ベルギーでの生活や、周辺国への旅行を写真を中心に紹介


by BelgianWaffle

<   2009年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧



今日はクリスマス・イブ。ということでベタなネタです。



ぼうやサンタバージョン(日本にいる嫁から写真が届きました)。
DPP_4686
背景はクリスマスツリーです。



さっそくいつものように飾りを、ガっとつかんでむしろうとしたそうです。
DPP_4687
この場合、ツリーがぼうやに倒れてくるわけで・・・



飾りをはずしてあげたら喜んで食べてたそうです(掴み次第かじるのは相変わらず)。
DPP_4685


嬉しそう
DPP_4688




おまけ

またまた嫁の悪ノリです。



ついに・・・



ぼうやに・・・



ドレスを着せちゃいました。しかもヒラヒラのを・・・
DPP_4691
セクシーショット。スカートめくっちゃダメだよ。




ああ、また飾りをむしろうとしてる!
DPP_4693
この真剣なまなざし!



また飾りをもらったぼうや
DPP_4692



だいぶ動きが速くなり、こういう時の危険が増えつつあるぼうやなのでした。
では皆様Merry Christmas!


さて、雪景色のドイツから帰ったばかりですが、また今日はスーツケースに荷物を詰めています。
ドイツ旅行は前哨戦。ここからが本番。



行き先は、、、子供の頃から夢に思っていた5つの場所・モノのひとつ。

夢は叶いそうもないから夢。達成できそうなものは目標。
子供の頃は自分が海外に行くのは一度あるかどうかっと思っていたので、どれも本当に夢だった。
(単に実際に見てみたいなぁ・・・程度だけど、当時はいけるとは思ってなかった)



5つのうちの2つはすでに達成済。
  1 オーロラを見る
  2 モニュメントバレーを見る
そして、明日から3つめに向かって旅に出ます。



行き先は・・・アフリカ。
エジプトでもチュニジアでもないアフリカです。

詳細は・・・ネットがつながったら・・・現地からアップします。
ダメなら。。。帰国後です。


↓ブログランキングに参加しています。サンタのぼうやにクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
by BelgianWaffle | 2009-12-25 01:22 | 子ども | Comments(20)
ドイツ旅行記のラストです。


皆さんからいろいろと情報はあったんですが、、、結局ノイシュバンシュタイン城に入ってみることにしました。


だって、すごくすいてるんだもん。チケットセンターガラガラ。待ち時間ゼロです。
ひどいときには2時間待ちらしいので・・・こんなにすいているならせっかくだし。


前日には靴にスパイクまでつけて登った山道。この日は手抜きで馬車に乗ります。


馬車が通る道は、舗装されてるし、車もちょっと通るので雪は無し。
DPP_0997
馬がぐいぐいと歩いてたったの20分でお城の近くまで到着。楽チンだー



がんばった馬たち。
DPP_0998
この馬すごいよ。馬車(500キロくらいかな?)と、12人の大人(ざっと700キロくらい)をたった二頭で引いて、坂道を登っていく。すごいパワー。

登りきると馬の体から湯気が・・・そりゃ疲れるよねぇ。




前日とは違う角度からのお城。こっちが正面だね。
DPP_0999



どどーんとそびえ建つノイシュバンシュタイン城。
DPP_1000
これを近くで見るためにも来た甲斐があった。
(本当は天候が心配だったので、朝からニュルンベルクに移動する予定だったんですが。。。晴れてるし)



立派な正門。
DPP_1002
でも、この正門、かなり新しい雰囲気だった。いやココだけでなく、どこも結構お手入れしているらしく、新しい感じ。



門をくぐったところ。写真が撮れるのはここまでです。
DPP_1003


で・・・中を見学してみて・・・まずやはり中で写真が撮れないという時点で俺の興味は半減。
中は・・・まあ、それなりには面白い。特にお城の中にいきなり洞窟が作ってあったりね・・・
ただし、上の写真でもわかるように、電光掲示板で自分の番号が呼ばれるまで中に入れないし。この後もさらにもう一箇所で待たされるし。中では完全にガイドさん主導で動かなくちゃいけないし。部屋が狭い割には一緒に回る人数も多いし・・・なんか窮屈な観光でした。

