ベルギーでの生活や、周辺国への旅行を写真を中心に紹介


by BelgianWaffle

<   2009年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

小便小僧対決!

今日は初のコラボ企画。


お隣の国ドイツでミニチュアシュナウザーとの日々をブログにしているsonaさん達とブリュッセルをお散歩しました。(エッセンmitシュリundティンティンinドイツ http://mitshuri.exblog.jp/)



行き先は、建物の間から見える尖塔
DPP_1947




ブリュッセルの誇る世界遺産グランプラスです。
DPP_1948
ぼうやグランプラスデビュー!




今日はお天気も良く
DPP_1952
絶好のお散歩日和(さすが晴れ女のsonaさん!!)




今日のお散歩には・・・
DPP_1959
ミニチュアシュナウザーのシュリ君と



同じくミニシュナのティンティン君も同行です。
DPP_1953
この子はぼうやと誕生日が1日違いのまだまだ赤ちゃんです。


ぼうやよりも1日年下なのに・・・もうすたすた歩きます。
まだ寝返りすらもできないぼうや・・・今のところ完全に負けてます。


今日のお散歩は、大人五人 + ワンコ二人 + 赤ちゃん一人 の大所帯です。
DPP_1957
シュリの目からのブリュッセル。

きっとそこらじゅうのワッフル屋のニオイが気になったことでしょう。




移動中にぼうや撃沈
DPP_1963
この石畳のガタガタという振動が心地よいらしい。


ちなみにこちらのベビーカーは、石畳の振動に耐えられるよう、車輪が大きいです。
日本製のベビーカーはあっという間に車輪が壊れるとか・・・


で、到着したのは、世界三大がっかり名所のひとつ”小便小僧”
DPP_1964
うちの小便小僧(ぼうや)との対決ファーストラウンドは・・・

ぼうや爆睡。号泣されるよりはいいけど・・・



んで・・・
DPP_1966



またグランプラスに戻ります。。。
DPP_1958

まだまだ子犬のティンティンは
DPP_1967
エコバックに入って移動です。

どこかでぬいぐるみを買ったみたいな・・・


沢山歩いて疲れたので近くのカフェでお茶しました。
DPP_1969

DPP_1970
子犬は疲れてぐったり。


DPP_1971
かわいい!


シュリもティンティンもとっても人懐っこくてかわいい子達でした。
DPP_1973

いつものようにぼうやもにっこり
DPP_1951
今日はなんだかとってもご機嫌なぼうやでした・・・


はるばるドイツから遊びに来てくださったみなさん。
とっても気さくな方たちで、楽しい時間を過ごすことができました(犬達もかわいかったし)、
お土産も沢山いただいてしまって、ありがとうございました。


ぼうやもだんだんしっかりしてきたし、次回はエッセンでお会いできるのを楽しみにしています!
(またはデュッセルドルフのなにわで・・・)
by BelgianWaffle | 2009-08-30 06:27 | ベルギー観光編 | Comments(9)

海へ・・・

このまえの日曜日。ベルギーの街 オステンドへ行ってきました。

ここは北海(ほっかい)に面していて、海水浴場があります。
DPP_1849

そんなベルギーの夏のリゾート地にぼうやとでかけました。



オステンドの教会。なかなか立派です。
DPP_1863
(足くせ悪くてすみません・・・)


DPP_1860

DPP_1853
教会の内部は豪華なステンドグラスが沢山


DPP_1857
そんなステンドグラスには見向きもしないぼうや
(この日は泣かずにご機嫌だったので、教会の中も入れました)


