ベルギーでの生活や、周辺国への旅行を写真を中心に紹介


by BelgianWaffle

カテゴリ:スペイン・ポルトガル( 44 )

変な美術館

ちょっと間があきましたがバルセロナ旅行記完結編。


4連休の3日目は朝から、空港方面へ移動。
せっかくの4連休なのに最終日の朝のフライトでベルギーへ帰るので、
3日目は朝からバルセロナを出て、空港のあるジローナへ。
c0187779_4313861.jpg



ジローナのホテルにチェックインした後は、さらに車で走ること約30分。
フィゲラスという小さい街に到着。


そこには・・・
c0187779_4305712.jpg

頭にパンをのせた像が沢山並ぶ建物。



ここはサルバドール・ダリの美術館。
c0187779_4322486.jpg

なんだか面白い彫刻やら


絵画やらダリの作品が沢山展示されてます。
c0187779_434167.jpg

ベルギーにもちょっと不思議な絵画で有名なマグリットの美術館があるけど、、、
ダリはさらに不思議度が上な気がする。



ちょっとだまし絵的なもの
c0187779_434211.jpg




よく分からないけど巨大な絵
c0187779_4345989.jpg




真ん中に見えるモザイクのかかった人の顔は・・・
c0187779_4363159.jpg




望遠レンズでズームすると女性の後姿になったり・・・
c0187779_4353678.jpg

これ、、、一人でレンズをズームして戻して楽しめる。



たぶんこれがこの美術館でもトップクラスに有名なもの。
c0187779_4364773.jpg




巨大な顔
c0187779_4442857.jpg




女の人のマネキン?
c0187779_444526.jpg




と思ったら顔に虫がたかってたり。
c0187779_445269.jpg




引き出し付きの彫刻とか
c0187779_4454919.jpg




階段から展示場への入り口・・・
c0187779_4462073.jpg




警戒するぼうや
c0187779_4465972.jpg



ちょっと志村けんを髣髴とさせる銅像は・・・
c0187779_4502173.jpg




落書き?
c0187779_4493935.jpg





他にも魚の骨が展示してあったり、
c0187779_4511572.jpg




コインを入れる場所があって、何かと思ったら・・・
c0187779_4534453.jpg



頭上にある機械が・・・
c0187779_4514031.jpg




ゆっくりと広がって絵が出てきたり・・・
c0187779_453646.jpg



独特なダリの世界を楽しめました。



この美術館、建物の外観が独特で、
c0187779_4543959.jpg



屋根には巨大なタマゴ、壁は赤くて
c0187779_4554954.jpg



一面にパン(を模した石?)がついている。
c0187779_4551064.jpg

なんでパンなんだろう・・・・


せっかくなのでぼうやと記念撮影。
c0187779_4574092.jpg

ダリの美術館、、、ルーブル美術館とかとは違って、面白い展示物がメインなので
ぼうやもそこそこ楽しんでました。



でもそんな不思議な美術館の作品よりも気になったのがこれ、
c0187779_4594676.jpg

駐車料金・・・一分0.044328ユーロ。なんでそんな細かい・・・


こうしてダリの美術館を楽しんで、次の日の朝のフライトでベルギーへ帰ったのでした。

今回は空港の真横のホテルを予約。
前の晩にレンタカーを返却して、タクシーでホテルまで行こうとしたら・・・
車でたった5分の距離なのに料金が15ユーロと言ってくる。
(スペインのタクシーは安いので10分くらいの距離乗っても、6ユーロくらいなのに)

あまりに高いので空港からホテルまで歩いたら・・・さすがに遠くて真っ暗な田舎道を20分も歩く羽目に。

こんなことならフライトの当日の朝返却にすればよかった・・・

↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2012-11-30 08:19 | スペイン・ポルトガル | Comments(1)

カサミラ

バルセロナ旅行記の続き。


ガウディの建築をめぐる旅の最後を飾ったのはこちら
c0187779_6234041.jpg

カサミラです。



ここもガウディが建設した(設計した?)家。
c0187779_3515195.jpg

こんな巨大な建築が個人の家ってのはすごい。



ここの観光では中にはいるとまずエレベーターに乗せられて一気に屋上へ。
c0187779_3543373.jpg




屋上にはなんだか不思議な彫刻たち
c0187779_3532676.jpg



ぼうやはこれが怖かったらしく、今でもお土産で買ってきたガウディの作品集を開いては
「おばけの家」っと言っているらしい。
c0187779_3522550.jpg




このカサミラの最大の見所は屋上なわけです(きっと)
c0187779_3534141.jpg





屋上はどこも階段だらけ。
c0187779_3565041.jpg

全く合理的でないところがガウディの面白いところ・・・かな?



