ベルギーでの生活や、周辺国への旅行を写真を中心に紹介


by BelgianWaffle

カテゴリ:アフリカ( 27 )

一ヶ月以上に渡りお届けしてきたケニア旅行記は今回で最後です。


たった一週間の旅行で、一ヶ月以上のネタになるとは・・・なんとすごい旅行であったことか。
前回のトラブル編で基本的にネタはすべて出し切り、まだまだ紹介したい写真は何枚か残っていますが、単に風景とかなので、一旦ここで最終回とします。



ケニアに行こうと決意をしたのは、旅行の半年以上も前。



ずーっと、その日を楽しみにして・・・


ガイドブックに書かれている驚愕の事実の数々でちょっとびびりながらも


実際に見たのは本当に夢のような光景。
c0187779_5244877.jpg

いままでもアメリカやオーストラリアで、こういう風景だけなら何度も見たけど・・・



ケニアにはそこに本物の動物達が加わる!!
c0187779_5193630.jpg

ゾウが・・・当たり前にいる風景


前半では沢山見すぎて、やや飽き気味にさえなったゾウ。
c0187779_5264524.jpg

やさしい目がたまらない。



こんな光景は
c0187779_5283626.jpg

動物園でも・・・サファリパークでも・・・絶対に見れないでしょう。



そして、
c0187779_5303382.jpg

現地に行って初めて分かる、アフリカの普通の暮らし。




でも、ケニアってアフリカの中でも裕福な国の方だから、
c0187779_5321761.jpg

ここでもまだまだ序の口なんだろうなぁ・・・




中でもやっぱりマサイ族の村は面白かった。
c0187779_536320.jpg

これも現地に行ったからこその体験。



国立公園の敷地内では未舗装のがたがた道を何時間も走り・・・
c0187779_5381592.jpg

これが結構しんどい。お尻は痛いし、めちゃめちゃゆれるから寝てるとガラスで頭ぶつし。



なんだか独特の植物も眺めていて飽きない。
c0187779_5411982.jpg

(飽きないのは俺だけかも・・・みんな移動中は寝てたからなぁ・・・)



きれいな朝焼けの空も・・・
c0187779_5431618.jpg




真っ青な湖も・・・
c0187779_5435530.jpg




赤道直下な空も・・・
c0187779_5445258.jpg

ヨーロッパでは見れない色。





そこらじゅうを飛び回るきれいな鳥達や
c0187779_5471666.jpg




かわいい動物達に癒された・・・
c0187779_548429.jpg

望遠レンズの重みで腱鞘炎になりかけたけど・・・






肉食動物の迫力のお食事シーンには圧倒され・・・
c0187779_5485927.jpg




期待していたほどの数ではなかったけど、フラミンゴにも感動しました。
c0187779_5575266.jpg




そして、最初から最後まで楽しませてくれた百獣の王


ぐったりバージョン
c0187779_5591897.jpg



最後の最後までもったいぶってくれた、立派なたてがみのオスに
c0187779_601743.jpg



爆笑の七三分けライオン
c0187779_611959.jpg



歩くぬいぐるみ状態のライオンの子供たち
c0187779_621992.jpg

かわいかったなぁ。。。



いろいろトラブルはあったけど・・・
あらかた動物は見ちゃったけど・・・

チャンスがあったらもう一度行きたいなぁ。
c0187779_5333293.jpg




                                                        ケニア旅行記 完


↓ブログランキングに参加しています。ケニア旅行記、楽しんでいただけたらクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2010-02-09 06:12 | アフリカ | Comments(22)

ぬかるみにスタックして2時間の大半を、ぼーっと同じ場所で過ごした最後のゲームドライブ。


この日(最終日)のトラブルはコレだけではなかった。。。



マサイマラ国立公園の出口、この手の国立公園のゲートの前後には必ずマサイ族が待機していて、車が止まると両手いっぱいお土産を持って群がってくる。

  「コレイクラ?」 (いくらなら買う?って意味)
  「ノータカイ」 (高くないって意味)