オステンドのチョコレート屋さん(やっぱりベルギーの街にはどこもチョコレート屋が沢山あります)
DPP_1873


DPP_1874
灯台だったり、貝殻型だったり海っぽさをテーマにしたチョコレート屋でした。



ここは海水浴場をちょっと離れた海。
DPP_1887


DPP_1876
ぼうや初めての海。


海も・・・見向きもしませんでした。



まあ、なんとなく夏っぽい写真が撮れたし、良いことにしよう。
DPP_1881
耳掻いちゃってるし・・・



ベンチに座って海を眺めていた時に会ったわんこ。
DPP_1884

彼はじーっと海を眺めています。
飼い主さんによると、このわんこは海に入るのが好きなんだそうです。
でも、昨日シャンプーしたばかりなので、この日は海には入れてもらえず・・・



DPP_1885
名残惜しそうに、数メートル置きに柵の間から顔を出して海を眺める後姿がかわいい。



きれいな海と晴れた空。
DPP_1880
そんなオステンドのお散歩でした。



ちなみにベルギー中の人が海に殺到していたのか、帰りの高速は大渋滞でした。
(大渋滞といってもベルギーとしては・・・ってレベルですが。日本に比べたら全然マシ)
by BelgianWaffle | 2009-08-28 05:54 | ベルギー観光編 | Comments(10)

5年ぶりの大物

昨日の会社帰り。
会社を出てすぐに土砂降りの雨。


それからしばらくすると一気に晴れて、まぶしいほどの夕焼け。


これは・・・予感がして家路を急ぐ・・・

家の前の最後の交差点を曲がったところでそれは現れた。


DPP_1844
まさにフランス語でアルカンシエル(arc-en-ciel 空のアーチ)というのにふさわしいほどに見事な虹。



5年前のスウェーデン出張中にも、仕事帰りにこんな見事な虹に遭遇したものの、カメラを持っておらず。
それ以来、5年ぶりの大物です。

ここから急いで車をガレージにねじ込み、家まで急いでカメラを準備して撮りました。
なにしろ虹はあっという間に消えてしまうもので・・・

しかし、このアーチの虹。超広角レンズ(16mm)でやっと一枚におさまるほど。
普通のレンズでは半分も写せません。


このとき夕焼けしていたため、肉眼で見えていた雰囲気と写真はだいぶ違うものになってしまっています。
本物はもっとはっきりときれいに見えていたんですが・・・夕焼けの赤が混ざってどうにも上手く撮れませんでした。


DPP_1847

虹が消えた後は、ものすごい夕焼けも楽しめました。
by BelgianWaffle | 2009-08-26 04:53 | ベルギー観光編 | Comments(24)

ついに!!!

異変に気がついたのは今日の夜。ぼうやをお風呂に入れていたときでした。
ん?!いつもと様子が違う。

ということでさっそく実験。

ぼうやを寝かせて、腕を掴み


IMG_4003_2

そーっと持ち上げると・・・
IMG_4005_2


おお!
IMG_4008_2

頭が持ち上がるようになってきた!

まだまだ完璧ではないものの。。。
ついに首がすわり始めてきました。


お風呂に入れるとき、首をあまり支えていないのに、落ちていかなかったんです。


10日前に同じことやったときには

IMG_3228_2

首はだらーんと90度くらい曲がって、


IMG_3229_2
まったくついてくる気配ゼロ。
軟体動物的な状態でした。


もう生後三ヶ月過ぎているのに、首が全くすわってこないので、ちょっと心配になっていたんですが・・・
(首がすわったほうがいろいろと楽という事情もありますが・・・)


たったの10日でこれだけ変わるとは。

あ、この首のすわりチェック方法は腕が抜ける恐れがあるので、あまりやらないほうが良いそうです。。。


IMG_3744
やったぜ!っとにっこり。
by BelgianWaffle | 2009-08-24 07:33 | 子ども | Comments(17)

ギネスなバー

日本人にとってベルギーとはチョコレートとワッフルの国。



でもベルギー人にとっては

ビールとフリッツ(フライドポテト)の国なんだそうだ。
(チョコは?って聞くと、ああそういえばそうだねって)


