ベルギーでの生活や、周辺国への旅行を写真を中心に紹介


by BelgianWaffle

本場ベルギーのバレンタイン事情

今日、土曜日の天気予報は快晴。
冬のヨーロッパは常にどんよりしていて、晴れの日は少ない。
貴重な晴れの日と、休日が重なるということで、今日はちょっと足を延ばして、オランダのアムステルダムに行くことにしていた。。。

が、ふとあることに気がついた。

今日2月14日はバレンタインデー


せっかくチョコレートの国にいるのに、バレンタインデーがどんなものなのかを見逃すのは惜しい。


ということで、朝からグランサブロン広場へ行き、各種チョコレートの名店がどうなるのかを調査することにしました。
(アムステルダムはそんなに遠くないので、お昼前にブリュッセルを出発できればオッケー)


まず前日にネットで調べると、ベルギーではバレンタインデーには、男性から女性にチョコを贈るんだとか・・・


普段、日本ならバレンタインデーにチョコレート屋に男一人で行くのにはかなり勇気が要る。


が、ここは外国。しかも、男がチョコレートを贈る国だし・・・
と思ってゴディバを見に行くと・・・

日本人の女の子二人組みが、店の前で写真を撮っている。。。
ちょっと気まずい。


DPP_0165
しかも、まだ営業してなかった。10時開店と日本語で書いてある。
ネットでは9時開店と書いてあったのに・・・


ショーウインドーにはバレンタイン用と思われるチョコが展示してある。
DPP_0166


んじゃ、お隣のピエールマルコリーニはどうかな?っと見に行くと・・・

ここもまだ開店してないし・・・さっきの日本人二人組もこっちに来そうな気配だし。


仕方がないので、近くの教会とかを見ながら30分ほど時間をつぶす。


10時になって、ピエールマルコリーニの店内へ行くと・・・・

さっきの日本人二人組が店内でうれしそうにはしゃいでいる。
またまた気まずい・・・でも早く買い物を済ませて、オランダ行きたいし・・・仕方ないので突撃。



気を取り直して店内を見ていると、
  「いらっしゃいませ!」
でた、日本人の店員。しかも女性。
またまた気まずい。。。

なぜかこの国では英語もロクに通じないことがあるのに、チョコレート屋では日本語が通じる。というか日本人の店員がいることが多い。それだけ日本人が買うんだろうなぁ。。。

店内をみても特にバレンタイン用と思われるものがなかったので、その店員に聞いてみると、
ハートのチョコか、マカロンのセットしかないといわれる。

それよりも、チョコレートの箱詰めが普段は35ユーロのものが今なら23ユーロですよ!と薦められる。う。。。それは安い。店員によると日本で買うと2万円ほどもするようなシロモノらしい。
チョコ一箱で二万円って・・・・


こちらがそのチョコです。
DPP_0168
せっかくなので買っちゃいました。


中はこんな感じ
ピエールマルコリーニ
これが二段になっているそうです。
一粒300円とすると約60個はいっているから・・・ほんとだ18000円相当だ!
これが23ユーロは激安だ!


続いて、ゴディバにも行ってみる。
こっちではひげ面のおじさんが、ハート型の入れ物に、チョコレートを詰めてもらっている。
本当に男が買うんだな。。。

というより、どこの店も特に普段と変わらない。

特設コーナーがあったり、店員が多かったり、客が押し寄せていたりということもない。。。

いたって平穏。

やはりあれだけの騒動になるのは日本だけなのか・・・



せっかくなのでゴディバでもチョコレートを買いました。
DPP_0169

中はこんな感じです。
ゴディバ バレンタインバージョン


この買い物の後、アムステルダムへ行きました。
その様子はまた後日。

ただ、アムステルダムも特にバレンタイン!っという雰囲気は感じられなかった。

一軒だけ、飾りのついたお店はあったが・・・
DPP_0167


そんなベルギー(とオランダ)のバレンタインでした。
Commented by lula at 2009-02-18 23:40 x
こんばんわ
ピエールマルコリーニのその箱のやつの1面のさらに半分のサイズのやつ、前に会社でオトコの人に頼んで買ってもらって、みんなでじゃんけんで選んで食べた思い出があります。
Commented by BelgianWaffle at 2009-02-19 07:35
>>lulaさん
こんばんは。いろいろな種類のチョコがあると、選ぶのにも困ってしまいますよね。
今回もきっと激しい争奪戦になると思います。
by BelgianWaffle | 2009-02-15 06:00 | ベルギー生活 | Comments(2)