ってな感じで、話しかけてくる。


ゲートでの手続きには結構な時間がかかるため、この間我々は彼らからの押し売りに耐えなくてはいけない。
(となりで白人さんがなにか買ったらしく、そこにみんなが殺到して我々は無事だったが・・・)


で・・・そのゲートを越えたところで事件が起こった!(またか・・・)



なんと車から煙が!!!
DPP_1756
えええええ!!!!(実際の写真です)



焦げ臭いにおい、もくもくの煙・・・
すごーく嫌な予感。



ドライバーさんがチェック。


でも、単にバッテリーの端子が外れてショートして火花が散っただけと分かり。


「ノープロブレム」とさらっと一言行って、再出発。



このくらいのことは日常なんだろうか・・・



これ、車は無事に動いているし、ゲートから数百メートルは離れていたから良かったが、あの恐怖のお土産屋集団の近くだったら・・・そして、いままで移動中に眺めていた、街中で起きていたら・・・


ちなみにこの後、この車のスピードメーターは壊れ、ドライバーはカンで走っていました。


さらに最終日の事件





トラックが横転!!
DPP_1757
なーんてことはケニアではたいしたことじゃないので、置いておいて・・・




昨日も紹介したワニやらダチョウのお肉が出てくるレストランでの食事中。



突然、停電。



実は他のロッジでも停電は良く起こっていた。でも大抵1分くらいで復旧する。


もう、このくらいのことには慣れている我々。



が・・・この日はいくら待ってもダメ。



店員は何も無かったかのようにろうそくをテーブルにおいて、食事続行。



停電なんて・・・普通らしい。



さらにさらに起きた最終日の事件。



ついにサファリカーはナイロビ空港に到着。約一週間にわたり、同行してくれたドライバーさん達とお別れをしてチェックイン。


この日のフライトはナイロビ → チューリヒ → ブリュッセルという航路。
しかもナイロビを出るのが夜の24時で、チューリヒには朝6時ごろ到着という完全に夜行バス状態。



全く問題なく飛行機に乗り離陸。



結局、いろいろトラブルはあったが無事にブリュッセルに帰れると思っていた矢先。


ツアーの添乗員さんが現れ、
「このままだとチューリヒの乗り換え便に間に合いません」
そう、ナイロビ-チューリヒのフライトが予定よりも30分以上送れて到着する見込みなんです。

チューリヒでの乗り換えの時間は元々たったの50分程度。そこで30分以上も遅れたら・・・アウトです。

「チューリヒついたらゲートまでダッシュしてください。セキュリティも他の人に頼んで先に通らせてもらってください・・・」


げ・・・空港でダッシュ。飛行機なんかで寝れない俺にとって、徹夜明けでダッシュ。
しかも大行列(かも知れない)セキュリティゲートを、他の人を掻き分けて突破せよとは・・・めちゃめちゃ気が重い。




結局、着陸前にもう乗り継ぎはアウトとの判断がなされ、ダッシュはしなくて済んだものの・・・


チューリヒ ブリュッセルの次の便が満席で、結局お昼過ぎのフライトに・・・それまで空港で待つ羽目に。
航空会社からお昼ご飯代として20フラン分の食券がもらえたので、バーガーキング(ベルギーにはない憧れのバーガーキング)を食っておきました。



しかし、最後の最後まで楽しませてくれる旅行だ。


では、ここで今回の旅行のトラブルをまとめておきます。

 ・ナクル湖で隣の部屋が荒らされる
 ・マサイマラのロッジにライオン現る
 ・ゲームドライブでスタック
 ・車のバッテリーショートで火花
 ・車のスピードメーター壊れる
 ・レストラン、ロッジで停電
 ・帰りの飛行機乗り継ぎ失敗
 