やっぱりお城だけに贅沢な内装など見る価値はあるが、、、それほど期待しない方がいいです。ここはやはり外観を楽しむのを最優先にするのが良いでしょう。



お城の手前からの眺め。一面真っ白。
c0187779_6513143.jpg

でも、空は晴れてる。今回も晴れ男発揮。



雪に埋まった街。
DPP_1007



帰りも手抜きして馬車。
DPP_1009
馬車は他の観光客をかき分けながら下って行きます。やっぱり馬車に乗るのが正解だなこりゃ。
みんなドロドロの真っ黒な雪道で、ヨタヨタ歩いているのに、馬車が来るとよけないといけない。




そして、もうひとつの黄色のお城も外からチラ見して・・・
DPP_1010




雪景色のフュッセンを後にします。
DPP_1011


さて、この日はニュルンベルクまで移動します。あまり到着が遅いと肝心のクリスマスマーケットを見逃すので、ちょっと早めに出発。


でも、途中で一箇所寄り道。フュッセンからニュルンベルクの途中に世界遺産の教会があるんです。ナビの目的地をその教会にセットして走っていくと・・・


あれ?


なんかこの道やけに険しくないか?完全にラリーのコース状態。
DPP_1015
完全に雪道です。他には誰も車いない。一台フランスナンバーの車がいましたが・・・数十メートル走って引き返していきました。



ここ本当に走れるのか?と不安になりながらも走ること4キロ(結構長い)。




見えてきたのは世界遺産のヴィース教会(またはヴィース巡礼聖堂)です。
DPP_1016
ちなみにノイシュバンシュタイン城は世界遺産ではない。
外から見るヴィース教会はなんの変哲もない、小さな教会。



なぜ、ここが世界遺産なのかと言うと、、、




天井のフレスコ画がめちゃめちゃきれいだから
c0187779_6384456.jpg

これは・・・すごい。今まで見た中でも間違いなく最高のフレスコ画だと思う。
(魚眼レンズで正面から頭上まで全部写してます)



中は本当に小さい教会なんですが・・・
DPP_1019
そして、牧草地のど真ん中にあるので、なかなか行けませんが・・・いいよ、ここ。
(おそらく日本からノイシュバンシュタイン城のツアーに参加すると、セットでついてきます。このときも日本人の団体さんが・・・)



この教会の近くのお土産屋のトイレ。
DPP_1021
ね!日本人が沢山来てる証拠だね。ちなみにドイツ語もフランス語もいまだにどっちが男かわからない俺。もう、フランス語・オランダ語・ドイツ語・スウェーデン語がごちゃごちゃなんだよね。みんなこうやって漢字も書いておいてくれると助かるのだが・・・


以上。自動車博物館・雪景色のノイシュバンシュタイン城・ドイツ最高のクリスマスマーケットと盛りだくさんの3泊4日、南ドイツの旅でした。

ちなみになぜか宿代はすごく安くて、三ツ星のホテルでも30ユーロとか、40ユーロくらい。安く済みました。



↓ブログランキングに参加しています。雪道を走破してたどり着いた見事なフレスコ画にクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
by BelgianWaffle | 2009-12-24 06:55 | ドイツ | Comments(16)
みなさまご心配おかけしました。無事にブリュッセルに帰ってきました。


今日は朝から気温が1℃と高く雨でした。で・・・雪はことごとく溶け。雪景色もおしまい。
アウトバーンを160km/hで走って早々に引き上げてきました。



さて、話はドイツ旅行の初日に戻り、自動車の聖地シュツットガルトに行った日。

なぜここが聖地かと言うと、世界で最初に自動車を作ったメルセデスベンツの本社があるから。
さらにここにはあのポルシェの本社もあるから。

つまりシュツットガルトは自動車のメッカのようなもの。


そして、どちらの会社もリーマンショック前の景気が良かった頃に豪華な博物館を新築したばかり。


それは是非見てみたい!というのが今回の旅行の目的のひとつ。


こちらが自動車のメッカにそびえ建つカーバ神殿、メルセデスベンツミュージアムです。
DPP_0958
でかい。。。とんでもなくでかい。



DPP_0959
並みの国立の美術館を上回る大きさ。



自動車に興味が無くても、建物もかっこいいし、、、誰でも楽しめるような博物館です。




博物館だけあって、ベンツの歴史(つまり自動車の歴史そのものに近い)が解説してある。
DPP_0935



いままでいろいろな自動車の博物館を見たが、ここまで余裕たっぷりできれいな博物館は無かった。
DPP_0936
大体どこもボロい車がところ狭しとぎゅうぎゅうに並べてあるものだが・・・
(あ、もちろんここも写真撮影OKなことを確認してます。)