ここからも見えるサグラダファミリア。100年も前に作り始めたものなのに、未だに他の建物より高いのもすごい。
c0187779_357569.jpg




カサミラとぼうやとサグラダファミリア。
c0187779_684718.jpg

既にお腹がすいていたぼうやは不機嫌でカメラ目線くれず・・・



ぼうやにとってはちょっと怖い、彫刻の数々。
c0187779_611223.jpg




ぼうやは目を合わせないように必死でした。
c0187779_3573491.jpg





向こうに見える仮面のような彫刻が怖いぼうや。ここから前に進むのに数分を要しました・・・
c0187779_6183626.jpg




「あれは・・・怖そうだねぇ。」
c0187779_618381.jpg




そんなぼうやと、夕焼けに染まるカサミラの屋上を楽しみました。
c0187779_6185728.jpg




ここからは少しずつ階段で降りながら各種の展示を見ていく。
c0187779_6183851.jpg




カサミラの模型。屋上にはさっきまで見ていた奇怪なオブジェたち。
c0187779_6195989.jpg




こっちは前日に見たカサバトリョの断面。
c0187779_6205717.jpg




ぼうやが眺めるガラスケースには・・・
c0187779_6211679.jpg




骨。
c0187779_6225822.jpg

ガウディの建築には骨の要素があるってことでしょうね。


そんな展示を見ながら、バルセロナ二日目が終わったのでした。
c0187779_6233813.jpg




↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2012-11-22 07:02 | スペイン・ポルトガル | Comments(1)

派手なトカゲのいる公園

人気アトラクションばりの長時間の行列のサグラダファミリアを見た後は、
さらにガウディを見に行く旅。



こんなメルヘンチックな家が建ててあるのは・・・
c0187779_05186.jpg




街の中心から少しだけはなれた場所にあるグエル公園
c0187779_051855.jpg

いかにもガウディらしい建物やら、



ほらあな?みたいな場所も。
c0187779_054512.jpg




恐る恐る覗き込むぼうや。
c0187779_054647.jpg

中ではちょっと変わった音のする楽器を演奏する人が・・・



公園内は観光客が沢山。
c0187779_06912.jpg

人を除けて階段を登るのも大変。



この階段の途中にあるのが、かの有名な(?)トカゲ。
c0187779_062630.jpg




青のタイルで作られた綺麗なトカゲ。
c0187779_065118.jpg





人が多すぎて、なかなか写真が撮れないくらい。
c0187779_082334.jpg

囲まれるトカゲ。



c0187779_072477.jpg

本当は上の子のようにトカゲに跨らせたかったけど、、、


ぼうやにはそこまでの度胸はなく断念
c0187779_074636.jpg




ぼうやが愛おしそうになでているトカゲの手。
c0187779_081083.jpg

最初はもっと爪がとがっていたそうです。


階段を登りきると、広場に出る。
c0187779_010566.jpg




沢山のハトを追い掛け回すぼうや。
c0187779_094092.jpg




ハトを蹴散らしまくるぼうやは、階段に座っている女の子達に大注目を浴びていたのでした。
c0187779_091587.jpg

(この子達は持っているお菓子とかでハトを呼び寄せていたのに、
そこにぼうやが乱入したので・・・)




あまりに暑いのでトレーナーを一枚脱いだぼうや。
c0187779_095616.jpg




この広場は面白い形のベンチに囲まれていて、そこからは・・・
c0187779_015748.jpg





バルセロナの町が一望できる。
c0187779_0113293.jpg





遠くには建設中のサグラダファミリア。
c0187779_011923.jpg





公園は結構広くて、そこらじゅうがSF映画のセットみたいな造りになっている。
c0187779_0152341.jpg




最後はお土産屋の二階から写真を撮り、ガウディの作品集をお買い上げし公園を後にしたのでした。
c0187779_0175380.jpg



トカゲの周りには相変わらずの人だかり。
誰もいない静かなトカゲが撮りたかったなぁ。



↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2012-11-19 01:31 | スペイン・ポルトガル | Comments(6)

