0187779_8235646.jpg

まあ、知ってるから読めるけど・・・これは・・・いままで見てきたインチキ日本語の中でもトップクラスだ。
あまりのひどさに爆笑する俺。だって、上から下から蚊取り線香のような書き方だし、、、パトラッで終わってるし。シュは?どこに忘れた?


店内にはベルギーの皆様が普通に食事を楽しんでいましたが・・・そこをニヤニヤしながらでかい一眼レフで外からバンバン写真を撮る俺。その俺を「なんだアイツは?!」的な目で見るお食事中の皆さん。


この看板みるだけでもホーボーケンに来る価値が・・・・・・・さすがにそこまでではないか。
せっかくだからここでメシ食えばよかったなぁ。


ベルギー在住のみなさん・・・どうですか?レストランパトラッシュ。
誰か行きましたら(もしくは行ったことがあれば)、レポートお待ちしています。



↓ブログランキングに参加しています。この悲しい?結末にクスっとしたらクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2010-02-23 08:35 | ベルギー観光編 | Comments(25)
L単・・・キャノンの単焦点Lレンズのこと。


単焦点とはズームの効かないレンズ。
ズームが効かないクセに、でかくて重い不便なレンズ。


でも、その分、明るくて画質が良い。


写真の上手い人なんかだと、こういうレンズだけで撮っている人もいるくらい。


今日はそのL単一本でアントワープ大聖堂に挑みました。
なーんて、書くとストイックに写真を撮りに行ったみたいに聞こえますが、単にズームレンズのままだと思ってカメラ持ってきたら、単焦点のままだっただけなんですが・・・


今回は家族は家で留守番。日本から出張で来ている人のお供として出かけました。



世界遺産の大聖堂
c0187779_7393648.jpg

奥に見える高い建物です。手前の苔むしたライオンがかっこいい。



そして、アントワープ大聖堂の最大の目玉はこれ!
c0187779_740951.jpg

フランダースの犬で、ネロとパトラッシュが最後に見たルーベンスの絵!



そんな大聖堂の中をF値1.4(通常のレンズと比べて8倍くらい明るい)のレンズで撮ってみました。



明るいレンズを使うと、シャッタースピードが速くて手ブレしにくいというのと、
c0187779_7384067.jpg

ピントの合う範囲が極端に狭くなるという効果があります。
(一人大聖堂の床にへばりつく怪しい俺・・・)





大聖堂の天井
c0187779_750369.jpg

(真上を撮ると腰が・・・最近ぼうやを抱っこしていて、ちょっと腰にきていて・・・)



ろうそくの炎
c0187779_7513781.jpg

(これを撮るために、手すりに変な格好でひじをかける俺・・・)



お昼前まではここでミサが行われていました。
c0187779_7525534.jpg

(イスをちょうどいい角度から撮るために中腰で写真を撮りまくるあやしい俺)




お土産屋の天井の電球
c0187779_75478.jpg

(お土産屋で一人天井にカメラを向ける怪しい俺・・・店員さんに変な目で見られる・・・)




赤いろうそく。
c0187779_7581991.jpg




普段の記事とは違って、旅行記というよりは写真に主眼をおいてみました。



さて、今回のアントワープ。これだけでは終わりません・・・続きは後日。




↓ブログランキングに参加しています。世界遺産の大聖堂の写真に「おお!」っと思ったらクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2010-02-22 08:07 | ベルギー観光編 | Comments(14)

カッサカサなドライブ

またまたアメリカ出張時の話。



雪の残るデンバーを出発した我々は、一路アリゾナを目指す。
c0187779_7453826.jpg




途中の景色がすごい!
c0187779_83173.jpg

雨や風の多い日本では絶対に見られないような面白い岩がゴロゴロしてる。




これとか・・・ドラゴンボールの世界だな・・・
c0187779_854711.jpg

この岩、良く見ると穴が開いている。中に入れるとか・・・?





このすごい絶景の中を車で走るのは、この時三回目。
c0187779_864797.jpg

すごく景色はいいんだけど・・・


なんか、毎回膀胱炎っぽくなるんです(ちょっときたない話ですが・・・)。




トイレ行きたいなぁっと思って探し始めても・・・
c0187779_895181.jpg

スタンドも無ければ、街もない・・・こんな景色が2時間とか続いたりする。


で・・・ひたすら我慢していると・・・精神的なものなのかトイレがすごく近くなるんです・・・
帰りの飛行機とか・・・絶対通路側の座席を死守!!




これも面白い岩。
c0187779_8111734.jpg





メキシカンハットと呼ばれる岩。
c0187779_8115477.jpg

確かにそんな形してる!!