普通に過去の名車も展示してあるが、日本語の音声ガイドがイマイチ。

たぶん車のことを知らない人が日本語に訳したんだろうなぁ・・・誤訳が結構ある。
DPP_0942
この車の解説で”観音開きドア”と言っていた。これはガルウイングであって観音開きじゃねーし。
こんな風に開く観音さまの厨子みたことねーぞ!(真ん中から左右にぎぃーっと開くやつが観音開き)



車の展示とそのオモシロ日本語解説(口調がめちゃまじめなのがまた笑える)を楽しみながらも、建築物としても楽しめる。



外から見てもわかるように、建物はかなりうねって作られている。


中からみると
DPP_0940


ほら
DPP_0941


これだけ見てると自動車の博物館とは思えない。
DPP_0939
(相変わらず普通の人とは違うところにカメラを向けて撮りまくっている俺)


さらに窓の外にはベンツの本社と工場があるので・・・なんかSF映画みたい。
DPP_0943



そして、ここも面白い。有名人が実際に所有していた車の展示。


こちらはあのダイアナ妃の愛車。イギリスなので右ハンドルです。
DPP_0944
(手前の赤いやつ。その向こうのはローマ法王の車)



これは日本の天皇陛下が所有していた車。防弾ガラスらしいっす。
DPP_0945



さらに車好きにはたまらないレーシングカーエリア。
DPP_0949



2008年ハミルトンがチャンピオンになった年のF1マシンの実物。
DPP_0950
シルバーのマクラーレン。めちゃかっこいいシルバーなんです。ベンツのイメージカラーなんだが、本当に銀の色。近くでみるとボディの曲線が、、、すげーーー。



こちらはアーノルド・シュワルツェネッガー氏が所有していたベンツSクラス。なんでもパパラッチと事件になって新聞沙汰になった車両らしい。
DPP_0947
この音声解説がまた笑える。

「このS600はアーノルド・シュワルツェネッガー氏所有のもので・・・(略)・・・ビバリーヒルズの街中で・・・(略)・・・この事件は裁判にまで発展し・・・(略)・・・ターミネーター氏は知事に当選した二日後にこの車を売却しました」

え?ターミネーター氏?わざとそういう表現をしたのかも知れないが、日本語の文脈や口調からはそうは聞き取れない(途中まで普通にシュワルツェネッガー氏と言っていたのに、突然なんの脈絡もなくターミネーター氏に変わっていた・・・しかも音声ガイドらしく淡々とした口調で)
良いのかコレ?怒られるぞ・・・



DPP_0948
こちらがボケ担当のオモシロ音声ガイド。みなさんも聖地巡礼の際にはツッコミ役をお願いします。




ここの博物館。一応8階建てで、最初にエレベーターで一番上まで行き、そこかららせん状にぐるぐる降りてくる。NYのグッゲンハイム美術館みたいなつくり。いやー、面白かった。
c0187779_615834.jpg

(エントランスから見上げる)


ちなみに入場料はたったの8ユーロ。
音声ガイドについているベンツのロゴ入りストラップは最後にお土産としてもらえる。

この内容で8ユーロ・・・どこぞの氷の彫刻展とはコストパフォーマンスが違いすぎるぜ!



ちなみにココはグッズのショップもすごい。さっき実物を見てクラクラしたシルバーのF1マシンのミニカー(しかもハミルトンの直筆サイン入り)を発見。
DPP_0954
すんごく欲しかったが・・・とてつもなく高い。60ユーロ(=9000円)。ただのちっこい車の置物に9000円。どうしよーーーっと悩んでいるところで、エッセンのSonaさんから電話があり、ドイツ北部は吹雪とのこと・・・それを聞いてあわててノイシュバンシュタインを目指したのでした・・・(Sonaさん良い情報ありがとうございました、おかげで無駄な買い物をしないで済みました)。


ということでポルシェの博物館はいけませんでした・・・またいつか聖地巡礼せねば。
でも、その前にイタリアでフェラーリとランボルギーニの聖地も巡礼したいなぁ。


とどめ。ミュージアムショップで買ったミニカー(5ユーロの安いやつ)の裏の注意書き。
c0187779_620493.jpg

はぁ・・・もうかける言葉が見つからない。2つの文章がどっちも誤訳。意味もまったく逆でよろしいです。


↓ブログランキングに参加しています。面白さにウケた方はクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
by BelgianWaffle | 2009-12-23 06:22 | ドイツ | Comments(14)
数日にわたりお届けしてきた、冬休み旅行第一弾 南ドイツの旅。