彼らのビールに対する情熱はすごく、飲み会なんかでビールの話を始めると止まらなくなる。


そんな彼らのお勧めのバーに行ってきました。

DSCF5878
その名はDelirium Cafe。


Delirium Tremensとう名前のビールについているピンクのゾウさんが看板になってます。


ここのすごさはその品揃え。


なんと2500種類ものビールがあって



ギネスに認定されている。
DSCF5881
ビールのギネスもあるだろうけど、ギネスブックのほうのギネスなバーなわけです。


でも実際には常に2500種類もあるわけではなく、最低2004種類は保証しますとメニューに書かれている。
DSCF5882


そのメニューを見るだけでも楽しい。
DSCF5879
この厚み・・・

このメニューブック。店内には数冊しかないらしく、見ていると隣のテーブルの人がいつ終わるのかと見てきます。


DSCF5886
いろいろなビール達。


DSCF5887
真ん中に注目。ギロチンという名前のビール。

だいたい一杯3ユーロ前後だけど、なかには30ユーロ(4000円)とかとんでもない値段のものがまぎれているので注意。


DSCF5884
こちらは大きい(1リットル)ので20ユーロもやむなしか・・・



この日は天気も良かったので外の席で飲みました。
DSCF5889
ここ、、、かの有名な小便小僧・・・ではなくマイナーな観光スポット”小便少女”のすぐ近くです。



店内の飾りつけもひたすらビールにこだわったつくり。
DSCF5877
ビール瓶が一面に埋め込まれた壁


看板だらけ
DSCF5874


これ・・・なんていうんでしょう。プレートかな?
DSCF5892



ベルギーだけでなく、他の国のビール(もちろん日本も)もあって、

絶対に旅行で行けなさそうなパレスチナのビールを頼んだけど・・・さすがに無かった(メニューにはあるんだけどね)。どうやってそんなビールを買い付けているものやら・・・

DSCF5894



で、ビール以外で驚いたのは、いつもは全く人気の無いこの小便少女の通りも、この日はバーの客で賑わい
DSCF5896
さらに夜23時近くでも、団体の観光客が見に来ると言うこと・・・



こちらが普段の雰囲気
DPP_1838
観光客が二人だけ・・・ちょっと薄暗い路地裏って感じです。


そしてこれが・・・小便少女です。
DPP_1840
by BelgianWaffle | 2009-08-22 20:43 | ベルギー生活 | Comments(20)

かみつきぼうや

ぼうやに忍び寄る緑の影
DPP_1831




最近、ぼうやのおもりのために我が家にやってきた
DPP_1832

ワニ君です。



彼の仕事は

DPP_1833
ぼうやに噛みつかれること


寂しがりで誰かが側にいないと遊べないぼうやのために、
DPP_1836

DPP_1837
これまではこのクマ(ぼうやの右のやつ)が、おもりをしてくれていました。
(ほらー、クマが見てるよー、とかごまかして、その隙にご飯食べたりしてます)




DPP_1835
上手に手で捕まえて



がぶっ
DPP_1834
(というよりはチューだね。)



よかった気に入ってもらえて



でも、本物の人間の顔が見えると
DPP_1830
こんな笑顔をしてくれます。

この笑顔にとろける毎日です。
by BelgianWaffle | 2009-08-19 08:34 | 子ども | Comments(24)
いままでの出張で、とんでもなくしょぼいホテル(というかモーテル)から、結構豪華なホテルまでいろいろなホテルに滞在した。