同行の方の中には、お腹痛くなった人も数名いましたし・・・

どれもほとんどたいした実害は無かったんですが、これだけいろいろなことが起こると、さすがケニアだなっと妙に納得してしまった。


↓ブログランキングに参加しています。激しく襲い掛かるトラブルの数々に「うわ!」っと思ったらクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2010-02-08 05:26 | アフリカ | Comments(10)

アフリカの食

以前、ロッジの紹介でアフリカでの食事を紹介しました。

ロッジでは朝・昼・晩とすべて肉だらけのビュッフェスタイルです。



なので結構胃が重たくなる。野菜や果物はこういう国に行った事のある方ならお分かりでしょうが、現地の水で洗われている可能性があり、それを食べるとお腹が痛くなる危険がある。



そんな、胃が重たくなるケニア旅行中に3度だけ、ちょっと特別な食事がありました。



<その1:ケニアの日本食>
今回のツアーはヨーロッパ駐在員向けのツアーということもあって、基本的にはみんな日本食に飢えたメンバーなんです。そういう事情もあってか(?)、途中でナイロビを経由するときに、日本食レストランでの昼食が予定されていました。


レストランに向かう途中の車内では、ナイロビで日本食ってどんなものだろう?材料はどうやって入手するんだろう?なぜその人はナイロビで日本食なんてやろうと考えたのだろう?・・・などなど話をしていました。
なにしろ日本人は街歩いているだけでも襲われるってガイドブックに書いてあったので。



ついにその謎に包まれた日本食レストランに到着



その名も「故郷(ふるさと)」
DPP_1745
ん?・・・なんか書体が・・・おかしい。


しょっとして・・・日本人経営ではない?!・・・ということが頭をよぎる。




ちなみにこちらのレストラン・・・鉄壁の防御を誇ります。
c0187779_18193764.jpg

壁+有刺鉄線+ガードマンという体制。これならセキュリティも安心。




こちらがそのレストラン
DPP_1739
外観からして日本のセンスとは違うなぁ・・・日本人なら入り口にフラミンゴの置物は置かないでしょう・・・




そして店内



鉄板焼きに(海外でいんちきな日本食というと鉄板焼きと相場で決まっている)
DPP_1740



禁煙のマークの文字
DPP_1741




お皿の裏も・・・
DPP_1742
ああ、日本人経営ではないんだなぁ・・・と実感。


でも、それはそれで俺としてはウェルカム。
外国で食べる、本物の日本食も好きだけど、日本人でない人がやっているインチキ日本食も、オモシロネタの宝庫なので結構好きなんです。




そもそも従業員もみんなケニア人だし・・・
c0187779_1812765.jpg

このカウンターの違和感・・・




肝心の料理の方は・・・
c0187779_1802675.jpg

鮭定食なんだけど、お皿が鉄板なんだよね。
味は結構美味しかった。



<その2:ケニアで日本食弁当>
最終日、ナイロビ博物館に入る前に、日本食のお弁当が届けられました。



こ・・・これは日本人による仕事っぽい
c0187779_188471.jpg




中はこんな感じ
DPP_1748
味も美味しかったし。


陣屋ないろび・・・ここはレストランなのか、、、弁当屋なのか、、、



<その3:ケニアのワイルドアニマルBBQ>
これがケニア最後の夜に、空港に行く前に行ったレストラン。
DPP_1749


ここでは、店内が煙たくなるほど、大量の肉が焼かれ・・・
c0187779_18114498.jpg



鳥・牛・豚・ラムなどの普通の肉だけでなく、ワニ・ダチョウなどの肉も食べれます。
つまりそこが売りのレストランなんです。




お肉の出し方も、長い剣にさした肉を目の前で剣で切ってくれるというもの
c0187779_18153699.jpg

結構・・・危ない・・・


ワニもダチョウも特にまずくは無く・・・まあ、普通と言う感じでした。



ケニア滞在中は昼・夜と毎日飲んでいたビール「タスカー」
DPP_1752
これが最後の一本です。これを飲んで空港へ向かったのでした・・・



↓ブログランキングに参加しています。ケニアの日本食にぽちっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2010-02-07 04:25 | アフリカ | Comments(10)

くねくねの・・・

七三わけライオン → きりっとしたライオンと見て、主な動物達を大体網羅できた俺達。


ヒョウは見れてないけど、ヒョウはかなりレアなんです。
昼間は木の上などで寝ているので、、、



後は・・・


キリンを間近で見ていない!!