そこを締めくくるのは、ドイツで最大規模と言われる、クリスマスマーケットです。



実はご近所の皆様のブログで、ベルギー周辺は雪だとの情報は得ていました・・・
あわてて帰ろうかと思いましたが・・・まあ、大丈夫だろうってことで、予定通り行っちゃいました。



行き先はニュルンベルク。お目当ては評判のクリスマスマーケット。



朝、フュッセンの街でだらだらしていたせいもあり(内容はまた後日)、ニュルンベルクに到着したのは日没後。
ホテルにチェックインして、早速クリスマスマーケットを目指す。

ニュルンベルクはその名の通り城壁があり、旧市街はこの城壁の中にある。
(ベルクはお城って意味のはず。スウェーデン語だとボリと同じ?)



誰もいない城壁。
DPP_0981
ドイツは治安がいいので、誰もいなくても危険な香りがしないところが良い。



途中の商店街で見つけたもの・・・
DPP_0982
大量のサンタが特殊部隊のように・・・だんだん街にはサンタが増えてきました。




でっかい教会。
DPP_0983
でも、これはまだまだメインではない。




ついにクリスマスマーケットの会場に到着。
DPP_0990
確かに規模も大きいし、周りには歴史的な建物が沢山あってきれい!

ちなみに今日の気温はなんと1℃もあった。おとといのシュツットガルトは-12℃だったから、1℃でもかなり暖かく感じる。三脚立ててる余裕があるからねぇ・・・



この奥に見えるのが、フラウエン教会(Frauenkirche)。
DPP_0989
ニュルンベルクのクリスマスマーケットの写真と言えば、必ずここが背景に写ってるくらいお決まりのもの。

左下に人間が亡霊のように写ってますが・・・お店の明るさと教会の明るさを合わせるためにいろいろやっていたら、足が切れただけです。心霊写真ではありませんのでご安心ください。



ニュルンベルクと言えば、木のおもちゃで有名です。この木のおもちゃはドイツの観光地で結構売っているんですが・・・クオリティが高くてめちゃめちゃ欲しくなるんです。高いんだけど・・・
DPP_0985
巨大なクリスマスピラミッド(というらしいです)。本物はテーブルサイズで、ろうそくの炎の上昇気流が上のプロペラに当たってクルクル周るんです。これは巨大すぎて電動のようです。



他にはこんなのとかあります。ろうそくたてかな?
DPP_0984
左端に写ってるのが、普通のクリスマスピラミッド。たぶんこれで300ユーロくらいでしょう。




さすがにここのクリスマスマーケットは有名なので、日本人も含め観光客が結構いました。



で・・・



人ごみを避けて路地裏へ
DPP_0987
人が多いと写真が撮りにくいので・・・




こちらも人のいない路地裏からの教会の写真
DPP_0986



クリスマスマーケット撮影の奥義。長時間露光。
DPP_0988
シャッタースピード13秒です。普通に撮るとお店の前は人だらけになっちゃうので。



ここニュルンベルクのクリスマスマーケットをもって今回の南ドイツの旅は終わり。
そして、おそらくここで今年のクリスマスマーケット狩りも終わり。


結局、エッセン、ブリュッセル、パリ、シュツットガルト、ニュルンベルクと今年は5箇所を制覇。
なかなかの収穫ではないでしょうか?

やっぱりドイツのクリスマスマーケットが良かった。ブリュッセルはちょっと悲しくなるくらいに・・・しょぼい(というよりケバい)。


ちょっと高いところからのクリスマスマーケットの眺め。
DPP_0991
確かにドイツ最大というだけのことはある。お店全部見てたら何時間かかることやら・・・

明日はブリュッセルに帰ります。


昨日・今日とまだ紹介していないものが多数あるので、旅行記自体はもう少し続きます。

早く今回の写真も出し切っておかないと、また次の旅行が・・・次はすごいぜ・・・ふっふっふ。
しかし、明日無事に帰れるかなぁ・・・大渋滞でないといいですが。


↓ブログランキングに参加しています。明日無事に帰れることを祈ってクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
by BelgianWaffle | 2009-12-22 06:45 | ドイツ | Comments(14)
今日はシュツットガルトで自動車の博物館を二箇所見学予定でした・・・



朝からベンツミュージアムを見学して、昼飯を食べていたときにふと気がついた。
今日も快晴、こんな天気が良い日に博物館なんて見ていていいのだろうか?



冬のヨーロッパで青い空が見える日なんて数えるほどしかない。その上、雪景色なのである。



博物館は逃げない。いつでもそこで待っていてくれるはず!



