ベルギーでの生活や、周辺国への旅行を写真を中心に紹介


by BelgianWaffle

<   2009年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

映画のロケ地へ!

映画の街といえばハリウッドですが、ニューヨークは映画の舞台になる頻度としてはトップクラスでしょう。

ニューヨーク行きを決めて真っ先にやったのが、ニューヨーク関係の映画を観ること。
行く前の2週間ほどは、ずっとニューヨークに関する映画を観てました。


そして、観てきました、そのロケ地!

今日はそんな映画のロケ地の紹介です。


「公立図書館」
ここは”スパイダーマン”で、主人公のおじさんが、主人公を送っていって夜に殺されてしまった場所。
さらに”デイアフタートゥモロー”では、主人公の男の子達が最後に立てこもった場所です。
DPP_0465
今回は工事中。中にも入りませんでした。


「フラットアイアンビル」
独特な形のビル。一番薄っぺらい場所はなんと2メートルしかないとか。
表参道ヒルズもこんな感じじゃなかったっけ?
DPP_0542
ここは”スパイダーマン”で、主人公パーカーが写真を売りに行く新聞社です。

また、ハリウッド版”ゴジラ”では、ここに魚を山盛り置いてゴジラをおびき寄せた場所です。


「マグローヒルビル」
”プラダを着た悪魔”で、あのランウェイの編集部があるビルです。
(左から二番目のビル)
DPP_0366


この玄関からメリル・ストリープが出てくるってのは・・・似合いすぎです。
DPP_0471



「???」
このマンションの屋上にある豪邸。
DPP_0790
ここはスパイダーマンの主人公の友達の家です。
オズボーンさんの家です。


実はこれ、国連本部の目の前。
DPP_0789
(右側の白くて薄いビルが国連本部)

ゴブリンはなんで国連は攻撃しなかったんでしょう・・・



「グランドセントラルステーション」
ここもいろいろな映画で出てきますが、この道。
DPP_0791
”アイアムレジェンド”で主人公が、マネキンに近寄って罠にかかり吊るされてしまう場所です。
ここに行かなければ犬も無事だったのに・・・

”MIB2”では、この駅の中のコインロッカーに小人が住んでいました。

駅のメインコンコース。けっこうかっこいい。
DPP_0461



「ワシントンスクエア」
公園にある大きな凱旋門。
DPP_0891
その向こうにある茶色の家は”アイアムレジェンド”で、主人公が居た家です。


この家の地下で、感染したネズミや、ダークシーカーにいろいろな薬を打って研究していた訳です。
DPP_0890



「トリニティー教会」
ウォール街とブロードウェーの交差点にある教会です。
DPP_0384
ここは”ナショナルトレジャー”で、最後に主人公達が入っていた例の教会です。

DPP_0385
ここの地下には・・・


いかにも悪そうな顔したイアンの手下が死んでしまった原因となる地下鉄に乗って行けます。



「フェデラル・ホール・ナショナル・メモリアル」

DPP_0889
ここは”ゴースト ニューヨークの幻”で(古っ)、霊媒師オダ・メイ(ウーピー・ゴールドバーグ)が400万ドルの小切手を寄付した場所です。
この道をウーピーが・・・その銀行も近くにあるはずですが、忘れました。



「セントパトリック教会」
DPP_0373
スパイダーマンで、主人公がヒロインを救出して、ロックフェラーセンターに降り立つシーンで出てきます。

DPP_0375
中のステンドグラスもきれいで、結構楽しめます。


「タイムズスクエア」
とにかくいろいろな映画に出てきます。
DPP_0872
”アイアムレジェンド”では、主人公が打とうとした鹿がライオンに食べられた場所です。
”スパイダーマン”では、ゴブリンが襲撃して、自分をクビにした会社の経営者達を殺した場所です。




「ブルックリンブリッジ」
ゴジラが最後にワイヤーに絡まって動けなくなる場所です。
DPP_0457



「エンパイアステートビル」
キングコングが登ったことで有名なビル。
DPP_0785
スパイダーマンもここで戦ってました。


DPP_0593
なにかの映画でメグライアンがここに登ってなかったっけなぁ。。。。




「アメリカ自然史博物館」
DPP_0294
”ナイトミュージアム”の舞台であることはすでに書きましたが、
”デイアフタートゥモロー”でも、雨で困った主人公達が、現地のお金持ちの子と訪れています。