サグラダファミリア

バルセロナ旅行記の続き


バルセロナのハイライトといえば・・・



当然これ!
c0187779_38017.jpg

サグラダファミリア。



ここはヨーロッパに来る前から、見たくて見たくて見たくて、、、たまらなかった場所。
c0187779_38479.jpg

ベルギーに住んで早4年。やっと念願達成です。


どうせ駐車場探すのは大変だと読んで、ホテルからタクシーで移動。

タクシーを降りると早速、チケットを待つ行列に並ぶ。


が・・・・先が見えない。そもそも入り口はどこなんだろう?っと思って嫁に列に並んでおいてもらって、
入り口までの距離をチェック。

最初の角を曲がってびっくり。
次の角まで行列が続いている。
c0187779_383046.jpg

我が家はこの写真の左側にある角を曲がった先で列に並び始めた。


ガウディが完成させた’ご生誕の門’の前はずっと行列。


次の角を曲がる・・・が、、、ここもずっと行列。


さらに次の角を曲がる(つまり↑の写真の反対側)とその真ん中でチケット売り場。

つまり行列はサグラダファミリアをほぼ4分の3ぐるっと周っていたのであった。


はぁ。。。果てしない。どうもネットでチケットを買っていた人は、短い列で入れたらしいけど。
知らなかった。ここまでの行列とは。


仕方なく嫁の待つ列に戻る。これだけ周ると、嫁の並んでいる場所まではもうすぐ。
もうここからは、近くにあるお店とかをぼうやに見せながら、ひたすら待つしかない。



うちの目の前に並んでいたお兄さん、彼女は大人しく列で待っているのに、
ホットドッグ買いに行ったり、コーヒー買いに行ったり
サグラダファミリアの工事の様子を、すだれの隙間からじーっとのぞいたり・・・・
c0187779_391872.jpg

とにかく列から外れてフラフラし続けていたのを、観察しながら待つこと2時間。



最近出来た4本の塔のある門の前でチケット購入。
c0187779_395417.jpg

こっちの門はガウディが亡くなる直前に書いたデッサンを元に作ったらしい。



門の上にある彫刻。
c0187779_310699.jpg

カサミラの彫刻に似ているけど、、、、当然ガウディの作品ではない。




そしてこれまた本当にごく最近できた聖堂の中へ。
c0187779_311116.jpg

森の中をイメージしたという内部は・・・


風の谷のナウシカの腐海の底みたい。
c0187779_311563.jpg




数年前まで、サグラダファミリアの内部は、ただの工事現場だったらしいですが、、、
c0187779_314492.jpg

今ではすっかりそれらしくなりました。




中は綺麗だし。あの行列の人たちはどこへ?ってくらいにすいている(思ったよりは)
c0187779_318434.jpg




ぼうやが2時間待てたのは、この手に持っている小さなスパイダーマンの人形のおかげ。
c0187779_3184912.jpg




この2時間待ちの行列。くそ暑い真夏だったら、とても耐えられないだろうなぁ。
c0187779_3193757.jpg

11月で助かった(この日の気温は20度くらい)



中は綺麗になったけど、まだ完成したわけではない。
c0187779_3231696.jpg

ステンドグラスがまだ、透明のガラスのままのところも沢山ある。


バルセロナに住んでいる人たちは、生まれたときからずっと工事中だったので、
どうせ死ぬまで工事していると思っていて、中がこんな風になっているのに全く気づかず、
テレビで紹介されたのを見て仰天したとか・・・
c0187779_3233448.jpg




内部を通り抜けて反対側の外に出てみる。
c0187779_324471.jpg




こっちはガウディの作品だけあって、歴史も感じるし迫力もすごい。
c0187779_3433782.jpg

子供の頃にテレビでこれを見て、完成までまだ何百年もかかると聞いて唖然としたんですが、、、
あの門をこの目で見れて感激です。



サグラダファミリアの中には博物館的な展示もあって、100年前の写真とか・・・
c0187779_344156.jpg

すごいスカスカ。
ガウディはこれを見てどう思ったんだろう・・・
絶対に自分が生きている間に完成しないことは分かるのに。



今でも続く建設作業の工房も見れます。
c0187779_3533324.jpg




さて、完成まで何百年といわれていたサグラダファミリアですが、最近の入場料収入と、
クレーンなどの技術のおかげで、2026年には完成予定らしい。


これなら生きているうちに完成版が見れる!