ということで、急遽予定を変更し、ドイツ南部の町フュッセンに向かう。



お目当てはもちろんノイシュバンシュタイン城。
ここは俺の中では世界で見たい建物ベスト3のひとつ(後はモンサンミッシェルとサグラダファミリア)。



雪景色の中、シュツットガルトから走ること200キロ。
DPP_0960





ついに到着です。
夢にまで見たお城。
c0187779_505249.jpg

見事に雪景色。




さて、お城の近くに車を止め、お城を見るのにもってこいとうわさのマリエン橋を目指す。


橋まではこんな山道を約40分歩くことになる。結構な斜面だし雪で歩きにくいし・・・結構過酷。
DPP_0964
(普段はバスがあるらしいが、雪のためバスは運休。あっても乗らないけど)




でも、今回はこんなこともあろうかと、靴につけるスパイクを持ってきたのでした。
DPP_0963
(靴は雪が入りにくいようにバッシュ)



このスパイクと雪の山道、、、ベルギー来る前に嫁と白川郷の展望台に登ったときとまったく同じパターン。
俺っていつもこんなことしてるんだなぁ。。。眺望を求めてひたすら登る・・・



そしてそのマリエン橋からの眺め・・・
c0187779_525082.jpg

まさにディズニーランドのシンデレラ城。
普段、ヨーロッパの町並みにしろ、このお城にしろ、日本人ってディズニー的なものが見れたときに、”わぁ、ディズニーみたい!”って感動するんだよなぁ・・・こっちの方が本物なのに・・・




よく見るとお城の下の方に網がかかっている。実は今、ノイシュバンシュタイン城は改修中なんです。
DPP_0966
来年まで続くらしいですが、まあ、あの足場はさほど目障りではないレベルなのでぎりぎりOKでしょう。




さて、死ぬほど見たかったポルシェ博物館をパスしてまで、ここに急いだ理由はひとつ。

事前の調査では、このマリエン橋から夕焼けのお城がいい感じになるはずだから。
夕焼けの時間に間に合うように、急いだのでした・・・


が・・・橋に到着するなり、突然灰色の雲が出てくる。
これでは夕焼けは期待できない。急遽予定を変更して、別の角度から夜景バージョンを狙う。


登りは40分以上かかったが、下りは25分。さっさと下山し、車でべスポジを探す。



他人のお庭(?)から。。。
DPP_0967




さらに別角度から
c0187779_543559.jpg

ここ・・・車がないと絶対に来れないなぁ。。。ツアーでは見られない眺めです。
(平然と撮っていますが、結構遠いので望遠レンズ使用です。)



ノイシュバンシュタイン城の近くにもうひとつホーエンシュヴァンガウ城があります(右側のオレンジ色)。
DPP_0970
うーん、城のライトアップの光の強さが違いすぎてうまく撮れなかった・・・小さいし・・・明日撮り直しだな。



はぁ・・・来た甲斐あったなぁ。次は家族一緒に夏に来たいなぁ。

しかし、ふと思ったんだが、ノイシュバンシュタイン城の屋根はきれいなブルーなのである(ガイドブックの写真によると)。雪が積もっていると、屋根も白くなってしまってメリハリがイマイチだなぁ。



明日はお城の中を見学するかどうか迷い中。なにしろ中は写真ダメらしいしなぁ。。。



↓ブログランキングに参加しています。本物のシンデレラ城にほぉーっと思ったらクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
by BelgianWaffle | 2009-12-21 05:08 | ドイツ | Comments(22)
冬休み初日。


今日はドイツにある自動車の街シュツットガルトへ来ています。



数日前からの大雪でヨーロッパ全土は真っ白。交通渋滞も予想されるので・・・行くかやめるか・・・悩みましたが・・・


ブリュッセルからシュツットガルトは約600キロ離れてます。
心配していた雪の影響は無く、アウトバーンは速度制限が出ているものの路面はまったくのドライ。

これなら楽勝だ!と思っていた30分後に異変に気づきました。

地面にまかれた塩で、車のガラスがあっという間に汚れるので、きれいにしようとすると・・・


ウォッシャー液が出ない!