そのなかでももっとも”いかれた”ホテル。



それはニューヨークニューヨーク
DPP_1801

いかれた街ラスベガスにあるホテルです。

DPP_1800
ニューヨークの街をテーマにしたホテルです。


DPP_1762
ニューヨークの街を小さく(と言っても相当な大きさですが)して再現しています。



ホテルの内部もさながらニューヨークの街のようになっている(ニューヨーク行ったことないから知らないけど)
DPP_1799


部屋からの眺め。お向かいのMGMグランド(緑色の巨大ホテル)が見えます。
DPP_1759


去年のアメリカ出張中に仕事で滞在しました。


仕事でね・・・


ベガスのホテルとは宿泊施設というよりカジノであり、ショッピングセンターであり、観光地なんです。

ホテルの狙いは宿泊の代金ではなく、お客さんがカジノで遊んでくれること。

従ってホテルのすべては、客をカジノに向かわせるようになっている。

チェックインするにも、なにをするにも一度はカジノを通るようになっている。


部屋も全くもってシンプルで何もない。
DPP_1758

ベガスのホテルはどこも客に部屋でくつろいで欲しくはないので、ネットも有料だし。


で、ここに滞在しながら仕事をしていたわけですが・・・


このホテル


DPP_1760

ジェットコースターが付いてるんですわ・・・
(これもおバカな発想だけど・・・)


DPP_1761


なんで一日中、ホテルの部屋では乗客の絶叫が聞こえる。


俺の部屋はこのジェットコースター側だったし。



で、このジェットコースター

夜も動いてます。
DPP_1825
結局24時でジェットコースターは終わったから良かったけど、ひょっとしてオールナイトか?と心配でした。

仕事で宿泊するには向いてないホテルでした。
(出張で仕事に向いていたホテルに泊まったことの方が少ないが・・・目の前が海だったり)


とは言え、仕事でこんな景色が見れるなんて・・・
DPP_1824


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
by BelgianWaffle | 2009-08-16 23:29 | その他旅行記 | Comments(7)

世界遺産の街ゲント sanpo

久しぶりにリアルタイム旅行記です。

先週の日曜日、例のペットショップを見た後は、ベルギーの都市のひとつゲントへ行きました。

俺はゲントは二年前の出張のときに半日だけど行った事があってそれ以来、嫁とぼうやは初です。

そして、ここ数ヶ月は、ぼうやの記事と過去の旅行記を書いていたわけだが、ついに今回からぼうやと旅行記が合体。

ぼうやのいる旅行記になります。



ゲントまでは車で50分程度。近いものです。
DPP_1735
車で心地よく眠っていたぼうやを、ベビーカーに移動させたところで絶叫開始。

そりゃ怒るよなぁ・・・



これが世界遺産の鐘楼。
DPP_1736
本当は登れるんですが・・・ぼうやが絶叫しているので断念。
しばらくこういう場所は難しいか・・・



この街も観光馬車がいます。
DPP_1737

以前、ブルージュで観光馬車に乗ったときには、結構激走でしたが・・・ここのはゆったりまったりパカパカ歩いてくれるみたいです。いつかぼうやが大きくなったら一緒に乗ろう。


DPP_1738
お値段は25ユーロだそうだ。



運河沿いには
DPP_1741
キレイな花が飾ってありました。いい景色。



ということでぼうやも・・・
DPP_1740
ベビーカーの中って、少し暗いので景色とぼうやを一緒に撮るのは難しぃ。




フランドル伯居城。
DPP_1745
ドラクエに出てきそうな、いかにもヨーロッパのお城という感じ。




その横にあるビール屋
DPP_1744
ベルギービールってとにかく種類が沢山あるんです。
2年前にはこの店でビールを買って、飲みながら観光したなぁ。。。



もちろん観光馬車もここは通ります。
DPP_1746



いい景色・・・
DPP_1747


あ、ぼうや発見!
DPP_1748
裸のぼうやにそっくりなミッシュランマン



(俺の中で)ゲントのベストアングル
DPP_1749


ぼうやも一緒に
DPP_1750



ここの旧市街もブルージュやアントワープとは違う趣です。
DPP_1751




あー、面白かった。
DPP_1752
最後にはぼうやもすっかりご機嫌になっていたのでした・・・



【今日の漢字Tシャツ】
DPP_1739
富・・・・



↓ブログランキングに参加しています。ぼうやのにっこり笑顔にクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
by BelgianWaffle | 2009-08-14 06:04 | ベルギー観光編 | Comments(14)

パスポート申請

ついにぼうやの名前が日本の戸籍に入り、晴れてパスポート申請ができる準備が整いました。




で、日本から戸籍謄本を取り寄せました。
(といっても親に市役所でとってもらって、嫁の友達に持ってきてもらったんですが・・・市役所がやってくれるわけではありません)




で、ぼうやの戸籍





出生地が
DPP_1734
ベルギー王国ブリュッセル市と書いてある(当たり前だけど)



すげー、なんか一人だけかっこいい!