そのころぼうやは17歳。
もう一度来れるといいなぁ。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2012-11-18 04:29 | スペイン・ポルトガル | Comments(3)

ドクロの家

バルセロナ旅行記の続き


ホテルチェックインしたら時刻はすでに夕方の5時。
いつもの旅行ならぼうやの睡眠準備に入る時間。


でも、今回はひるんではいられない。
バルセロナに滞在できる時間はは少ないのだから・・・



さっそくホテルから歩いて5分のところにあるガウディの建築物 カサ・バトリョへ。
c0187779_6384288.jpg




この曲線。すごい。こんな建物見たこと無い。
c0187779_6394841.jpg

これが作られたのが1904年だから100年以上も前。


入場料(結構高い)を払って中へ。
c0187779_6404321.jpg

中もすごい曲線。家の内部がすべて曲線で作られている感じ。



ぼうやもオーディオガイドを持って見学中。
c0187779_6462121.jpg



一番広い窓の部屋。
c0187779_6411997.jpg




今回は久しぶりに魚眼レンズを投入。
c0187779_6412941.jpg

こうでもしないと撮れないスケール感。
そして魚眼レンズで撮っても全く気にならない曲線だらけ。




扉もなんだか凝った形。
c0187779_6413988.jpg




さらに裏には庭もあって
c0187779_6415389.jpg



外に出れたぼうやはご機嫌。
c0187779_6463872.jpg




その周りのフェンスも凝った形。
c0187779_6425090.jpg

すごい・・・どこを見ても面白い。




家具もクネクネしてる。
c0187779_6432123.jpg

お土産屋ではこの家具のミニチュアも売っていたけど・・・高かった。




カサ・バトリョの一番の見所(と思う)、真ん中の吹き抜け。綺麗な青。
c0187779_6434534.jpg




カサ・バトリョはもともとは家として作られたので、お風呂なんかもあります。
c0187779_644178.jpg

ここは、、、お手伝いさんとかが住んでいたのかな・・・(オーディオガイドは聞かないので
何の部屋なのか不明)



カサバトリョは結構大きい建物。
c0187779_6465988.jpg

階段が・・・結構な段数です。



長い階段を登って屋上に出ると、空はすでに夕焼け。
c0187779_6441641.jpg

さすがスペインだけあって雲ひとつ無い空。



屋上にも色々なオブジェのようなものがついている。
c0187779_6443632.jpg




屋上もそこそこ広いし。
c0187779_6471575.jpg



壁にはこんな面白い形の穴が
c0187779_6472821.jpg




隅々まで凝った造りになっている。
c0187779_6474277.jpg

もともと実業家バトリョさんの依頼で、家を改装したらしいですが・・・



この改装費用、一体いくらだったんでしょう。
c0187779_6445263.jpg





ブリュッセルには、オルタが建てたアールヌーボーの建築があるけど、、、
オルタ美術館なんて、本当に面白いつくりなのは一部屋くらいだし、
中で写真も撮れないし。カサ・バトリョの方が圧倒的に面白い。




観光を終えて外に出るとすでに真っ暗。
c0187779_645458.jpg

ライトアップされたカサ・バトリョ



なんだかがい骨みたいな独特の形の窓。
c0187779_6453232.jpg




ここもドクロのような手すり。
c0187779_7164467.jpg


写真で見ていると、なんだか不気味なイメージだと思っていたんですが、
実際に見ると色も綺麗だし、かわいいイメージで嫁にも好評でした。
(とても気に入ったので置物を購入)


カサバトリョから道路を挟んだ反対側には・・・

マクドナルド。
c0187779_646935.jpg

ここではカサ・バトリョを見ながらハンバーガーが食えるわけだ・・・なんて豪華な。



期待していた以上に楽しかったガウディ建築観光第一弾でした。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2012-11-14 07:21 | スペイン・ポルトガル | Comments(3)

アップグレードな旅

11月1日~の4連休。


またまた飛行機に乗ってでかけた先は・・・
c0187779_78619.jpg



バルセロナ!
c0187779_7281471.jpg

ベルギーに来て早4年。
バルセロナは絶対に行きたいと思っていた場所、、、なのに行けずに過ごすこと4年。

やっと念願かないました。


今回は連休ということで、いつも愛用のブリュッセルエアラインでは安いチケットが取れず、
あまり好きじゃない格安航空のライアンエアーを利用。


が・・・ライアンエアーで到着するバルセロナ空港は、全然バルセロナじゃない。
ライアンが到着するジローナは、バルセロナまで車で1時間もかかるのだ!
(そもそも出発のブリュッセル シャルロワ空港もブリュッセルから車で40分もかかるし)