このタイミングで液切れか!と思ってスタンドで買うがやっぱりでない。


そ、、、そういえば出発前にチラッと気温マイナス12℃ってネットに書いてあったのを思い出した。


つまり、液が切れたのではなく、凍りついたのです。

周りを見渡すと、、、みんな同じ症状。さっき買って補充したのは冬用の凍結防止剤多目の液だが、今凍ってるのは普通の夏用のやつ。


もう、そこから延々、数十キロ走ってはペットボトルに入れた水をかけてガラスをきれいにするの繰り返し。


ちなみに-12℃だとかけた水がすぐに凍りつく。。。


前置きが長くなりました。とにかくそんなくそ寒い中、はるばるやってきましたシュツットガルト。


ここはなんとあのメルセデスベンツとポルシェの本社があるんです。
ここが自動車発祥の地。

そんな自動車関係の観光には到着時刻が遅すぎて間に合わず。


今日はメルセデスベンツアリーナだけ、遠くから見てきました。
DPP_0922
どうやらサッカーの試合があるらしく、、、どうりで街が大渋滞な訳だ。。。



そして、晩飯がてら旧市街へ。


ここももちろんクリスマスマルクトやってます。今年4箇所目のクリスマスマーケット。
DPP_0930



シュツットガルトのクリスマスマーケットは
DPP_0924
お店の屋根の飾りが豪華!



しかも今日はめちゃめちゃ寒いおかげで(?)、人がやや少なめで写真も撮りやすい!
DPP_0926



これよくドイツで売ってる木のおもちゃ。
DPP_0925
これも屋根に乗っかってます。



立派な教会
DPP_0931
寒くて手が震えて、なかなか撮りづらい。。。



なんとか歩いて新宮殿に到着。
DPP_0933
雪+夜景でいい雰囲気。ちなみに三脚は使いませんでした。寒くてそれどころではない。。。



この寒さは北極圏を彷彿とさせる。。。しかも今日は油断して耳丸出しだったし・・・耳ちぎれるかと思った。
DPP_0932



さて、明日は自動車の聖地巡礼です。
朝、車のエンジンがかかれば・・・の話ですが。


↓ブログランキングに参加しています。極寒のクリスマスにクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
by BelgianWaffle | 2009-12-20 06:58 | ドイツ | Comments(16)

パリの街並み

一週間にわたりお届けしたパリ旅行の写真は今日で最終回です。
(久しぶりに全部写真が放出できた!NYも実はまだ在庫があったのに・・・)




いつも分かりやすい観光名所を紹介してるんですが、、、今回のテーマは街並み。
特にコレというものではないパリを紹介します。





冬のヨーロッパとしては奇跡的とも言えるほど良く晴れた日曜日。
c0187779_64219.jpg

ノートルダム大聖堂の近くの駐車場に車を放り込み、セーヌ川沿いを散歩する。





川沿いには沢山の露店があって、お土産やら絵画やら古本やら・・・
c0187779_654552.jpg






結構、朝早くから出かけたからか、、、日曜日だからか、、、
c0187779_664675.jpg

夏のパリからは想像できないほど人が少ない。





異様に人の少ない路地裏。
c0187779_683942.jpg

こういう雰囲気も良い。



後ろを振り返ったり、、、
c0187779_6164122.jpg

橋を何度も渡り、



ジグザグに歩いて遠回り。
c0187779_617565.jpg

沢山の橋も周りの建物もセーヌ川も・・・本当に絵になる。
このセーヌ川沿いも丸ごと世界遺産なんだそうだ。




こんな景色を撮りながら、オルセーまでひたすら歩いたのでした。
c0187779_612253.jpg

(実は結構遠い・・・)




天気も良かったし、オペラ座の劇場が見れなかったこと以外は、ほぼ狙い通りに楽しめたパリでした。
今回失敗したことはデジカメの交換電池と充電器を忘れたことくらい。

                                  クリスマスのパリ旅行 完結



実は今日で2009年の仕事は終わり!明日から怒涛の冬休み突入です。

早速、次の旅行へ出かける予定ですが・・・実はおとといから大雪で街中が大渋滞になってます。
昨日も会社から帰るのに普段の三倍の時間かかったし・・・


大丈夫かな・・・無事にたどり着けるか。いったい何時間かかることやら。。。
とりあえず(たぶん)行ってきます。


↓ブログランキングに参加しています。セーヌ川の景色に、パリの路地に・・・クリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
by BelgianWaffle | 2009-12-19 06:29 | フランス | Comments(10)

