ベルギーでの生活や、周辺国への旅行を写真を中心に紹介


by BelgianWaffle

<   2009年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

今日も嫁・親とともに観光とお買い物。。。

はぁー、つかれた。

ブルージュツアーの続き。


ブルージュではいたるところで観光用馬車が走っている。
DPP_0221


たまに観光地で見かけて乗りたいなと思っていたんだが、男一人で乗るのは痛すぎる・・・
DPP_0231



ということで今回初チャレンジ。
DPP_0222
憧れのお馬さんは・・・



爆走・・・
DPP_0224
街の中でも・・・結構なスピードでどんどん走っていく。
このときも自分達の後ろからも一台が猛スピードで迫ってくる。。。
これは・・・のんびり観光というより、ジェットコースター的なアトラクションだな。。。


ガイドさんの英語はイタリアなまり?なのか、まったく聞き取れない・・・


まったく観光にはなりゃしねー。。。

途中、一度だけ馬の休憩を兼ねて止まってくれる。
DPP_0228
その間にご飯を食べる馬。。。

かわいい。

馬車ツアー・・・楽しいけど観光にはならない。
振り落とされないようにしがみつかないといけないし。。。

次はゲントで乗ってみよう。そこは確かのんびりパカパカ歩いていた・・・はず。
by BelgianWaffle | 2009-02-24 07:10 | ベルギー観光編 | Comments(4)

新婚旅行&・・・

さて、嫁と親3人が無事に到着し、昨日は観光へ出撃。

親が来た理由は、5月に子供が産まれた時のヘルプに来てもらう時の下見。
なので、買い物とかその他いろいろの紹介がメインなんだが、日曜日にはお店がことごとくお休みということで、観光にしました。


今回はブルージュへ。ここは京都のような街。
古い町並みが残された水の都です。
そしてその街並み全体がユネスコの世界遺産に登録されている。

水の都
こっち来てから3箇所目の世界遺産です。


街中に観光馬車が走り回ってます。
観光馬車
この馬車は普通に車道を走るのだが、まったく容赦なく、観光客の横をかすめ、交差点では車を止め、後ろにバスが居ようがお構いなしで車道を走る。。。

こえぇーーー、出会いがしらに馬車と衝突とかしたら・・・上に乗られちゃう?


街の中心、マルクト広場にある鐘楼
鐘楼
上にも登れるらしいですが、階段で366段と聞いて親から拒絶反応が・・・
まあ、妊婦もいるし、今回はあきらめ。


鐘楼の横にある州庁
州庁


この広場が今回の旅の起点となります。

実質これが新婚旅行第一弾。
そして、親孝行旅行の第一弾。

続く
by BelgianWaffle | 2009-02-23 16:47 | ベルギー観光編 | Comments(5)

到着

昨日の夕方。

嫁とお腹の赤ちゃんと、嫁の両親、自分の母親。
計4人と半分が到着。


今日はブルージュへ観光です。


結局、赤ちゃんができて新婚旅行はキャンセル。
赴任前に計画していた家族旅行は葬式でキャンセル。


今日はその代わり、第一弾です。
by BelgianWaffle | 2009-02-22 16:54 | ベルギー生活 | Comments(4)

氷の看板

ただでさえも寒い季節に寒いネタばかりですが・・・


この時、滞在したホテルの看板
氷の看板
これ・・・


氷です。


当然春まで溶けないからこんなことができるんだろう・・・

日本でも、ほとんど雪の降らない地方に住んでいた人間にとってはちょっと感動的でした。

この街にあった中華料理屋
2005_1209Kiruna0430
北極圏のこんな街にまで中華料理屋があるってのは、本当にすごいと思う。

いままで滞在した街で中華が無かったことはほとんどない。
たとえ砂漠のど真ん中の小さい街ですら、中華は存在した!

んで、このレストラン。

入るなり店員のおばちゃんが
「日本人?」と英語で聞いてくる。
そうだよ。と答えると、
「なんで、もっと早く来ないんだよ!」
とちょっと怒られる。
ん?と思っていると

「あそこにいるもう帰ろうとしている日本人。英語もスウェーデン語も通じなくて本当に困ったんだから・・・」

見ると確かに日本人っぽいおじさんがいた。

しかも、一人。

英語もスウェーデン語も話せない人が一人で、こんな街にいるって・・・どんなシチュエーションだ?