で、、、そんなに遠いとなんだか面倒なので、思わずレンタカーを借りてしまう(スペインはレンタカー安い)。
そうするとそもそも格安チケットで飛んだ意味がないんじゃないだろうか・・・


しかも予約したレンタカー会社のカウンターには一人しかいないし、
みんな考えることは同じで、レンタカーの予約が殺到したらしく、カウンターには長蛇の列。
レンタカーの手続きってなんだか時間かかるし。結局車借りるだけで1時間半もかかった。。。
おねえさんが「子供連れだと大変だから、少し大きい車にしておいたよ」っとサービスしてくれたので
良しとするか・・・



相変わらず激しい運転のスペインをジローナからバルセロナまで走る。

ホテルでも、「お部屋は無料でアップグレードしておきました」っとバルコニー付きの部屋。
c0187779_712561.jpg

別にこのバルコニーから何か見える訳でもないので、バルコニーなんてどうでもいいですが、、、


ホテルの駐車場。車を停めると目の前の車の窓ガラスに「車を停めるときにはまずレセプションに連絡をください」というA4のコピー紙が挟まっていた。

で、チェックインの時に「あのー、車を地下の駐車場に停めたよ」っと申し出ると、
「ああーー、いいのいいの。チェックアウトの時にお金払ってくれたらいいから」っと軽く言われる。

ちなみにチェックアウトの時に、同じ紙がうちの車にも、隣の車にも挟まっていたのは言うまでもありません。
4つ☆の高級ホテルなのに、このテキトーさ、さすがスペイン。


今回の滞在中は何度もタパスのお店に挑戦。
c0187779_7215536.jpg




タパスとは小皿料理のお店。
c0187779_712915.jpg



ぼうやにこんな服を着せていた前回のスペインの頃は、、
まだまだぼうやのタマゴアレルギーの検査前だったので、ひたすら部屋で無難なレトルトとかを
食べていたのでタパスは今回初挑戦でした。
c0187779_18524294.jpg




久しぶりの本場のパエリア。うまかったぁ。。。
c0187779_7261122.jpg



一応少しはバルセロナの町も歩いたんですが・・・
c0187779_7293346.jpg




あくまで今回のお目当てはガウディの建築
c0187779_730968.jpg



それ以外には目もくれず、ひたすら撮りまくってきました。
c0187779_7304030.jpg



ちょうど気温もちょっと涼しいくらいだったし、、
c0187779_728281.jpg



念願のバルセロナ旅行記スタートです。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2012-11-13 07:53 | スペイン・ポルトガル | Comments(2)

延々と続く

この週末、ベルギーは木曜日からの4連休。


子供の頃にテレビで見て、「なんじゃそりゃ!」と驚くとともにいつか見たいと思っていたものを見にでかけてきました。



c0187779_248441.jpg

期待していた通りにすごかった。。。


100年以上も前から延々と続く工事。
まだあと100年以上もかかるとか言われてましたが、、、最近完成予定はだいぶ早まったそうで。
完成予定まではあと14年。

完成したらまた見に行きたいなぁ。


詳細はまた後日


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2012-11-05 02:57 | スペイン・ポルトガル | Comments(4)

