ベルギーでの生活や、周辺国への旅行を写真を中心に紹介


by BelgianWaffle

<   2009年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

フランクフルトにて

見つけたトラだらけの店・・・

トラショップ?

これって昔通販で、結構いいお値段がついて売っていたやつでは・・・
by BelgianWaffle | 2009-01-31 07:54 | 小ネタ写真 | Comments(0)

牛特集

グランプラス周辺のお店で見つけた置物


サッカーグランドにされた牛
DPP_0048


屋台の牛
DPP_0049


パソコン牛
DPP_0051


このお店、こんな置物ばっかり・・・なんなんだろう?
by BelgianWaffle | 2009-01-30 06:57 | 小ネタ写真 | Comments(1)

謎のオブジェ

街角で見つけた謎のオブジェ・・・

DPP_0056
なんだろう・・・このセンス。
by BelgianWaffle | 2009-01-29 14:50 | 小ネタ写真 | Comments(0)
城壁の街ディナンが誇る名物クッキー。その名もクック・ド・ディナン。


DPP_0090

名物と言われたからには、さらに一応はベルギー国民(半分は)である以上、食べてみないと。

ブラッセルに戻り、別の駐在員の家に行き、おやつとして食べてみる。


まず、噂どおり非常に硬い。
食べやすく割るだけでも一苦労。



そして、ガブッと噛み付いてみるが・・・・



かたい・・・めちゃ硬い・・・かめない。歯が折れそう。



固焼きせんべいとかの比じゃーない。



なんとか気合で噛み砕くと・・・・・・・・




まずい



こ、これは衝撃的な・・・本気でまずい。




しかも、このクッキー。売っているお店では小さいものを選んだが、食べるにはかなり大きい。
三人がかりで食べてもまだ半分もいっていない。



そこで、ふと熱い視線に気づく

そこで飼われている、ジャックラッセルテリア。



よし、ちょっとあげてみよう!
最初は困った顔をしていたが・・・・
DPP_0092

おお!食べた!

ということで残りのクッキーは約一週間かけて、わんこのおなかに入っていきました。。。
by BelgianWaffle | 2009-01-27 06:47 | ベルギー観光編 | Comments(0)
ガイドさんについて、城壁内を見学。
DPP_0074



中は博物館のようになっていて、過去の歴史などをガイドさんが説明してくれる。
DPP_0075
たぶんフランス語で・・・(英語かも知れないけど、フランス語ナマリで聞き取れず)



ギロチンなんかもある。
DPP_0076


このツアーのクライマックスは城壁の先端からの眺め。
DPP_0077
真下には教会が見える。本当に小さい街ってのもよくわかる。


これだけでもツアーに参加する価値がある。
DPP_0078


小雨も降り、寒い中ツアーは終了。
DPP_0082
なかなか面白い場所だった。
次は晴れている時にもう一度来よう。


お昼ごはんを食べていると・・・太陽が見えた!

と思ったら、雨が。
DPP_0083
ヨーロッパの天気雨。めずらしー
この日の昼食はイタリアン。サーモンのペンネだけど・・・サーモンが神業的な薄切りで、ほとんどクリームのみだった。


のんびり食事をしていると、空が本当に晴れる!
DPP_0084
これはチャンス!と思ってレストランを出る。


晴れた空をバックに教会を見上げる!
DPP_0085
いい天気だ!



教会の内部
DPP_0086
毎度毎度こういう教会に入るたびに、その綺麗さに圧倒される。


いままでもいろいろな教会に入ったけど、ここはかなりレベルが高い。
DPP_0087


このステンドグラスも見事!
DPP_0088
相当な大きさです。



足早に教会を見終えて、外に出ると・・・
DPP_0089
また、雨が・・・今度はどしゃぶり。
川の反対から教会と城壁が見たかったのに・・・

寒いし、視界も悪いのでお土産だけ買って帰ることにする。


ここにはクック・ド・ディナンという、かなり巨大なクッキーがある。
DPP_0090
手のひらよりもかなり大きい。お値段は7ユーロ。

もっと大きいのだと30ユーロとかするのもある。

このお味のほうは後日紹介。

そして、雨のなか、ディナンを後にしました・・・が、帰りの高速の途中から空が晴れ・・・
前日に引き続き、天候に恵まれない旅行でした。
by BelgianWaffle | 2009-01-26 07:05 | ベルギー観光編 | Comments(2)