ノートルダム大聖堂

まだまだ続きますパリ観光編



今日はノートルダム大聖堂です。



お!聞いたことあるぞ!と思った方。
ノートルダム大聖堂というのは聖母マリアってことで、結構そこらじゅうにノートルダム大聖堂ってのはあるので御注意。


でも、きっとここが一番有名でしょう。


DPP_4630
パリのノートルダム大聖堂。




中に入るだけなら無料ですが、、、4年前に来た時には大行列で入るのを断念した。
DPP_4620
今回は朝すぐに行ったおかげか、、、冬のオフシーズンのおかげか、すんなり入れました。




この日は日曜日だからか、なにか行事をやっていたが・・・
DPP_4622
全然問題なく入れます。




ここの名物はきれいな「バラ窓」
c0187779_74890.jpg

大聖堂とかって中はどこも似たような感じだけど、このバラ窓は必見。





とっても細かく細工してあります。
DPP_4621




大量の観光客と・・・
DPP_4623



神聖な雰囲気と・・・
DPP_4624



ぐちゃぐちゃに入り混じってる。
DPP_4625



が・・・なんとなくここは観光寄りになってる気がする。



だって、大聖堂の中なのに・・・


いろいろ販売しているお土産屋があり・・・
DPP_4629



売ってるCDの視聴までできちゃう・・・
DPP_4628
これはちょっと雰囲気ぶち壊し系な・・・





なんて言っていても、行事のおかげできれいなパイプオルガンの演奏も聴けてラッキーだったなぁ。
c0187779_73437.jpg




↓ブログランキングに参加しています。一応世界遺産なので・・・ぽちお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
by BelgianWaffle | 2009-12-18 07:04 | フランス | Comments(12)
キラキラのシャンゼリゼ通りを凱旋門から歩いて2時間。


コンコルド広場の手前で見つけた小さな小屋。



入場料10ユーロというのは見かけた。



でも、ほとんど誰も入場している気配が無い。



なーんか、つまんないアトラクションでもやってのか?と思いながら通り過ぎるも、そこで見つけた看板で足が止まる。

DPP_4646
アイスマジック!

見えるのは氷で出来た凱旋門。つまり氷の彫刻展というわけ。


悩む。10ユーロ。つまり1300円。結構高い。


悩む。でも、2時間も歩いてここまで来たわけだし。


悩む。でも、あまり人入ってないし・・・


悩む。12月28日までの期間限定(と書いてあると推定)だし。


ま、いっか。せっかくだし話のネタくらいにはなるだろう。


ということで10ユーロ払って突撃。



まずは怪しく光るサンタとトナカイがお出迎え。
DPP_4635
彫刻は結構でかい!




シロクマとオベリスク(コンコルド広場にあるやつ)
DPP_4636
まあ、彫刻の出来はまあまあだが、しかし寒い!!内部の気温は-6℃。

当時、外は0度くらいだったと思うから、結構寒く感じる。



怪しく光る凱旋門。
DPP_4638
中にはチラホラ、観光客が居て、記念撮影してる。
おかしな話だ、すぐ近くに本物の凱旋門があるのに、わざわざ10ユーロ払って、くそ寒い中、ニセモノと記念撮影。。。




モナリザ
DPP_4640
この辺りでネタが分かってくる。つまり、どれもパリの名物ばかりなのだ。




怪しく光る考える人
DPP_4641
えっとルーブルに置いてあったかな・・・(あいまい)




もちろんエッフェル塔もあります。
DPP_4642
高さは3メートルくらいだったかな・・・




そして終盤にあったもの
DPP_4643
アイスバー。氷でできたバーです。これは結構おしゃれだけど、わざわざここで寒い思いをしなくても・・・店員がかわいそう。寒いし・・・客が寄り付かないし・・・




おそらく本家は、スウェーデンにある氷でできたホテル「アイスホテル」だと思うが、そこと同じくグラスも氷。
DPP_4644
一杯おいくらになるんでしょう・・・


このほかにもサクレクール寺院、マドレーヌ寺院、ムーランルージュなどなど、パリの名物が一同に会しておりました。。。
どう?入場料の10ユーロ、、、価値があるかどうか・・・


俺としては適正価格は5ユーロ。

まあ、適正よりも高いお陰で狭い館内でも写真が撮れたわけだが・・・


ちなみに結構のんびり見ていたため、しっかりと体もカメラも冷え切り、外に出たらレンズが結露・・・



コンコルド広場から凱旋門へ戻る途中で見つけたもの・・・
DPP_4648
ここ・・・一体何なのかわかりませんでしたが(フランス語分かる方!教えて!)