この時、初めて行った場所。
c0187779_813871.jpg

モキ・ダグウェイ(Moki Dugway)という場所。




ここからの眺めがすごい!!
c0187779_8143971.jpg

どこまでもなーんにも無い。こんな景色が一望できる崖。



そして、この辺りで一番の見所は
c0187779_817572.jpg

モニュメントバレー



そこへまっすぐに伸びる道。走っても走ってもなかなかこの岩山には到着しない。
めちゃめちゃでかいんです。




2006年にビジターセンターから撮った写真。
c0187779_8272889.jpg

当時使っていたコンパクトデジカメで撮って、パソコンでパノラマ合成したもの。



途中の街で信号待ちの時に見かけた動物。
c0187779_8293935.jpg

プレーリードッグ・・・かな。。。

以前紹介した、地面でぺたーっと寝る動物に似てる。



途中でものすごいスピードで抜いていった赤い車・・・
c0187779_8352621.jpg

ぶち抜かれてから走ること約15分、、、警察に捕まってた。
そりゃそうだろう、相当なスピードだったし。



こんなカッサカサの大地を延々と2日間走り続けたのでした・・・
c0187779_8373839.jpg





↓ブログランキングに参加しています。アメリカの大地におお!っと思ったらクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2010-02-20 08:44 | アメリカ | Comments(4)

ずぶ濡れ・・・・

最近のぼうやのお風呂の様子・・・



c0187779_7575812.jpg

ベビーバスに座って、遊びながらのお風呂です。



で・・・



激しく水をばちゃばちゃしてくれるもので・・・
c0187779_7582231.jpg

床もお風呂を入れている親も(撮っているカメラも)ずぶ濡れです。




これじゃー、毎日水道から水漏れしているみたい。
c0187779_7584777.jpg




数ヶ月前までお風呂では、はぁーって
c0187779_82397.jpg

頭に手ぬぐいのせておじさんみたいにお風呂につかっていたのになぁ(7ヶ月前の写真)。




ん?そうなの?ってな顔。
c0187779_7591170.jpg

最近、上手に座れるようになってきたので写真のバリエーションも増えました。
数ヶ月前までは寝転がってるぼうやを上から撮るしかなかったので。



Canon EOS 5D Mark2
EF35mm F1.4L USM




↓ブログランキングに参加しています。激しい水しぶきにクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2010-02-17 08:27 | 子ども | Comments(12)
アメリカのデンバーの話の続き



アメリカに出張で行く場合の目的は暑いところでのテスト(アリゾナの砂漠のど真ん中とか)。
だから、いつもTシャツ・短パン・サンダルというラフなスタイル。
(仕事の相手が日本人ではないので、スーツとかでなくても誰も気にしないし・・・)


でもねぇ・・・大体いつもセットでデンバーにも行くんですが・・・


そこは寒い!!
c0187779_0591080.jpg

なんと言っても標高2000メートル以上なので、5月とかでもまだ山には雪がたっぷり。



こちらが毎度お世話になっているホテル。
c0187779_162138.jpg




なぜかアメリカのホテルって
c0187779_125445.jpg

枕が大量においてある・・・どうやって使うんだよ。



こんなワシの銅像のある湖を抜けて山へ
c0187779_181016.jpg




激しいクネクネ道を走って(転落注意)
c0187779_195227.jpg




すごい雪が残ってる。
c0187779_1113252.jpg

でもさすがに5月なんで、気温はプラスだし、空も少し夏っぽい・・・でも雪がある不思議な光景。




面白い形した雪!
c0187779_115277.jpg

なんでこんな形に・・・



と思ったら
c0187779_120532.jpg

ここを登っている人たちが・・・チャレンジ精神を掻き立てられる・・・のだろうか・・・



ここが目的地!ラブランドパス。
c0187779_1225939.jpg

標高は11990フィート。

ここ、富士山の山頂よりは100メートルくらい低いけど・・・ほぼ富士山の山頂。
そこまで一気に車で登れちゃう。

ここ・・・高山病で頭痛くなるんですよ・・・ちょっと歩くと息切れるし。
この山頂まで行かなくても、ホテルのある場所でもつらい。



車で山道走っているときに見かけた動物
c0187779_1372798.jpg



ビーバーかな?
c0187779_1422343.jpg



立つし・・・
c0187779_1434461.jpg




さて、アメリカにある危険と言えば・・・


銃・・・ではなく。
(実際、警官以外が銃を持っているのを見たことないし)



どこの町にもあるアウトレット。
もともと物価の安いアメリカ。そこにあるアウトレットはかなり危険。

実際滞在したのはデンバーではなく、こんな小さな町なんですが・・・
c0187779_149349.jpg

かなり大きなアウトレットモールがある。


アメリカではコーチが安いと聞いていたので、ちょっと覗いて見た。
このときはタイミングが悪いことにセール期間。


220ドルという値札が付いた財布を50%オフのカゴで発見。
汚い手書きの字で110ドルと書かれている・・・気がする。
これ、日本だと3万円くらいはするお財布。これが110ドルなら激安だ!!