「セントラルパーク」
”プラダを着た悪魔”で撮影をしていた場所?
DPP_0285


”ホームアローン2”で、ハトだらけのおばさんに会ったのはここ?
DPP_0292

セントラルパーク内は広すぎて捜索しきれませんでした。



「マジソンスクエアガーデン」
DPP_0731
NBAのチーム、ニューヨークニックスの本拠地。
ハリウッド版”ゴジラ”で、ゴジラの卵だらけになっていた場所です。



などと、映画のロケ地も巡っている間にも、何度か映画かテレビの撮影シーンに遭遇しました。
DPP_0545
ニューヨークでは映画の撮影なんて珍しくもないんでしょうね。


ってな感じで、ニューヨーク 映画のロケ地めぐりも楽しんだのでした。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
by BelgianWaffle | 2009-11-29 06:14 | アメリカ | Comments(14)

大都会NYの意外な一面

まだまだしつこつ続くニューヨーク旅行記。もうしばしお付き合いください。


さて、大都会を堪能しに行ったニューヨーク旅行。

そこで見かけた意外な一面。


大都会とはいえ(大都会だからこそ?)そこかしこに公園がある。
DPP_0434



その公園に意外と動物がいる。

まずは謎の巨大な鳥。
DPP_0433



でっかいよ・・・相当。
DPP_0432
自由に歩き回っていました。。。

なんて鳥でしょう?ちょっと怖い。



さらに公園には必ずいたのが・・・



リス。
DPP_0555
結構大きくてフワフワのリスがたくさんいます。




公園のベンチにも
DPP_0559
人に慣れているんでしょう。近寄っていても逃げません。
(むしろエサくれ!って感じ?)





ヨーロッパの公園にもリスはいますが、ここまで大きくないし、こんなに沢山は見れません。
DPP_0560




公園に入るとすぐにリスが気になって、そこで写真撮っては時間のロスを・・・(いやロスではないが)。
DPP_0563



お!二匹仲良く!
DPP_0569


っと思ったら。


プロレス!
DPP_0571


意外な楽しみもあったニューヨークでした。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
by BelgianWaffle | 2009-11-28 06:28 | アメリカ | Comments(6)
今回のニューヨーク旅行の目的のひとつがNBA観戦。
(NBA:アメリカのプロバスケット)

ここ10年くらいはロクに見ていなかったものの、昔は結構好きでテレビでよく見ていた。


そして、いつかは本場で観戦してみたいと思っていた。


過去アメリカには3度行き、そこで滞在した街のほとんどがNBAチームの本拠地であった。


が・・・


一度もNBAを見たことがない。


なぜなら過去3度の渡米はすべて仕事で、夏だったため。
夏はバスケはシーズンOFF。

つまり見たくても見れなかったのです。


NYの旅行を決めると同時に早速、観戦ツアーに申し込み。


が・・・7日間の滞在中でNBAの試合があるのは一日だけ。
ニュージャージー・ネッツとインディアナ・ペーサーズの対決。


最近の事情に詳しい人間に聞いてみると、最近のネッツは絶望的に弱いとか・・・

なんと開幕10連敗。

昨年までのエース ビンス・カーターを放出。主力級はほとんどケガでお休みという状況。

相手のペーサーズも目だった選手もいないし、成績も勝率4割という微妙な成績。
つまり、ザコチーム対カスチームの対戦というわけだ。。。


お隣ボストンまで行けば、強豪チーム セルティックスの試合が見れるが・・・さすがにそこまでは。


さて、こちらがニュージャージー・ネッツの本拠地IZODセンター。
DPP_0696




中は2万人も収容できる巨大なアリーナです。
DPP_0697
今回は奮発して一階席をチョイスしたから良いものの、二階席にしていたら
選手が豆粒程度にしか見えないんじゃなかろうか・・・





肝心の試合の方は・・・実力どおりネッツは終始押されっぱなし。
(白のユニフォームがネッツ。紺色がペーサーズ)
DPP_0709



見ていて”おっ!”と思えるような選手もいないし。

開始五分であっというまに10点差。


そうは言ってもやはり本場アメリカでのプロの試合。
迫力はすごい。ハーフタイムなどでもファンを楽しませるような工夫が盛りだくさん。


ネッツのマスコットキャラクターのきつね君。
DPP_0705

目の前まで来て、握手してくれました。
(毛はちょっとゴワゴワした手触り)