キリンはマサイマラ国立公園の入り口付近の木の多い場所で沢山見れたんだけど・・・




きりっとしたライオンを見た後、朝食ビュッフェを食べてロッジをチェックアウト。
もうこの日がケニア最終日。この夜のフライトでベルギーに帰ります。



国立公園の出口を目指すと・・・


でたーーー!キリンの大群!
c0187779_4294421.jpg

なんと7頭くらいはいる!
でも・・・やっぱり遠いなぁ。



しばらく走ると・・・


でた!

今度は近い!
c0187779_4342814.jpg




さらにこっちの子は座ってる!
c0187779_4362428.jpg

座ってるキリンとは・・・珍しい。



さらに車を走らせると・・・



今度はなにやら仲の良さそうな二頭が!
c0187779_4402519.jpg




しかも、この二頭・・・・



しばらく眺めていると・・・




ん?!
DPP_1586
なんだかクネクネし始めた!!




これは・・・
DPP_1587
求愛のダンスかな?




ケニア最後のサファリで良いもの見れたなぁ。
c0187779_446288.jpg





↓ブログランキングに参加しています。レアな(?)キリンのクネクネダンスにクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2010-02-06 04:47 | アフリカ | Comments(8)

今朝、いつもどおり目を覚まし、寝室を出ると・・・


シューーーー


ポタポタ


あれ?なんか音がするなぁっと思ったら浴室の洗面から水漏れ。


浴室の床は水浸し。


朝からぼうやを起こさないように、そーっと床を拭き、洗面の下の棚に入っていた薬やらシャンプーやらを拭きっと大忙し。


で、大体拭き終わったところで仕事へ行き、夜帰ってくると、きれいに拭いたはずの浴室の床はまたまた水浸し。



どうも、ぼうやがお風呂(ベビーバス)に入っているときに、不慮の事故で底の栓が抜け・・・ベビーバス内の水がすべて撒き散らされたらしい。


さっきまでまたまた床拭きをしてました。。。一日に二度も水浸し。




さて、ケニア旅行記の続き

念願の立派なたてがみのオスライオンを見た後もまだまだゲームドライブは続きます。
c0187779_404352.jpg

もやのかかったサバンナを我々を乗せたサファリカーが、次の動物を求めて走る。




DPP_1714



が・・・・



昨日の夕方に降った激しい雨(オスライオンが七三わけになったあれね!)のせいで地面がぬかるみ
DPP_1732
車がスタックし始めた。
(この深くなっているところにはまり、アクセル踏んでもタイヤが空転するだけで前に進めない)



最初のうちは、なんとか自力で脱出できていたが・・・



次々と現れるぬかるみに、ついにどうやっても抜け出せなくなってしまった。


ここでふと我々の頭をよぎったのは、ひょっとして降りて押せと言われるのでは・・・というもの。
このぐちゃぐちゃな中で、降りて車押すのは嫌だなぁ・・・



でも、ここケニアの国立公園内では、観光客はゲームドライブ中には一切車から降りてはいけないことになっている(ライオンとかチーターがいるような場所だし・・・)


DPP_1725
携帯で他の車を呼ぶドライバー。
(彼は平気で外を歩いていたが、大丈夫なんだろうか・・・)