と思って店員に一応値段を確認する。

「すみません、これは110ドル(という激安プライス)なんですよね?」

店員「え?これは・・・110ドルではなく、その50%オフだから・・・55ドルよ!」

「え?本当に?」と思わず言ってしまった。

親切な店員さん、わざわざレジでバーコードを読んで「ほら、55ドルでしょ?!」


ありえん。コーチの革の財布がたったの6000円。
何のブランドでもない財布でも革だったら5000円くらいはするよね・・・
50%OFFは手書きの値段からのオフでした・・・すげー




買いました・・・財布にバックに・・・これがブランド物を買い漁る日本人ってやつか・・・って思いながら。




ちなみにこの時は、地球を一周する出張。
日本→アメリカ(3週間)→スウェーデン(4週間)→日本と7週間にわたり地球を一周する。

そのながーい旅の最初の場所での大量のお買い物。。。
その後の行程もずっとそのかばんやら財布を入れた大量のスーツケースを抱えて移動する羽目になったのでした・・・
(戦利品は姉とか嫁にあげました)



そうやって買い物なんかもしながら・・・ちょっと変わった雪景色を楽しんだのでした。
c0187779_1465990.jpg

ここは何度も行ったけど、また行きたいなぁ。



↓ブログランキングに参加しています。雪景色とビーバーにクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2010-02-15 02:00 | アメリカ | Comments(12)

レッドロック

今年に入ってから、どこにも出かけていない我が家。
寒いし・・・ぼうやが予想外に早く足が生えたので、家の中の大掃除(触られては困るものを高いところへ移動させたり)に追われているので出かけている時間も無い。


久しぶりにリアルタイムのブログネタが無くなったので、過去の旅行記です。


アメリカ デンバーに出張に行った時の話。

ある日、後から出張に来る人を迎えに空港に行くことになり、ついでにロッドロックという所へ行くことになった(と現地について知らされた)。



c0187779_8121152.jpg

Red Rocksです。



なんかかっこいい岩がゴロゴロしてる。
c0187779_749894.jpg



ところどころ見える岩
c0187779_894426.jpg

もともと同じ地層だったんだろう・・・




レッドロックは不思議な形の赤い岩のある地域。
公園っぽい感じだけど国立公園ではなかった・・・はず



こんな屋外のステージもあり、
c0187779_7522877.jpg

ここはU2やマドンナなどそうそうたる顔ぶれがライブをした由緒ある場所らしい。



ステージ横の岩
c0187779_8112731.jpg

でっかい!


このステージの向こうにニューヨークがあるんだよ・・・とニューヨーク駐在経験のあるおじいちゃんが遠い目で語っていた。

数千キロもかなたですが・・・





c0187779_7535663.jpg

遠くに見えるビル群はデンバーの町並み。





岩のトンネル
c0187779_7553599.jpg

車と比べると岩の大きさが良く分かる。




ちかくにいた、アルパカ(リャマかも・・・)。
c0187779_756567.jpg

まったりしてるねぇ。。。




さらに駐車場では派手な車を発見!

c0187779_832986.jpgc0187779_835380.jpg














後ろにはJust marriedの文字!

ハリウッド映画なんかで見るような、ハネムーンに行く車。

こんなでかいハマーでハネムーンとは・・・さすがアメリカン。

車の準備をしていた人の許可を得て、いろいろと見せてもらいました。

c0187779_815455.jpgc0187779_816910.jpg

























帰り道の高速での出来事。
なんか前方明るいなぁ・・・と思ったら・・・


c0187779_8184565.jpg

車が燃えてる!

大丈夫だったんだろうか・・・



まだまだたまっている大量の過去の写真。なにしろベルギー来る前4・5年でいろいろなところへ出張していたもので・・・



↓ブログランキングに参加しています。燃える車に応援クリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2010-02-13 08:29 | アメリカ | Comments(4)

気が付きました!