今回のベストショット。
DPP_0714=2
ネッツのロペスのダンクシュート。

大して跳んでないのにダンクできるんだからすごい。


DPP_0721_2
最終的に試合は8点差でネッツの11連敗となりました。

ちなみにニューヨークへ飛ぶ前日の金曜日に、実はベルギーでバスケの試合をみていた俺。
(時間がなくてまだブログにしていませんが)

そっちの方が面白かったような・・・


まあ、なんにしても本場でNBAを見るという、死ぬまでに達成したいことリストのひとつを消化したのでした。



さっき確認したところ、このニュージャージーネッツ。現在0勝15敗と、連敗がさらに伸びている。
NBA記録は開幕17連敗というのが残っているらしいが、このままいくと開幕連敗のNBA記録のひとつを観戦したことになる・・・

まあ、なんにしても歴史の一ページに立ち会えることになるわけで・・・ちょっと期待し始めてます。
DPP_0718



↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
by BelgianWaffle | 2009-11-27 07:24 | アメリカ | Comments(12)
ニューヨークといえば、ブロードウェー。


ブロードウェーといえばミュージカル、という至極単純な思考により、ミュージカルも見に行っちゃいました。
(大して興味もないくせに・・・)



見たのはオペラ座の怪人。
DPP_0777



いやー、そもそもオペラ座の怪人が見たかったわけでもないし、
ミュージカルなんてものを見るのも初めてなんですが・・・
とにかくブロードウェーミュージカルを鑑賞です!


ここがオペラ座の怪人を上映するマジェスティック劇場です。
DPP_0776



どうせ撮影禁止だろうと、カメラを持っていかなかったので内部の写真なし。


でも、みんな上映前に会場とか撮っていたんだよなぁ。。。一応持っていけばよかったか・・・


さて、こういうものを見るとき、せっかくだからと一番良い席をネットで取ってしまう俺。

結果・・・一番前の席でした(座席を指定したわけではなく、大まかにブロックで指定したため)。
真近で見るミュージカルは大迫力・・・ですが、正直見にくい。


以前、ラスベガスでシルクドソレイユのショー”O(オー)”を見たときも、
最前列で失敗した俺。近すぎて舞台全体が見渡せない。



さらに直前に気づいたんだが、オペラ座の怪人ってどんなストーリーなのか知らない。

パリのオペラ座に怪人がいるってことは知ってるんだが・・・ニューヨークなのでセリフは当然英語。
しまった・・・予習しておくべきだった。


結果、、、なんとか普通にしゃべっている部分は理解できたんだが、歌われると半分もわからなくなる。
特に女性が高い声で歌っている英語を聞き取るのは・・・結構難しい。


まあ、仮に英語がさっぱりでも、歌のすごさ、舞台のセットなど見ているだけでも十分に楽しめると思います。

オペラ座の怪人といえばあの有名なおどろおどろしい曲。
(舞台の下にはオーケストラ部隊がいて生演奏です)

あれが聞こえてくると、盛り上がります。

思った以上に楽しめました。


そこらの(劇場とは無関係の)お土産屋で売っている、怪人グッズ。
DPP_0741
今回は写真もないので、お土産欲しい!と思ったが、どれも50ドル(5000円)以上する高額商品だったのであきらめました。



タイムズスクエアにある看板。怪人のマスクは立体で、夜には光ります。
DPP_0767



ってな感じのブロードウェーミュージカル鑑賞でした。








↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
by BelgianWaffle | 2009-11-26 06:58 | アメリカ | Comments(10)
ニューヨークの名物といえば、

自由の女神

エンパイアステートビル


そして、タイムズスクエア
テレビなんかでもよく見かける場所です。
DPP_0769
夜でもネオンライトが光り輝き、観光客でごった返す。



この有名な電光掲示板(一番下がヤフーになっているやつ)
DPP_0753
ここに広告を出すには一ヶ月で1億円以上の費用がかかるとか・・・(オヤジギャグ連発の旅行ガイドが言っていたので真偽不明)




なんとそこでウエディング写真を撮っている人を発見。
DPP_0756
そうとう恥ずかしそうにポーズを撮っていたからモデルさんということはないだろう。

観光客にもガンガン写真撮られていました(俺もその一人)。





このタクシーのすごい数。
DPP_0775
NYはタクシーだらけです。そしてみんな運転が荒い・・・前の車がちょっとでも発進が遅れるとすぐにクラクション鳴らすし。ザッツ ニューヨーク。




ここではマックすら派手なネオンがついてます。
DPP_0779
こんなマック見たことないぜ。




そんなタイムズスクエアにお昼に出かけたときのこと
DPP_0872



ついに有名人に遭遇です。




それは、、、




最近よく映画に出ている、




人気の俳優さん、




モーガン・フリーマン!!
DPP_0875





のロウ人形です。

ここにもマダムタッソーのロウ人形館がありました。ここのロウ人形ってどれもすごい。
(あとはラスベガスと、アムステルダムにありました)



冗談はさておき、

DPP_0877
こちらも結構有名なお方!