待つこと数十分



同じツアーの車が来て、ロープをつなぎ
DPP_1735



同じツアーの参加者皆さんが見守るなか・・・
(逆サファリ、今回は俺達が見られている)
DPP_1734
なんとか脱出に成功。



はまったのは一回だけではなく、数十メートル進んではハマってを繰り返し・・・


結局一時間以上も、ここで動けなくなり・・・
c0187779_425793.jpg

この景色をひたすら眺めて、最後のゲームドライブは終わってしまったのでした・・・



実はこの日に乗った車(4号車)だけが、前輪駆動で、他の車はみんな四輪駆動だったそうな・・・
こういうぬかるんだ道では四駆が必須ですね。



まあ、こうやってスタックしたというのも、ある意味いい経験でしょう。
もう動物はほぼ一通り見れてることだし・・・


っと、無理やり納得したものの、この4号車が更なるトラブルを引き起こすとは、この時誰も思ってもいなかったのでした・・・


↓ブログランキングに参加しています。水漏れとスタック・・・トラブルに応援クリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2010-02-04 07:28 | アフリカ | Comments(8)


やっとめぐり会えたオスライオンは七三分けという衝撃の事態の次の朝。


これがマサイマラで、そしてケニアで最後のゲームドライブ。



この日も猛獣が獲物を狩るシーンを見れる率の高い早朝のゲームドライブに出かける。
c0187779_7281962.jpg

目を覚ますと、ものすごい朝焼け。

ケニアは高地なので、思ったよりも涼しい。




高原のキャンプ場みたいなすがすがしい空気のなか、
c0187779_7305128.jpg

ゲームドライブに出発。



ロッジを出てすぐに現れたのは
c0187779_7311344.jpg

ライオン!


しかもオス!


今度こそ、本当に本当にライオンだー!
しかも七三分けではなく、立派なたてがみ。



ここにはオスが3頭いたんですが、兄弟なのか仲良し。
c0187779_732457.jpg

こうやって毛づくろいをする姿は、、、猫。




最初に毛づくろいをしていた二頭が歩き出し・・・
c0187779_7335059.jpg





もう一頭のところへ
c0187779_7342079.jpg





そこで、また毛づくろい。
c0187779_7345067.jpg

こうやって見ていると、ほのぼのしていてかわいいですが・・・


やっぱりライオンはライオン



この目つきの鋭さ・・・・
c0187779_736434.jpg




王者の迫力満点でした。



↓ブログランキングに参加しています。ついに登場した本当にかっこいいライオンに応援クリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2010-02-02 08:24 | アフリカ | Comments(14)
以前、きれいな鳥達を紹介して、大きい鳥達の紹介をすっかり忘れていました。


ケニアでゲームドライブをしていると、大きい動物だけでなく、鳥達にも頻繁に遭遇する。


ケニアは動物も大きいが、鳥もでかい!



体長は1メートルくらいでしょうか・・・
c0187779_2149257.jpg

顔が黄色いクラハシコウ(Saddle bill Stork)。
コウノトリの一種なんだそうです。



おなじみのダチョウ。
c0187779_22253146.jpg

色が薄いのはメス。


黒いのがオス。
c0187779_22531045.jpg

ダチョウも結構好きな鳥なんですが、、、あまり日本人ウケしないためか、ドライバーさんはスルーしちゃうんだよね。爆走するところ撮りたかったなぁ。。。




これは結構気に入った鳥。大きさは80センチくらい・・・かなぁ。結構大きい。
c0187779_2195054.jpg

名前はヘビクイワシ。

その名の通り、ヘビを食べるらしいです。


英語ではSecretary Bird。直訳すると秘書の鳥。
女性がスーツ(短めのスカート)を着ているように見えるでしょ?

頭にはペンもさしてるし・・・


この英語名も面白いけど、飛び方も面白い。



羽をパタパタしながら、
c0187779_2201332.jpg

助走をつけて(20歩くらいは走ったかなぁ)



離陸!
c0187779_2283895.jpg

小さい鳥だと、助走は要らないからねぇ。一気に飛ぶでしょ?