映画「かもめ食堂」で、荷物がなくなったおばちゃんみたいな状態だなぁ。。。
by BelgianWaffle | 2009-02-21 21:38 | 北欧旅行記 | Comments(2)
2005年に行った北極圏の旅(仕事だけど・・・)

北極圏とは・・・実はあまり明確な定義はないそうで・・・

とりあえず白夜・極夜がある地域と思ってもよいであろう・・・

この北極圏の旅。実はスウェーデン南部のヨーテボリ(Goteborgと書いてヨーテボリ)
から車で三日間かけて、ほぼスウェーデンを縦断するという過酷かつ楽しいものでした。
北極圏の世界



北上するに従い、気温はガンガン下がる。
ヨーテボリでお昼に露天のハンバーガーで飯を食べたときが-5℃
(日本人的にはとてもメシを外で食べる気温ではないが、そこしか店がなかったためスウェーデン人と一緒に外で食う・・・)

そこから3日後に北極圏の街キルナに着いたときには-25℃。寒い・・・





さてキルナは北極圏にあるため、車で走っている途中で北極圏の入り口がある。

そこには・・・
北極圏入り口
こんな看板がデカデカとおいてある。



なかなかこんな辺鄙なところへくる日本人もいないだろうて!

反対側にはこんな石碑?もおいてある。
北極圏入り口



一緒にいたスウェーデン人(スウェーデン人と一緒に車で移動)が一言。
「記念写真とってやるよ!」
うう、、、ありがたい。こんな寒い場所で記念写真を撮ってくれるとは・・・
車から降りた瞬間に体が芯まで冷え切る。。。

ど、、、どーも。



*****北極圏写真館*****
スウェーデン縦断の旅の途中で見た景色。

これぞまさに絶景
朝焼け


これまでにいろいろな絶景を見たけど、この景色は本当に人生で最高ではなかろうか?
サーモンピンク


もっとも昼間が短い季節のため、朝焼け→夕焼け→真っ暗という感じ。
しかも、この季節には珍しく移動していた3日間はすべて晴れ。
空は常に不思議なピンク色
この頃に今のカメラがあったらなぁ。。。コンデジで撮ってもこれだけ綺麗なんだから・・・


ベルギーに住んでいる間に、今度は旅行で北極圏へ行こうとは思っているが・・・
北極圏の世界
もうすぐ子供も生まれることだし、本当に行けるかなぁ・・・




この辺りの動物注意の標識は
トナカイ注意
トナカイです。ちょっとかわいい!
by BelgianWaffle | 2009-02-21 18:36 | 北欧旅行記 | Comments(2)

氷のホテル

現在、明日に備えて家の片付け中。

布団圧縮袋は・・・いまだ無傷のまま。

はぁ。昨日は帰りが遅かった分、寝不足だしなぁ。




まだまだしつこく、北極圏へ行った時の話。


滞在したキルナの街近くに、ヤッカスヤルビという街?があって、そこには有名な氷のホテル(アイスホテル)がある。

ExpKiruna 067

本当に氷でできたホテル!
これはすごい、綺麗だし!


動物の毛皮が貼られた扉から中をのぞくと
ExpKiruna 071
氷のテーブル?


しかし、ここ


このときはまだ建造中。思いっきり重機とかあるし。
ExpKiruna 074
どうもこのホテル。毎年夏には溶けてしまう(当たり前か?)らしい。


結構大きいのに毎年作るってのもなかなかすごい


すぐ横に湖があって、そこに張った氷を切り出して使っているみたい。

ExpKiruna 076
この氷の塊が夜になると街灯で青く光る。


このホテル。ちゃんと泊まれるらしい。一泊数万円くらいだったかなぁ・・・
もちろん氷でできているため、暖房はさほど使えず室温-10℃くらいだったかな。
寝袋に包まって寝るらしい。
外気温が-30℃とかって世界なので、外よりは暖かいかもしれないけど・・・寝れるんだろうか?