リスボン色々

ポルトガル旅行記最終回。
c0187779_855113.jpg



今回はリスボンの町の細かいことをいろいろと紹介します。


ホテルの近く、海の見える高台
c0187779_8474724.jpg



そこから見える大きな教会
c0187779_8163437.jpg

10月の終わりなのに天気の良かったリスボン。
やっぱりスペインとかポルトガルって天気いい。
おかげで綺麗な夕焼けでした。


路面電車の線路と、細い車道と、坂道。これぞリスボン。
c0187779_8465859.jpg




リスボンの夕暮れ
c0187779_848636.jpg



夕陽に染まるリスボンの街並み。
c0187779_8484367.jpg

リスボンは坂が多いので、こんな景色が撮りやすい。



さらに陽が暮れて・・・
c0187779_8492731.jpg





路面電車に無賃乗車している若者発見。
c0187779_8501946.jpg

こんなに道が細いところで、この乗り方は・・・命の危険あり。


リスボンの街並み。
c0187779_8525350.jpg

ぶらっと歩いていましたが、ここは結構治安悪そうでした。
なんか平日の昼間からぶらぶらしている人が多い。


でも、ちょっとした路地がすごく絵になる。
c0187779_8511034.jpg



こういう階段もリスボンの至る所で見れました。
c0187779_8535273.jpg

平坦なブリュッセルではあまり見かけない光景です。



ホテルの近くのお店で食べた、肉のケバブ
c0187779_8521240.jpg

なぜわざわざぶら下げるのか・・・とにかく美味しかった。




こちらもリスボン名物のゴーカート。これに乗って(有料)、リスボンを観光できます。
c0187779_8541558.jpg

中身はスクーターみたいでしたが・・・とにかく気持ち良さそう。
一般の公道を走れるので、そこらじゅうで見かけました。


運転席に座ってご満悦のぼうや。
c0187779_8545552.jpg

二人乗りなので、3人家族の我が家は断念しました。

今回もぼうやのお土産にはポルトガルの緊急車両のミニカーを購入。
c0187779_875726.jpg

今回は黄色い救急車。
でもこれ・・・ベースの車はスペインで買ったパトカーと同じ。
それの塗装を変えただけでした。そして、それにぼうやが気付いたのも驚き。


そんな感じで、1年半前にアイスランドの火山で泣く泣くキャンセルしたポルトガルのリベンジをしたのでした。

↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-11-18 08:47 | スペイン・ポルトガル | Comments(4)

リスボン早朝散歩

ポルトガル旅行記の続き。


リスボンを立つ日の朝。
c0187779_7543011.jpg

朝起きても、ぼうやはまだまだ寝ていたので、カメラを持ってこっそりホテルを抜け出す。
ホテルの目の前の道を散歩していると。


ネコに遭遇。
c0187779_755850.jpg

石畳の道路でネコって絵になる。


さらにずんずん進むと・・・
c0187779_7552084.jpg



落書きだらけの壁。
c0187779_7554381.jpg

カステロは城。ホテルの裏にお城があって、この矢印は、お城への道案内。
こんな落書きだらけだと、ちゃんと書かれた案内なのか・・・落書きなのか・・・不明。


別の場所にもお城への案内。
c0187779_7562084.jpg

しかし、なぜかサルの絵とセット。


他にもテレビの絵とか・・・落書きなのかなんなのか・・・謎
c0187779_7563333.jpg



歩くこと15分。ついにお城の門に到着。
c0187779_7565187.jpg

やっとお城が見れると思ったら・・・


その中には街。
c0187779_7592657.jpg

地図を見ると、実際のお城まではかなり遠いみたいだったので、断念。


ポルトガルの家は、壁におしゃれなタイルが張られているものが多い。
c0187779_805440.jpg



タイルの模様にまぎれた落書き
c0187779_81164.jpg



そんな落書きを楽しみながら、早朝のお散歩を楽しんだのでした。
c0187779_813383.jpg

約30分のお散歩を終えて部屋に戻ると、さすがにぼうやも起きていて元気いっぱいで遊んでました。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-11-16 07:52 | スペイン・ポルトガル | Comments(1)

西の果て

ポルトガル旅行記続き。

シントラでメルヘンチックなお城を観光した後は、一路西へ・・・


到着したのは・・・
c0187779_659644.jpg

ヨーロッパの最西端、ロカ岬。


崖の下は大西洋。
c0187779_705978.jpg



何かの記念碑
c0187779_75158.jpg



ヨーロッパ大陸の最西端・・・と書いてあるようなないような・・・
c0187779_7113522.jpg




結構すごい景色なんですが・・・あいにくの曇り。
c0187779_7414789.jpg

このお姉さんは一体、何を撮りたかったのか・・・そんなお二人と崖の写真。


そしてここロカ岬では、観光案内所に行くと、最西端に来た証明書が発行してもらえます。
c0187779_7432751.jpg

もちろん有料で・・・



証明書を手にチャイルドシートに座ったまま記念撮影をするぼうや
c0187779_7441588.jpg




実は爆睡していたのでした。
c0187779_7445251.jpg

ぼうやはロカ岬に到着する10分前に眠りに入り・・・もう全く起きる気配がなかったので
そのまま300キロ離れたその日の宿へ向かったのでした。


せっかくはるばるロカ岬まで行ったのに・・・ぼうやの写真はこれだけ。
10.39€(お釣りの1セントはくれなかったので、10.40€)の高級な証明書は
この写真を撮るためだけに買ったようなものだなぁ。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2011-11-11 08:16 | スペイン・ポルトガル | Comments(4)