ベルギー国内旅行 Dinan

日曜日に国内旅行へ

今回はベルギーのディナンという小さい街です。

ブラッセルから車で一時間ほど、フランスとの国境近くに街はあります。

街は大きな川で二分され
IMG_3984



道路も岩山をくりぬいて作っているところも
ここ避ければいいのに・・・
IMG_3986


ここがこの街一番の見所

教会と崖の上の城壁
教会と城壁

いい景色なんだけど・・・天気がイマイチ。


早速崖の上を目指す。
入場料は6ユーロ。


崖に上るには二つのルートがあります。

ひとつはヨーロッパ製の怪しいロープーウェー

もうひとつは400段続く階段(階段でも値段は同じ)
IMG_4002

1週間前にも500段の階段登ったばかりだし・・・雨で足元も滑るし。。。
ロープーウェーにしました。


崖の上の城壁は・・・まさにヨーロッパのそれ
IMG_4020


雰囲気があります。
IMG_4025



やはり戦争が多かったのか、いたるところに大砲があります。
DPP_0067



インフォメーションパネルの前で待っていると無料のツアーが始まるとのこと。
ここはこのガイドと一緒でないとほとんどなにも見れないので、ツアーを待つ。
IMG_4030


このインフォメーションパネル・・・ボタンを押しても一切電気は点かない・・・
IMG_4032




そして、こっちの看板ですごいものを発見!
IMG_4031
ベルギーには昔、人面ライオンがいた!

人面ライオン
これ・・・怖い・・・
by BelgianWaffle | 2009-01-23 07:44 | ベルギー観光編 | Comments(0)

かわいい救急車

c0187779_744588.jpg


なんかかわいい救急車を発見。
(かなり見づらいですが・・・)

普段見かけるのとは違って、子供の絵が・・・
by BelgianWaffle | 2009-01-22 07:07 | ベルギー生活 | Comments(0)

ビール博物館?

昼飯を食べ終わった後も天気はいまいち悪いため、グランプラ内にあるビール博物館へ行ってみる。
ここは周りにいる何年も住んでいる駐在員ですら、行ったことがないと言う穴場。

まず・・・どこにあるのか見つからない。しばらくうろうろしていたら、それらしき入り口を発見。
DPP_0023
なかなかいい雰囲気!
DPP_0024


入場料は6ユーロ。中は酒場みたいになっていて、その周りに昔使っていたような道具が置いてある。
DPP_0025
これはこれでいい雰囲気だなと思って隣の部屋へ行くと・・・


DPP_0026

あれ?急に近代的。


プロジェクターではビールの歴史みたいなのをやっているし(フランス語だから内容は不明)
ほかにも何か機械が置いてあるが、フランス語だしさっぱりわからん。
DPP_0027
そして、この部屋でおしまい。つまり最初の古い部屋とこの近代的な部屋の二部屋でおしまい。
これで6ユーロはボッタクリだろ・・・

さっきの部屋へ戻ってビールを一杯いただくこれは入場料に込み)。
DPP_0029



DPP_0030
こんな樽に座るんだけどケツが痛い・・・

ビールは黒くて濃い味。修道院ビールに似てるなぁ・・・


さらに謎の機械発見。
DPP_0031

うーん、何に使うんだろう・・・

なぜかカエルがついているし・・・
DPP_0032




壁にはビールのジョッキ?が並んでいる。
DPP_0033
この部屋の雰囲気はいいんだけどなぁ。。。

ここにはなぜかビールとは関係なさそうな道具もチラホラ・・・
DPP_0035
ここの部屋の照明
DPP_0036

ちょっとおしゃれでいい感じ。


お店でビール飲んでもせいぜい3ユーロくらいだから、ちょっとそれより高いビールを雰囲気のいい場所で飲めるってのが、俺のビール博物館の感想。
次は嫁がこっちに来たら、このビール博物館の横にあるチョコレート博物館にでも行ってみよう。
by BelgianWaffle | 2009-01-20 08:37 | ベルギー観光編 | Comments(1)