外には例のモサモサ牛がいた(生きてる本物ね)。
DPP_4647
寒いのに、外に放り出され、、、無言で草を食べていた。

で、それを観光客がガンガン写真撮る。ナンだろう・・・ここ?なんか牛がかわいそう。


とにかくパリのクリスマスマーケットでは、他とはちょっと違ったものが見れるよってことです。



↓ブログランキングに参加しています。10ユーロ分、取材したってことでぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
by BelgianWaffle | 2009-12-17 07:43 | フランス | Comments(10)
なんかややこしいタイトルになってしまった。

NYでブロードウェイミュージカル「オペラ座の怪人」を見て以来、友達からDVDを借りて観たりしてまして・・・


で・・・せっかくパリなんで現場に行ってみました。
(実はオペラ座の近くには日本食屋が沢山あるので、昼飯食うのが元の目的だが・・・)




ここが世界三大オペラ座の一つパリのオペラ座。
DPP_4593
ここの地下に怪人が住んでおります。ちなみに屋上ではハチミツ作ってます(世界不思議発見で見た)。




中に入ろうとチケット行列に並んで待っていると・・・



「ジャパニーズ?」とおばあさんに話しかけられる。


このおばあさん(日本人)、モンサンミッシェルとパリのクリスマスマーケットを見るために、日本からツアーでやってきたらしい。で、、、せっかくだからオペラ座の中が見たいと、自由時間を利用してたった一人で突撃してこられた・・・と、すげーおばーちゃん。しかも、英語もフランス語も話せないのに・・・


が、このおばーちゃんが重大な情報を握っていた。



”今日はオペラ座の中は見学できない!”(とツアーのガイドさんに言われたらしい)。



なにー!じゃあ、この行列は一体ナンなんだ?ということで近くにいた係りのムッシュに聞くと、見学の入場券だと・・・どういうことだ?と思ってさらに待つとチケット売り場の直前に

”本日はリハーサルがあるため、劇場は見学できません。その他はすべて見学できます”との張り紙。


うーん、劇場が見れないんじゃ意味ねーなぁ。しかもその他ってナンだろう?


とにかくもうすでに結構並んじゃったし、なんでもいいや!ってことでチケットを購入。


オペラ座、劇場以外その他の見学スタートです。




うおお。。。
DPP_4594
映画「プレデター2」に出てくる宇宙船の中みたいだなぁ・・・



と思っていたら、次の部屋からがすごい!
DPP_4595
めちゃ豪華!



ミュージカルや映画で出てくるシーンはここだったんだ・・・
DPP_4596
ここは正面の入り口から入って二番目の部屋くらいになるはず。



どどーんと・・・
c0187779_4553340.jpg

フィッシュアイ持って来て良かったぁ(いつもカバンにフィッシュアイな今日この頃)




ここも豪華。オペラを見に来た人はまずこの部屋に来る。
c0187779_457730.jpg

ヨーロッパのこういう豪華な部屋はいつも圧倒される。
めちゃめちゃわかりやすくゴージャスだよね。オラオラ金ぴかだぜ!って感じで。





ここが実際の劇場へのドア・・・今回はこの先が見れず。
DPP_4598
残念・・・



その廊下を右か左に歩いていくと・・・



豪華な扉が並ぶ。ここはボックスシートのドア。つまり個室っす。
DPP_4601
いままでにどれだけのお金持ちがこのドアを開けたことか・・・
ガラスから中も覗けます。



これがボックスシートNo.5
DPP_4602
オペラ座の怪人が占有を要求していた場所です。
舞台に一番近い場所だな。。。なぜかここだけはガラスに黒い紙が張られていて、中が覗けず。
怪人がいるから?




ということで劇場が見れなくとも結構楽しめるオペラ座観光でした。
DPP_4604
でもこれで8ユーロ(1000円ちょい)は高いなぁ。



昨日紹介したオルセー美術館には、このオペラ座のひらきが展示してある。
DPP_4605



そうそう、ここが昨日実際に見たあれだね!と結構楽しめた。
DPP_4607
(実際の順番ではオペラ座見てからオルセー行ったので良かった)




ここが実物が見れなかった劇場内部(の模型)。
DPP_4606
ああ、、、やっぱり本物見たかったなぁ。



とにかく模型もあわせてオペラ座観光一応完成だ!
DPP_4608




劇場を見にもう一度リベンジするか・・・次はぼうやも連れて。
DPP_4592
(この金ピカな人はあのシーンで怪人が隠れていたアレやね)




↓ブログランキングに参加しています。豪華ねぇーーっとため息と同時にクリックしてください。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
by BelgianWaffle | 2009-12-16 05:48 | フランス | Comments(8)