ちなみに着陸してからも、数歩すたすたと歩いてスピードダウンさせる。
c0187779_2291449.jpg

この足取りがなんか笑える。


これだけの大型の鳥が飛ぶ瞬間を見たのは初めて。こんな面白いんだ・・・





こちらのワシ(かな・・・)
c0187779_2302213.jpg




頭でか!
c0187779_240181.jpg

怒ってる?



遠目に一度だけ見かけた大きな鳥
c0187779_2415620.jpg

名前はわかりませんが・・・


これも大きさは1メートル級
c0187779_2422580.jpg

これは今まで動物園とかでも見たことない気がするなぁ。首が太くて面白い。




そして、大きい鳥の極めつけはこちら。


お食事中のハゲワシ
c0187779_2441168.jpg

サファリカーが近づいたら、ちょっと離れちゃいました。


本当に頭はつるつる
c0187779_245219.jpg



ちょっと気持ち悪いので、あまり大々的には紹介していませんが、実はゲームドライブ中は、結構動物の死骸を見かける。完全に骨だけってのも多いし、まだまだ食べられているのも・・・


やっぱりアレだけライオンがいるわけだから、食べられた方も結構いるわけで・・・


そして、真打のアフリカハゲコウ。体長は1.5メートルです。
c0187779_2454424.jpg

大人の人間と同じくらい。。。


彼らも動物の死臭をかぎつけてやってくる。
c0187779_3165833.jpg

顔も怖いし、大きいし・・・この鳥は本当に怖い。


一度、民家(と言ってもサバンナの中だから一般の家なのか分からないけど)の玄関の目の前にこのハゲコウが二羽立っていたんだけど・・・どう?玄関開けてこんな鳥がいるかも知れない生活・・・


動物も鳥も好きだけど・・・ハゲコウだけはやだなぁ・・・このくちばしがほぼ目線にあるわけだし。


迫力たっぷりなケニアの大型の鳥達。お楽しみいただけましたでしょうか・・・



こういう大型の鳥は日本では見かけないし、動物園でもあまりじっくりとは見ないので、結構面白いのでは・・・?!


↓ブログランキングに参加しています。ちょっと画像は気持ち悪いですが・・・応援クリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2010-02-01 05:40 | アフリカ | Comments(14)

ナイロビ国立博物館

ケニアのツアーでのお楽しみほとんどゲームドライブ。
そんなツアーで数少ない観光がナイロビ国立博物館見学。
(これ以外ではマサイ村とスーパーしかない)



DPP_1439
正直、野生動物が見れる訳でもないので、あまり興味は無かったのだが・・・




まずは出だしの軽いジャブ
DPP_1419
入館料は

ケニア人:100シリング (100円くらい)
外国人:800シリング(800円くらい)

すんげー、あからさまなぼったくり。ここまで明らかだと逆に気持ち良い。



で・・・博物館自体は、ちょっと前にメトロポリタンとかNY自然史博物館とか行ったばかりの俺にとって、さほど感動的なものではないけど・・・
DPP_1422
アフリカって人類発祥の地と言われていて、実際に原始人の化石なんかも見つかっているわけで・・・
そんな人類の歴史とか・・・




アフリカの人々の文化とか歴史が解説してある。

DPP_1423
これは哺乳瓶の比較、左のひょうたんは昔のもの。右が現代のもの。
こんな比較がされてたり・・・



でもやっぱりメインは動物(俺としては)。
DPP_1421
いろいろな動物の剥製(剥製なのかどうかは聞きませんでした。ただの模型かも)があって



こんな大きな剥製もあります。
DPP_1431
ここで初めてバッファローを間近で見たんですが・・・でかい。
こりゃ、角でつつかれたらヤバイわ・・・




結構面白かったのは、ケニアに住む鳥達の剥製。
DPP_1426
こんなガラスケースが沢山並んでいます。
ケニアは世界で3番目(4番だったかも・・・)に鳥の種類が多い国。