しかもわざわざ数万円も金を払って、そんなところに泊まるとは・・・どこの宗教の修行だろうか?
さらにこの修行に耐えられないけど、アイスホテル周辺の雰囲気が楽しみたい!って人のために、周辺にはバンガローのような宿泊施設もあったりする。


俺だったら・・・やっぱり気合でアイスホテルかな。
風邪ひいて玉砕する覚悟でね。


ちなみに見に行った時はオープン四日前。でもいまだにマッタリと氷を積み上げていた。。。
こののんきな性格うらやましい。



外では氷の彫刻も作っていた。

ExpKiruna 078

テレビチャンピオンとかで特集してそうな、氷の彫刻


ExpKiruna 087

こんなチェーンソーでがりがりと削っていきます。

不器用なスウェーデン人にしてはやるな!と思っていたら。。。。


ExpKiruna 081

切りすぎたらしく、あわててペットボトルの水をかけて接着させていたりする。
(水は一瞬で凍るため)

やっぱり不器用だな。。。
by BelgianWaffle | 2009-02-21 08:09 | 北欧旅行記 | Comments(0)

温泉か?

昨日の送別会の二次会ボーリング大会の後遺症で右腕が・・・

今日はパソコンのマウスが重く感じる。




まだまだしつこく昔行ったスウェーデン北部の北極圏ネタ。



車で移動中に見かけた光景。

川から立ち上る湯気


川の水から湯気が・・・・


外気温が-20℃位に冷えると、流れている水(つまり0℃以上の水温)は温かいものになるためか、湯気が出る?


もしくは本当に温泉だったのか???



さすがに飛び込んで確認する勇気は誰にもなかった。
by BelgianWaffle | 2009-02-20 15:23 | 北欧旅行記 | Comments(3)

比較的ゲテモノ・・・

今日は送別会・・・

平日なのにお酒飲んで、うまい日本食を食べて、その後はボーリング。

自分のスコアよりも、ライバルたちのスコアよりも、隣のレーンのベルギー人の投球フォーム
(仁王立ちから、右手を振り子のように何度かぶらぶらさせて、えい!っと投げる)が
気になって仕方なかった。。。

しかもそれでそこそこ倒れるし・・・日本では見かけない我流投法。

さて、過去の旅行記

生まれて初めてオーロラを見た後。。。北極圏の街、スウェーデンのKiruna(キルナ)の空港で食べたパスタ。。。

パスタ


一見なんの変哲も無いが・・・



この肉・・・・

実は・・・・

トナカイ。

ややゲテモノ・・・かなぁ。。
by BelgianWaffle | 2009-02-20 09:17 | 北欧旅行記 | Comments(2)

オーロラ

今週末にはついに嫁が親3人を引き連れてベルギーへ来る。
つまり一気に4人が増えるわけで・・・

船便で送る時に圧縮袋へ入れた布団を4人分出すのが・・・めんどくせー
ということで、現実逃避中。

思わず昔の写真とか見てる今日この頃です。


さて、生まれて初めて見たオーロラの写真。

2005_1209Kiruna0470

これが取れたときには思わずガッツポーズが出ました。



このまま外で約一時間ほど撮影。
気温は・・・
2005_1209Kiruna0488

マイナス22℃。。。どうりで寒いわけだ


もう、カメラも三脚が冷たくて冷たくて


当時はやったと思ったオーロラの写真も今見たら、、、ノイズだらけだなぁ。
今のカメラを持ってもう一度オーロラ撮りに行くぞ!と改めて心に誓いました。
by BelgianWaffle | 2009-02-19 15:12 | 北欧旅行記 | Comments(2)

北極圏の生活

2005年に仕事でスウェーデン北部の北極圏へ行ったときのこと

お昼にスーパーへ行くと、おばあちゃんが二人、

乳母ソリ2


なんと乳母車ならぬ

乳母ソリ

乳母ソリで買い物に来ていたのでした・・・

気温は-20~-30℃。一度降った雪はほとんど解けることはないんでしょう・・・
by BelgianWaffle | 2009-02-19 07:19 | 北欧旅行記 | Comments(0)