バケツ入り

ベルギーの名物のひとつにバケツムール貝があります。

バケツのようなムール貝ではなく、バケツ一杯のムール貝です(実際にはなべですが・・・)
バケツムール貝

これがうまい。ムール貝って見た目はちょっとグロいけど、食べるとおいしいんです。
昔ベルギーに旅行して、そのうまさからベルギーっていいなぁと思ったほどです。

今回は最もあっさりした白ワイン蒸しにしましたが、ほかにもトマトソースやら
ガーリックソースやらのバージョンがある。


さて、食べたお店はここ!前回紹介した世界遺産グランプラスの中にあるケルデルクという店です。ここは地球の歩き方にも乗っているとってもベタなお店。
DPP_0021

店内に入るなり
「English? Japanese?」とどっちのメニューがよいか聞かれ、Japaneseと答えると、
こんなメニューが
メニューはガイドブックのカラーコピー

これは・・・見たことある。地球の歩き方のページのカラーコピーだ!

確かにわかりやすいけど、そのページにはこの店以外の店のメニューも載っているんだけど・・・


店内は伝統のありそうな(あくまでありそうってだけで真相は不明)雰囲気。
DPP_0020



おいしいワインと一緒にいただきました。
DPP_0018

(ムール貝21ユーロ、ワイン3.9ユーロ)


久しぶりに食べたムール貝。うまかったけど、食べすぎで晩飯はいらないほどでした。
by BelgianWaffle | 2009-01-19 06:42 | ベルギー生活 | Comments(0)
この日はお昼ご飯を食べに、ブラッセルの超ベタな観光スポットであるグランプラスへ

グランプラスとはブラッセルの中心にある、大きな広場。
グランプラス
周りには市庁舎などの古い建物が立ち並び世界遺産にも登録されています。
観光客なんかも非常に多いところです。

しかし、非常に観光客泣かせなことに、この大きな建物は広場から写真を撮ることが困難。
広場の一番端によっても、市庁舎のてっぺんまでを写真に収めるのがギリギリ。
大きな建物
この写真は超広角レンズを使っているので、楽々撮れていますが・・・
そもそもデジタル一眼レフを買おうと思ったのは、ここの写真を撮るためでもあります。

グランプラスの中には名門のチョコレート屋のゴディバやノイハウスがあります。
名店ノイハウス

DPP_0017
さて、お昼ご飯の模様はまた別の日に書くとして、今日はここグランプラス周辺にある世界一のものを紹介します。

グランプラスの脇にある有名な像の横の道を5分ほど歩くと・・・
触ると・・・
これが銅像


街並み




左手に見えてくるのが
小便小僧
これがかの有名なブラッセルの小便小僧です。
普段は裸ですが、この日はなにか服を着ていました。




たまにこうやって服を着ているそうです。





さて、小便小僧と言えば・・・世界三大がっかり名所のひとつ、ましてや世界一のがっかり名所です。
なぜがっかりするかというと・・・



DPP_0011

小さいから。


でも、大きな世界遺産の近くにあって、ついでに立ち寄れるし、俺はデンマークの人魚姫像(こちらは世界二位と言われる)のほうががっかりするけどなぁ。

さて、このグランプラス・小便小僧の周りにはたくさんのお土産屋があります。
どこまでもつづくお土産・・・
しかし、どこのお店も狂ったように小便小僧の像を売っている。どこのお店も品揃えはほとんど同じ。
これだけお土産屋が立ち並ぶ場所も珍しいだろうなぁ。
栓抜きやコルク抜きなど、バリエーションは違えど、みんな小便小僧だらけ・・・
DPP_0012
ここの店の陳列には店員の熱意を感じる


スワロフスキー(高級なガラスの置物)を扱う店ですら便乗。
ガラスにも
しかも高い。30ユーロ(=3600円)

さらにはチョコレート屋さんにも
ここにも

そして、そこから少し離れた場所には最近(と言っても10年くらいは昔でしょうけど)、小便小僧の類似品?の小便少女があります。

こんな狭い行き止まりの路地の先に
DPP_0013

ひっそりといます。
DPP_0015


小便少女
しかしおばちゃん必死に写真撮ってるな。
by BelgianWaffle | 2009-01-18 17:53 | ベルギー観光編 | Comments(3)