俺も嫁も出生地は愛知県と書かれているのに、ひとりだけグローバルじゃん。


ちょっとあこがれちゃったよ。



で、、、パスポートと言えば写真。


赤ちゃんのパスポート申請をしたことのある人はそのハードルの高さがわかると思うが・・・


正面を向いていて、本人だけが写り、背景は白(影もNG)という細かい規定がある。


大体赤ちゃんなんて、寝てるか泣いてることが多いので、写真屋に行っても上手く撮れる保証なんて全くないわけで、、、ましてや未だに首がすわっていないわが子は、本人だけが写るってこと自体が不可能
(誰かが首を押さえてないと、前向けないから・・・)


ということで自家撮影しました。


ぼうやが機嫌よくおきている時を狙い、白いタオルの上に寝かせて、真上から撮影。
(影をなくすためにフラッシュをバウンスさせて使用)


で、出来たのがこちら

IMG_2725_2

まあ、それなりな雰囲気には仕上がったかなぁ。


ちなみに連射して顔の写真を撮っていたので、


こんなのとか
IMG_2749_2



こんなのとか
IMG_2752_2


こんなのも撮れちゃいました。
IMG_2779_2



一瞬、この面白い顔の写真を提出して、領事館の人を笑わせてやろうかと思ったものの・・・
面倒なのでやめました(写真をカットするのが面倒)。



パスポートは申請から4日でできあがるそうです。
結構早いのね・・・



↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
by BelgianWaffle | 2009-08-12 05:49 | 子ども | Comments(20)
前回紹介した、アルパカやトキを売っている驚異のペットショップ。

このまえの日曜日にもう一度、行ってみました。


相変わらずグダグダのアルパカ。
DPP_1731


DPP_1728
やる気ゼロ・・・


この日は気温27℃とベルギーにしては暑く(日本のみなさんごめんなさい。27℃ごときで暑いなどと・・・)、アンデスの高地出身で、立派な毛皮を持つアルパカにはちょっとこたえたんだろう。


ちなみにあの後アルパカについて調べてみたんですが、

  成長すると体長は2メートルにもなるらしい →室内で飼うのは相当大変。
  防衛や威嚇のためにつばを吐きかけるらしい →やめてほしい・・・
  時速40キロで走れるらしい→100メートル走9秒台で走れます →散歩大変
  栃木県にはアルパカ牧場というのがあるらしい           →行ってみたい
  群れで暮らす動物なので最低2頭以上での飼育が望ましい   →ハードルあがった。
  
などなど、色々大変であることがわかり断念しました(いや最初から飼えないけどさ・・・)
さらにベルギー人に「ペットショップでアルパカ売っていたんだけど」と話したら、ものすごい驚いていたので、いくらベルギーと言えども、アルパカを飼うのは普通ではないそうです。


あと、ここ犬も売っていたんだけど・・・その数がものすごい。
同じ犬種が一箇所にいるんだけど、みんながくっついて寝てるもんだから、一体何頭いるのかわからないほど・・・ここはすごい。見ても分からない種類の犬も沢山いたし。



前回は慌ててみてたものだから見逃したんだが、
DPP_1732
ふくろうも売ってる。



DPP_1733
この子達は一体いくらくらいなんだろう・・・値段は見つけられませんでした。

昔、ふくろうが欲しくて、いろいろ調べたところ、一羽30万円くらいという高額であきらめたんだが・・・



↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
by BelgianWaffle | 2009-08-11 05:46 | その他旅行記 | Comments(14)