ぼうやがベルギーに帰ってきて約一ヶ月。


一ヶ月前からすでにつかんでもらい立ち(自分ではつかまらないので、つかまり立ちではない)をしてましたが、この頃はつかまり立ちも出来るようになり、3秒くらいなら自力で立っていることもできるくらいになってきました。




いつものようにぼうやと遊んでいる時にふと気が付いた事実。
c0187779_7473386.jpg






ふっと思いついて、ぼうやの頭のてっぺんにブロックを置いてみた・・・
c0187779_7483967.jpg





頭のてっぺんが気になるぼうや・・・


でもね・・・



届かないんですよ・・・
c0187779_7502437.jpg

手が・・・


手が短いし、頭が大きくて・・・



爆笑しちゃいました。



これは運よく振り落とした直後。手はいっぱい伸ばしてもてっぺんには届かない。
c0187779_7512663.jpg




届かないのに一生懸命触ろうとするのがかわいくてかわいくて・・・何度もやっちゃいました。



これってうちの子だけ?みんな同じ?
c0187779_7531650.jpg



ぼうやは毎日見ていても飽きません。
(最近は夜10時くらいに起きてきて、12時くらいまで遊び続けます・・・)


↓ブログランキングに参加しています。衝撃の新事実にクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
by BelgianWaffle | 2010-02-11 07:55 | 子ども | Comments(7)
一ヶ月以上に渡りお届けしてきたケニア旅行記は今回で最後です。


たった一週間の旅行で、一ヶ月以上のネタになるとは・・・なんとすごい旅行であったことか。
前回のトラブル編で基本的にネタはすべて出し切り、まだまだ紹介したい写真は何枚か残っていますが、単に風景とかなので、一旦ここで最終回とします。



ケニアに行こうと決意をしたのは、旅行の半年以上も前。



ずーっと、その日を楽しみにして・・・


ガイドブックに書かれている驚愕の事実の数々でちょっとびびりながらも


実際に見たのは本当に夢のような光景。
c0187779_5244877.jpg

いままでもアメリカやオーストラリアで、こういう風景だけなら何度も見たけど・・・



ケニアにはそこに本物の動物達が加わる!!
c0187779_5193630.jpg

ゾウが・・・当たり前にいる風景


前半では沢山見すぎて、やや飽き気味にさえなったゾウ。
c0187779_5264524.jpg

やさしい目がたまらない。



こんな光景は
c0187779_5283626.jpg

動物園でも・・・サファリパークでも・・・絶対に見れないでしょう。



そして、
c0187779_5303382.jpg

現地に行って初めて分かる、アフリカの普通の暮らし。




でも、ケニアってアフリカの中でも裕福な国の方だから、
c0187779_5321761.jpg

ここでもまだまだ序の口なんだろうなぁ・・・




中でもやっぱりマサイ族の村は面白かった。
c0187779_536320.jpg

これも現地に行ったからこその体験。



国立公園の敷地内では未舗装のがたがた道を何時間も走り・・・
c0187779_5381592.jpg

これが結構しんどい。お尻は痛いし、めちゃめちゃゆれるから寝てるとガラスで頭ぶつし。



なんだか独特の植物も眺めていて飽きない。
c0187779_5411982.jpg

(飽きないのは俺だけかも・・・みんな移動中は寝てたからなぁ・・・)



きれいな朝焼けの空も・・・
c0187779_5431618.jpg




真っ青な湖も・・・
c0187779_5435530.jpg




赤道直下な空も・・・
c0187779_5445258.jpg

ヨーロッパでは見れない色。





そこらじゅうを飛び回るきれいな鳥達や
c0187779_5471666.jpg




かわいい動物達に癒された・・・
c0187779_548429.jpg

望遠レンズの重みで腱鞘炎になりかけたけど・・・






肉食動物の迫力のお食事シーンには圧倒され・・・
c0187779_5485927.jpg




期待していたほどの数ではなかったけど、フラミンゴにも感動しました。
c0187779_5575266.jpg




そして、最初から最後まで楽しませてくれた百獣の王


ぐったりバージョン
c0187779_5591897.jpg



最後の最後までもったいぶってくれた、立派なたてがみのオスに
c0187779_601743.jpg



爆笑の七三分けライオン
c0187779_611959.jpg



歩くぬいぐるみ状態のライオンの子供たち
c0187779_621992.jpg

かわいかったなぁ。。。



いろいろトラブルはあったけど・・・
あらかた動物は見ちゃったけど・・・

チャンスがあったらもう一度行きたいなぁ。
c0187779_5333293.jpg




                                                        ケニア旅行記 完


↓ブログランキングに参加しています。ケニア旅行記、楽しんでいただけたらクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2010-02-09 06:12 | アフリカ | Comments(22)