ネイキッドカウボーイです。
DPP_0879
彼が今回のNY滞在中で出会った唯一の有名人でした・・・



↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
by BelgianWaffle | 2009-11-25 06:34 | アメリカ | Comments(9)
まだまだしつこくNY旅行記の続き


自由の女神を見た後は、マンハッタンの南側を観光。



8年前の事件の現場、グランドゼロへ行ってみた。
DPP_0451


9・11から8年。
貿易センタービルの跡地にビルを建てることになったらしく、
DPP_0452
工事の柵が作られ中はまったく見えませんでした。
今回もすごい高層ビルを建てるらしく、完成すれば新しいニューヨークのシンボルになるかも知れません。



さて、そのグランドゼロをなんとか上から眺められる場所がないかと、探していると・・・
DPP_0449
頭上に変わった虹が・・・



DPP_0453
太陽はこの写真の右側にあるし、この日はずっと快晴だったので普通の虹が見えるはずがない。



太陽光がなにかに反射したのか、なんなのか・・・はじめてみる不思議な虹でした。




↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
by BelgianWaffle | 2009-11-24 07:12 | アメリカ | Comments(12)

かたつむりな美術館

今朝、無事にベルギーに帰ってきました。

で、今は掃除・洗濯ざんまいです。旅行の後の恒例行事ですね。

NY滞在最終日の土曜日。夕方のフライトだったので、それまでの空いた時間を使って、最後に行きたかった場所へ。



それはグッゲンハイム美術館。
DPP_0898
かたつむりのような形をした面白い建物です。


ここはエッセンのSonaさんお勧めの場所。

行ってみてその理由がわかりました。



ここの美術館。本来は写真撮影禁止なのですが、一階部分だけはOKとのこと。


中もこんな渦巻き状です。
DPP_0896



しかし、ここを写真で撮るのは手ごわい。
DPP_0894
広角24mmでは歯が立たず、魚眼レンズでやっとこれ。普通のコンパクトデジカメじゃこの雰囲気は撮れないでしょう・・・これか!Sonaさんお勧めの理由は。
でも来た甲斐がある。こんな建物は他にないであろう。かたつむり型美術館。


展示物の見学はそこそこに、建物を鑑賞してました。



さらに驚いたのは、美術館のショップで売っていたもの。
DPP_0897
美術館がそのものレゴなんです。すげー、レゴ化されているとは・・・





帰りには1ブロック歩いて
DPP_0900
メトロポリタン美術館へ。ここは初日に来ましたが、豪雨で外観の写真がなかったので




やっぱりこの美術館もすごい建物。
DPP_0901
どこかのお城かなにかのよう。



そのままセントラルパークをふらついて帰りました。


空港に行く前に小腹がすいたので、お菓子をさがしていると・・・
DPP_0902
きのこの山売ってるじゃん!いいなぁ。アメリカ。ベルギーではきのこの山は売ってない・・・(と思う)



↓ブログランキングに参加しています。不思議なカタツムリ美術館にクリックを。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
by BelgianWaffle | 2009-11-23 00:29 | アメリカ | Comments(12)

Good bye

今日でニューヨーク観光も最後。
明日の夕方のフライトでベルギーに戻る予定です。


一応は最終日となる今日は、当初予定していたチェルシー・ソーホーの観光はやめて、最後にもう一度ニューヨークらしいところの写真を撮ることに変更しました。



まずは定番中の定番、エンパイアステートビルの展望台です。
DPP_0598


事前にチケットは買っていたものの、エレベーターの待ち時間は結構長い。
ちなみにここ、25ドル追加で払えば、すべての行列をパスさせてくれるらしいです。
結局金か・・・