そんな鳥達が一気に見れます。



ほらコレ!
DPP_1425
飛んでいる姿がきれいなあの鳥!(かな・・・自信なし。似たような鳥が何十種類も展示してあったので・・・)



ケニアには世界一大きな飛べる鳥もいるらしく、その鳥の剥製もありました。
体長1メートル以上・・・剥製だけど・・・すごい大きさでした。実物見たかったなぁ。

ちなみに世界で一番大きな鳥はダチョウなんだそうです。



さらにアフリカンアートも展示してありました。
DPP_1428
・・・うーん・・・怖い。



と・・・一通り博物館の紹介もし終わったところで、俺にとって博物館・美術館のメイン、特定の展示物ではなく、博物館全体、特に建物の写真



せっかく持参した魚眼レンズでのナイロビ博物館をお楽しみください。


おしゃれな螺旋階段
c0187779_8405045.jpg

これお気に入りの一枚。


展示エリア
c0187779_8412832.jpg

真ん中に原始人がいます。


動物の剥製(剥製なのか知らないけど・・・)たちを見下ろす。
c0187779_8421586.jpg

キリンってでっかいなぁ。


ホール
c0187779_8424799.jpg

二階部分にはかっこいい写真がいっぱい



外のモニュメント
c0187779_844556.jpg

この日もいい天気だった。


そんなナイロビ博物館。
c0187779_8453773.jpg

これもレアな写真達でしょう・・・きっと・・・



↓ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2010-01-31 08:58 | アフリカ | Comments(6)
ツアーの日程に最初から組み込まれていたこの企画。


現地のスーパーで庶民の生活を知ろう!という潜入企画。



こちらがそのターゲット
DPP_1271
庶民の・・・と言っても駐車場の入り口には警備員がいたので、現地のセレブ向けだろうと思われる。



まずは入り口横の掲示板からの軽いジャブ
DPP_1272
張り紙に注目

ATTENTION
LIVE GOATS FOR SALE

生きたヤギ売ります!ってことか・・・いきなり日本ではありえない状態だ!



ここは高級スーパーだからか、ヨーロッパでも見慣れたチョコレートが売られている。
DPP_1273
ちなみに1Ksh(ケニアシリング)は大体1円くらいと思ってください。
この辺りのチョコレートはヨーロッパでの値段と同程度。
つまり現地の人からしたら、ゴディバとかピエールマルコリーニ級の高級チョコってことか?!



品物も沢山あるし、見た目はとってもきれい。
DPP_1274
サファリカーのドライバーさん(ケニア人)に、スーパーでケニアらしいものを買うとしたら何?って聞いたら、コーヒーと言われた。キリマンジャロだからなぁ・・・ってキリマンジャロはタンザニアなんだが。
どうもそれ以外には特に名産品なんかは無いらしい。



ヨーロッパからの輸入物なお菓子にまぎれて売られている現地のお菓子。
DPP_1275
22シリング。つまり1箱20円ってことだ!
このお菓子、手に取るとざざーーっと音が・・・中は粉々・・・かも。



ケニア滞在中、毎晩、いや昼・夜と飲んでいたケニアビールのタスカー
DPP_1276
ロッジではこのビンで220~300シリング(200~300円)で飲んでいたが、スーパーではなんと80シリング。



これがびっくり、なんとコーラは20シリング。
DPP_1277
一本20円ってことです。これは安い!