ともあれ、約300メートルの高さのビルからの眺めは最高。
DPP_0591



お昼頃に登ったため、南側の金融ビルたちはモロ逆光で写真がイマイチなのが残念です。
DPP_0603



その後は一旦ホテルに戻って装備(上着とレンズ)を整えて、最後の夕景ハンティングポイントを目指します。
貴重な最後の晩をささげることにしたのは、


ブルックリンブリッジ
DPP_0617
実は朝のうちに一度橋を渡ってみて、夕景の撮影に良さそうな場所と思ったのです。




橋のワイヤーがないベストポジションに到着するころには、もう太陽は沈みかかっていました。
DPP_0627
自由の女神と、沈み行く太陽。


実は夕焼けと摩天楼をセットで撮ろうと思ってここに来たのですが、今日は摩天楼方面はあまり赤くならず失敗。でも、自由の女神の方角は
DPP_0638
なかなか見れないような、ものすごい夕焼け。またまたラッキー。



自由の女神のライトアップもうっすらと見えます。
DPP_0663
自由の女神は結構遠くて望遠レンズでの撮影ですが、すぐ足もをと車が通るためその振動で橋自体が揺れ、ちょっとブレています。もうこれが限界。



結局、ナイアガラの滝へ行った昨日と、ついた初日だけは雨でしたが、
それ以外はすべて気持ちがよいほどの晴れ。

おかげで(ナイアガラ以外は)良い写真が撮れました。

この街でないとできないこともいろいろやれたし、もうさほど思い残すこともなくベルギーに帰れます。

Good bye New York...


でも、撮り貯めた写真は大量にあるため、しばらくはNY日記が続く予定です。


↓ブログランキングに参加しています。真っ赤な空にたたずむ自由の女神にクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
by BelgianWaffle | 2009-11-21 13:15 | アメリカ | Comments(14)
今日はニューヨーク発で、日帰り弾丸ナイアガラツアーへ。


ビートルズが初めてアメリカに降り立ったことで有名な(?)JFK空港から、
DPP_0510
ジェットブルーという未知の航空会社のフライトで一路バッファローへ。


このジェットブルー
DPP_0511
機内では青色のポテトチップが出てきます。味はまあまあでした。



そこからバスにゆられること40分。国境を越えてカナダへ!
DPP_0517
人生20カ国目。やっと全世界の国・地域の10%を制覇。まだ10%かぁ・・・


そうそう、ここの国境ではパスポートにハンコが押してもらえます。
実は2009年で、押された3つめのハンコ。ヨーロッパ内で旅行していても、パスポートにハンコが押されるチャンスはほとんどありません。



これはカナダ側からの写真。向こう岸がアメリカのナイアガラフォールズ。
DPP_0514
手前がカナダのナイアガラフォールズ。国境をはさんで同じ名前の街があるのは世界でもここだけだとか。
橋の真ん中にアメリカとカナダの国旗が立っていて、そこが国境になります。




そして、これが世界三大瀑布のひとつナイアガラの滝です。
DPP_0512
手前に見えるのがアメリカ滝、奥のすごい煙が出ているのがカナダ滝という名前らしいです。


ただねぇ。。。写真をみてもわかるように、天気はイマイチ。
今回の旅行で到着した日を除いて、初めての曇りです。
せっかくのナイアガラなのに・・・



バスにゆられてカナダ滝のほうへ。
DPP_0515
夏場は霧の乙女号という名前の船に乗って、滝の近くまで行けるそうですが、11月以降は船が出ないので、代わりに滝の裏側ツアー(Journey Behind the Falls)に行きます。




まったくセンスも欠片もない黄色い雨ガッパを着て
DPP_0518
地下のトンネルを歩くと・・・



なんとナイアガラの滝を裏側から見ることができるのだ!!



という触れ込みでしたが・・・



たったのこれだけ。ここから先には行けません。
DPP_0519
うーん。別にナイアガラでなくても、これくらいは見れるよなぁ。
確かに滝の裏側ツアーなので、看板に偽りはないんだけど・・・



ここはもうひとつ、滝の落ち際を横から見れる場所もある。
DPP_0520
ここはまあまあだけど・・・そもそも水しぶきが激しいのに、
なんとついに雨も降り出した。



そう今日のタイトル、びしょびしょになったのは滝の水しぶきによるものではなく、大半が雨。


カッパは着ていても、手とか足は大体出てるし、カメラのレンズに水滴がつけば写真に写りこむし(カメラとレンズは一応簡易な防水なのでOK)、なんと言っても空が灰色では、写真が滝なのか、滝の水しぶきなのか、雨なのか、雲なのか・・・判別しずらい。