このスナック菓子なんて7円だし。
DPP_1278




ペン一本は29シリング。
DPP_1283


電池パックで45シリング。
DPP_1284



ケニアっぽさを感じさせてくれるのがこちらの商品。
DPP_1286
サファリと言う名のティッシュ。32シリングです。



普通にどこでも売っているティッシュは75シリングとやっぱりちょっと高め。
DPP_1287



もう一個気に入った商品がこれ!
DPP_1292
サイのマークのマッチ。


ってか、サファリとサイのマッチ以外には、あまりケニアっぽいものが無かった。。。
値段は安いけどね。



ちょっと笑わせてくれた営業時間表示。
DPP_1293
月曜から日曜:8時から21時
祝日:8時から21時
つまりいつでも同じってことだね・・・


う・・・それほどネタが無かった・・・


↓ブログランキングに参加しています。一応潜入取材ってことでクリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2010-01-30 08:56 | アフリカ | Comments(14)

ついに目撃!百獣の王

マサイマラ国立保護区でかわいい赤ちゃんライオンを堪能した日の夕方。



マサイマラ3回目のゲームドライブに出発です。



しつこいようですが、狙いはここまでまともに見れていない、立派なたてがみのオスライオン。



出て来い!オスライオン!!



最初に遭遇したのは・・・



だんご状態のライオン達・・・
c0187779_6214192.jpg

すごい塊。いったい何頭いるんだ?!



ぱっと見る限り・・・立派なたてがみのオスは・・・いない。残念。


でも、それぞれを見てると面白い。



DPP_1559
大あくび


DPP_1560
すごい牙!



すごい寝相
DPP_1562
一頭の足の間に二頭があたまを突っ込んで・・・




あ!オス発見!
DPP_1563
でも、たてがみは・・・しょぼい。まだ若い子なんだね。




なんかほのぼのしてる
c0187779_6295238.jpg





このライオンのだんご・・・結構かわいい。
DPP_1575
これだけ見てると猫だね。



ここで異変が・・・
c0187779_6323765.jpg

結構激しく雨が降ってきた。慌ててサファリカーの屋根を閉める。




もうこうなっちゃうと、ゲームドライブは厳しい。
DPP_1576
あまりにも雨が激しくて、外がほとんど見えない。


通常、ゲームドライブは一回2時間だが(これでも足りない。もっと見させて!って思っちゃう)、この雨は出発してから30分後。


あー、もうこれで終わりか・・・またオスライオンはお預けか・・・とあきらめかけた時、ドライバーから


「ライオンだよ!」の声。



雨でほとんど見えない外を探すと・・・




でたーーーーーーー!!

ついにオスライオンだ!
c0187779_6385420.jpg

この写真は窓ガラスを開けて撮りました。開けた瞬間に大量の雨が降り注ぎ座席はびしょびしょに・・・
でも、ついに会えた念願のオスライオン。雨なんかに躊躇している場合じゃない!


でもね・・・ちょっと・・・表情が情けないような・・・



なんか・・・「うぅ、、、さむぅ・・・」って顔してるし。
c0187779_6364921.jpg

せっかくの立派なたてがみも雨で七三分けになっているし・・・




なんだかとっても情けない雰囲気に見えてくる。
c0187779_6432693.jpg

威厳のある百獣の王の姿が見たかったんですが・・・




これはこれで・・・とってもレアなライオンの表情が見れたってことで・・・
c0187779_647262.jpg

まあ、いっか!




情けない七三わけのライオンを楽しんでいたが、ここでドライバーさんよりギブアップ宣言。
これ以上いると、雨で路面が滑ってロッジに戻れなくなる恐れがあるということで、急いで撤収。



20分も経つと、道路が川みたいになる。
DPP_1577


ここの土は粘土質のようで、雨は吸収されず、一気に濁流になるみたい。
DPP_1579
これは・・・たしかに危ないかも。



ロッジに戻ると
DPP_1580
こんな雨。初日からずっとこんな雨だとへこむけど、今回はかなりの動物が見れているので、これはこれで面白かった。



ライオンも(ちょっと情けない顔だけど)オスが見れたし!

この日もゲームドライブを存分に楽しんだのでした・・・



↓ブログランキングに参加しています。情けないライオンに笑ったらクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

↓お手数ですが・・・こちらもクリックいただけるとうれしいです。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
by BelgianWaffle | 2010-01-28 06:51 | アフリカ | Comments(14)