がっかり。。。





写真としてはイマイチですが、間近でみるナイアガラの滝の迫力は相当なものでした。
DPP_0521
空が青いともっときれいなんでしょうが・・・



ここはさらに上にあがるとテーブルロックという展望台があって、滝の落ち際を上から見れます。
DPP_0536
数メートル先は滝です。これまたなかなかの迫力。
曇りのおかげでNDフィルターも不要でした。。。



テーブルロックから魚眼での眺め。
DPP_0526
このレンズの状態で、ガイドさんに滝と一緒に写真を撮ってもらおうとカメラを渡したら、
「えー、何ですかこれ?!すごーい。おもしろーい。もう一枚撮ってもいいですか?あ、こうすればいいのかな?!」っとすごく盛り上がって何枚か写真を撮ってもらいました。
確かに魚眼レンズついたカメラのファインダーって異次元ですからねぇ。。。



そこにいた鳥ちゃん。なかなかいいポーズです。
DPP_0532
ナイアガラの滝を落下してしまった魚は、滝つぼで目を回して川に浮かぶらしく、それを狙った鳥がたくさんいました。



数キロ下流の川が流れを変える場所。ここでは渦潮が見れるらしいのですが・・・
DPP_0540
なにしろ雨がひどくて・・・もうどうでもよくなってました。



ナイアガラの滝は世界遺産ではありません。
手前に人口で水門を作って水量を調整しているため認定されなかったとのこと。
この調整をしないと、滝のパワーで、滝が一年で1メートルも移動してしまい、どんどん地形が変わってしまうそうです。今はその調整のおかげで1年で3センチしか動かないそうです。



***まとめ(とグチ)***
滝自体はすごかった。さすがに三大瀑布。
ちょっと高いお金を払って行く価値は十分にあると思う。
カナダのハンコも押してもらえるし。

しかし、いかんせん船に乗れない(冬に来た俺が悪い)、天気が悪い(運が悪い)ということで、ちょっとがっかりでした。さらに滝の周りは完全に観光地化されていて、あまり自然な雰囲気も無いですし。


ツアーの最後には、自動的に日本人が経営するお土産屋へ行くのだが、完全に日本人の団体旅行客向けな感じで、品揃えがどうも年配の方向け・・・俺としては何を買おうかとっても困った。
その前の普通のお土産屋で何か買っておけばよかったなぁ。
なぜか日本からのツアーってこういうお土産屋がセットになってるよなぁ。

でも、ニューヨークからナイアガラへ、個人で行くのはあまりお勧めできない。
空港から滝も遠いし、入国や出国でトラブルのも面倒。そもそもマンハッタンからJFK空港だって遠いし。
慣れている人なら、もちろん問題ないでしょうが・・・


ということで、びしょ濡れでのナイアガラレポートでした。



↓ブログランキングに参加しています。たいした写真は撮れませんでしたが、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
by BelgianWaffle | 2009-11-20 14:10 | アメリカ | Comments(12)

最高の写真 from NY


お待たせしました。ついに夜景編です。



今回は夜景というより夕景。
夜景は夜景で撮ってますが、、、また後日。




今回の夕景の写真、ひょっとしたら2009年に撮った写真で一番かも・・・





その日は朝から予感がありました。
夕焼けに絶好の空・・・



これは絶対にすごい夕焼けになる・・・


夕焼けが近づくころ、急いでロックフェラーセンターの展望台に向かう。



そこは高さ259メートルの展望台。エンパイアステートビルよりは低いが・・・それでも十分に高い。



そこからの眺めは・・・・



絶景
DPP_0506
写真をクリックするともっと大きく見れる・・・はず。



夕焼けと摩天楼
DPP_0507
ニューヨークに来た甲斐があったぁ。。。




正面の頭が白く光っているビルがエンパイアステートビル。
DPP_0496
それ以外にも100メートルを越すような高いビルがごろごろしてる・・・おそるべしニューヨーク。



奥にはかの有名なブルックリン橋も見えます。
DPP_0498




反対側(北側)はそれほどでもありません。真ん中の長方形に暗い部分がセントラルパーク。
DPP_0501
公園じゃ、なにも光は出ませんわ・・・その左に例のナイトミュージアム、右にメトロポリタンがありますが・・・
見えませんね。




こちらは東側。
DPP_0502
こっちはアクリル板があるので、イマイチきれいな写真ではないですが、特にはなにもないです。



↓ブログランキングに参加しています。この夕景にため息がでたら、クリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
by BelgianWaffle | 2009-11-19 11:13 | アメリカ | Comments(16)